心理臨床家がんちゃん先生のココロのお話し

鹿児島市は天文館にある『 NLPメンタルコーチング 岩元應和心理相談室 』の心理臨床家“がんちゃん先生”こと岩元應和の公式ブログです。様々なカウンセリング事例をあなたに感じて欲しいココロのお話しとして紡いでいます。


テーマ:

こんにちは。
PTSD・機能不全家族・アダルトチルドレン問題専門の
鹿児島の心理臨床家”がんちゃん先生”こと岩元應和(マサカズ)です。


朝一で、本日、予定していた教育機関から連絡があり、お仕事が台風の影響で延期になりました。

せっかくの休日になりましたので、久しぶりにブログを書いています♪


このところ、お陰さまで多忙な日々を送っています。

僕の心理相談室もご予約でいっぱいになっており、お待ちいただいている状態が続いています。

自分の相談室以外でも、子どもたちやママ、先生方を対象にした子育て支援の臨床活動や、人生の先輩方やスタッフを対象にした老人福祉施設での臨床活動、悩める中高生を対象にした教育機関での臨床活動など、地元 鹿児島での地域支援活動を大切にしています。


そしてもう一つ大切にしていることが心理カウンセラー養成の講師活動です♪


今年6月に「鹿児島 NLPファミリーセラピスト養成スクール 」を開講し、7月より第一期が、9月より第二期がスタートしています。



鹿児島 NLPメンタルコーチング 岩元應和心理相談室


現在、開催している「NLPファミリーセラピー・プラクティショナーコース」は、全12日間(講義時間は約100時間)でプロ心理カウンセラーとして、クライエントさんとマンツーマンでカウンセリングセッションができるようになることを目標としています。


名前は似ていますが、一般的な「NLPプラクティショナーコース」とは内容が全く異なる完全オリジナルコースです。

特に、ファミリーセラピー(家族療法)の考え方や、スキルを大切にしています。

再び入学した大学で初めて「家族心理学」という学問と出会って、「心理学って何て面白いんだろう!」って感じたあの日から、早いもので10数年の月日が流れました。

そんな僕が大切にしてるファミリーセラピーをベースにしたオリジナル心理セラピー”NLPファミリーセラピー”を一期生や二期生の皆さんに伝えています。

僕が講師として一期生や二期生の皆さんに伝えている感覚としてフィットするのが落語家の師匠とお弟子さんの稽古風景。


落語家の師匠がお弟子さんに自分の話芸(噺)を見てもらって、それを練習したお弟子さんが模倣して師匠の前で披露する。

そして師匠はお弟子さんに「ここをこう変えるともっといい噺家になるよ」って感じで伝えていく。その繰り返し・・



鹿児島 NLPメンタルコーチング 岩元應和心理相談室


一人一人の受講生の皆さんに、スーパーヴァイザーである僕の考え方やスキルを丁寧にお伝えしたいので、受講生を少数で募集しています。



心理臨床の世界では、自分が大切にしている心理セラピーをご指導いただく師匠のことを「スーパーヴァイザー」と呼んだりします。


例えば、NLPファミリーセラピーコースでは、受講生お一人お一人が僕の前で心理カウンセリングセッションを行うことが多々あります。



鹿児島 NLPメンタルコーチング 岩元應和心理相談室


1人当たり30~40分のセッションを行い、それに対し、その場で僕が20~30分のスーパーヴィジョン(指導・監督)を行います。

するとアッという間に1時間が経過してしまいます。受講生が4人いらっしゃれば4時間強、6人いらっしゃれば6時間強という具合です。

受講生の皆さんは、スーパーヴィジョンで指摘されたことを次回までに修正して、再び、僕の前で心理カウンセリングセッションを披露します。


正直、短期間で結果の出せるプロ心理カウンセラーのスキルを身につけるには、経験豊富で、且つクライエントにとって素晴らしい先生の心理カウンセリングセッションを何度も見て、そして、先生をモデリング(模倣)して、今度はその先生に自分の心理カウンセリングセッションを見てもらい、修正ポイントを具体的に教えてもらう。これが一番の近道です。


僕自身がこうやって比較的 短期間で結果の出せる心理臨床家になりました(^-^)

僕はコツを知っているので、それを受講生の皆さんにも丁寧にお伝えしています。



もちろんお休みされた場合には、当然、他の期で補講していただく事は可能なのですが、実際、お休みされると次の講義にスムーズに参加するのが難しいかもしれません。

というのも毎回、カウンセリングやコーチングスキルがバージョンアップしていくからです。


そこで、次の講義にスムーズに参加できるよう可能な限りのフォローを行っています。


鹿児島 NLPメンタルコーチング 岩元應和心理相談室


例えば、現在は鹿児島限定なのですが、僕の心理相談室でマンツーマンによるフォロー講義を行っています。

もちろん遠方からお越しいただいている受講生の皆さまの為にも、フォロー講義を映像で見てもらえるような工夫が今後は必要になりそうです。


そして心理カウンセラー養成の中で最も大切なことが講座終了後のアフターフォローです。


来年からのスタートになりますが、修了生を対象にした事例研究会を予定しています。


これは僕自身、大学院の心理臨床研修生の頃から複数の研究会に所属していた経験を活かし、資格取得後のキャリアの浅い心理カウンセラーに力をつけていただく意味合いで、少なくとも毎月1回は開催していく予定です。


正直、僕自身は複数年所属していたファミリーセラピーの事例研究会での経験が、現在の開業 心理臨床家として活動するうえで、最も力がついた時間であったと信じています。


少し話が固くなりましたが・・

僕のNLPファミリーセラピスト養成スクールの特徴的なところとしては、現在、一期生&二期生あわせて10名の受講生さんが在籍されていらっしゃるのですが、うち4名が鹿児島県外からお越しいただいているという事です。四国は松山から、九州は福岡、長崎、熊本からお越しいただいています。


今のお仕事を継続しながらでもいいし、週末だけでもいいし、あるいはフルタイムでプロの心理カウンセラーとして転職するもいいし・・


もし本気でお考えの方は、これから涼しくなっていく鹿児島で、僕のような「話をことばで訊く専門家」から本気で学んでみませんか?


鹿児島までって遠そうだけど、飛行機だと関西から約1時間、東京から約2時間。

飛行機もJALやANAだけでなく、スカイマークやピーチ、ジェットスター、ソラシドエアなどいろんな航空会社の飛行機が発着しています。


あなたも心理カウンセラーに転職しませんか?


いよいよ第三期(12月7日スタート)を今週10日(木)午前10時に募集いたします。



ペタしてね 読者登録してね


いいね!した人  |  リブログ(0)

心理臨床家 がんちゃん先生さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります