ぶっちゃけ税理士・岩松正記のブログ

仙台市の税理士、岩松正記が書く、起業・ビジネスネタを中心に、ときどき読感やセミナー感想など。
山一證券の営業、アイリスオーヤマの財務・マーケティング、ベンチャー企業の上場担当役員等10年間に転職4回と無一文を経験後に開業。
モットーは「一蓮托生」


テーマ:
最近、まったく会計本の読感を書いておりませんが、
今回もまた、全然違うジャンルの本の読感です。




自分にも世界を変えることができる。


「バタフライ・エフェクト -世界を変える力」
という本を読みました。

バタフライ・エフェクト 世界を変える力/アンディ・アンドルーズ
¥1,050
Amazon.co.jp


2月の「ぶっちゃけ本」出版の際に大変お世話になった
三浦崇典さん  @tananorimiura の推薦です。


三浦さんは宮城県出身。そう、偶然にも私と同郷でした。
そんな訳で(ってどんな?)私は、すでに十数年来の仲の如く
ズーズーしくお付き合いさせていただいております(笑)

そんな三浦さんが強く勧めてくださったのがこの一冊。

先の地震のこともあり、「今、何をやらなくてはならないか」を
自分に考えさせ、強く問いかけてくる内容の本です。


仙台在住の私も一応被災者でして、未だ物流の影響か
本書は市内では手に入りませんでした。
そんなことを嘆いていたら、三浦さんがわざわざ送ってくださいました。
本当にありがとうございます!!!





私は実はSF好きなので、「バタフライ・エフェクト」すなわち
「バタフライ効果」については、若干の予備知識がありました。

ブラジルの1匹の蝶の羽ばたきが、空気の粒子を動かして動かして、
ゆくゆくは大きなうねりとなって、テキサスで竜巻を起こす。

要するに、ごく僅かな小さい出来事も、時間と共に拡大していって
大きな物事を引き起こす、という考え方です。



いわば「外国版・風が吹けば桶屋が儲かる」(笑)

そんな私が、まず最初にこの本のタイトルで思い浮かべたのが
「タコマ橋の崩壊」でした。

昔、よく「木曜スペシャル」などで映像が流されたのを見て
記憶されている方も多いと思いますが、
わずかの風(想定以下の強風)で新築の吊り橋が揺れ出し、
徐々に揺れ幅が大きくなって飴のようにねじれ、たわみ、
最後は崩壊してしまったという事故です。

参考:タコマナローズ橋(ウィキペディア)
  http://tinyurl.com/5bhymq

  Tacoma Bridge(英語) *タコマ橋崩壊の実写映像
  http://www.youtube.com/watch?v=3mclp9QmCGs


これは設計上のミスだったそうですが、このように、
ほんのわずかな空気の流れが鉄橋を破壊するということが
現実に起きているわけです。

本当に、風が吹けば桶屋は儲かる(笑)

だから、小さなチカラを侮ってはいけないのですね。





次に、実際に本を手に取った感想は、「薄い」(笑)でした。
正直、ちょっと驚きました。

そのせいか、あの有名な「チーズはどこへ消えた」や「原因と結果の法則」と
同じ種類の本なのかな~とも思いましたが、ページをめくって行きますと、
私には、上記2冊よりもスムーズに心に入ってきました。

まあ、農学者が出てきたら、農学部出身の私に響かない訳が
ないですよね(笑)


本書のような話は、こじつけと言っちゃあこじつけです。

わずかでも関係性を探せば、
つながりなんてものはいかようにも言えるかもしれない。

そう、ストーリーですよ、ストーリー(笑)

むしろ、そういう関係性を見つけ出せるかどうかが
その人のビジネスセンスではなかろうか、と私などは常に思っています。



しかし、それはできそうでできないこと。

しかも本書のように、現在から過去へ過去へとさかのぼって行くと、
それはまるで、一つの運命の糸でつながっているかの如く
必然付けられているような気がします。

でも、その時その時は、今の自分の行為が、後世、役に立つなんてことは
絶対にわかるハズがありません。


私がこの本を読みながら思い出したのが、
スティーブ・ジョブズの2005年スピーチの中の最初の話、
「connecing the dots」 (点と点をつなぐ)でした。


「先を読んで点と点をつなぐことはできません。
後からふり返って初めてできるわけです。」

 参考:http://www.h-yamaguchi.net/2006/07/jobs_2f1c.html



だからこそ、今を大切に、わずかなことでも疎かにしていけない。

本書はそう語りかけているような気がします。





最後に、一気に読んでしまった後に最初に湧いた感覚は、
実は「焦燥感」でした。

自分にも何かできるハズだ、しかしそれが何かわからない。
なんだろうなんだろう・・・と考え出すと
焦りが前面に出てしまいます。


しかし、そうじゃないのですよね。


再度読み返して、
自分が焦るということは、結局自分のことしか考えていない証拠、
そうでなく、自分以外の誰かに役立つことを考えなければならない、

と、自分なりに理解しました。


自分は誰に貢献できるのか。


昨年出版を準備していた際に、師匠の土井英司さんに
いつも言われ続けていたのがこの言葉でした。

誰の役に立つのか、それを突き詰めることこそが
自分の存在意義でありブランディングです。
それは誰にでも必ずある。絶対にある。
だからこそ、自分のなす行動、ほんのわずかな行為が、
ひいては世の中を変える力をもつワケですね。

そして、そう信じて行動することこそが大事なのだ、
と本書は語っているのではないでしょうか。



あなたは社会に貢献するために生まれてきました。(p.60)



だから、私が被災地から訴えた「ふるさと納税」も、
いろいろ批判もありますが、きっと少しは役に立つんじゃないか。
今ではそう思えています。

参考:ふるさと納税について3つの思い
http://blog.livedoor.jp/iwam atsumasaki/archives/2724038.html





という訳で、長々と書いてしまいましたが、
分量も多くないし一気に読める一冊で、しかも、
かなり多くを感じる取ることのできる本です。

是非ご一読を!!!

バタフライ・エフェクト 世界を変える力/アンディ・アンドルーズ
¥1,050
Amazon.co.jp





なお、本書の解説をされているのが、「座右の古典」著者の鎌田浩毅さん。
実は鎌田さんとは、5月に東京でお会いする予定があります。
今からまた楽しみが増えました。

多分その頃には東北新幹線も動いているでしょう。。。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

仙台・宮城の税理士 岩松正記さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。