1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
January 21, 2016

Calendar/Task機能を無効にする? -9-

テーマ:Notes/Domino 9.x
<話題の履歴>

Calendar/Task機能を無効にする? -1-
Calendar/Task機能を無効にする? -2-
Calendar/Task機能を無効にする? -3-
Calendar/Task機能を無効にする? -4-
Calendar/Task機能を無効にする? -5-
Calendar/Task機能を無効にする? -6-
Calendar/Task機能を無効にする? -7-
Calendar/Task機能を無効にする? -8-


前回は、Right Click MenuからCalendar/TaskのCopy Intoや会議招集の機能の無効化を行いました。

今回は、これ以外にCalendar/Task関係のActionが残っていないかをCheckします。

皆さんご存知のように、Notes 9 Client Standardでは標準で導入すると、Sametimeが入ってしまいます。
Mail TemplateにもSametimeの機能は標準で装備されています。
実は、このSametimeのAction Buttonや右クリックで表示されるMenuの中にもCalendar関係の機能が実装されているのです。

Disable_Template_Actions_18

これを実行すると、以下のような画面が出てしまいます。

Disable_Template_Actions_19

この画面の中の、「会議の作成」ボタンから会議招集が出来てしまうように見えます。
しかし、今回のCustomizeでは、Calendar/TaskのForm自体をNotes Clientから利用不可な状態に設定しておりますので、Buttonを押しても何も起こらず、Mail画面に戻ってしまいます。

蛇足ですが、このSametimeのAction ButtonやRight Click Menuは通常のActionではなく、Notes StandardのJava Viewに埋め込まれた機能となっており、Template Clustomizeでは残念ながら消し去ることができないのです。

以下のように、Side BarからSametimeを使えない状態にしていても表示されてしまうのです。

Disable_Template_Actions_20

どうやら、この部分はTemplate Customizeで対応するという観点からは諦めざるを得ないようです。

逆にIBMさんにこの機能をSametimeが有効化されているかどうかによって表示制御する機能を実装して頂きたいと思います。

さて、ここまでTemplateだけでCustomizeするという観点から、Calendar/Taskの機能を利用不可能な状態にしてきました。

少し不満が残った点もありますが、ある程度は利用制限が出来たのではないかと思います。

しかし、賢明な皆さんの中には、気が付かれる方がいらっしゃるかと思いますが、これだけでは実は不十分なのです。

皆さん、ご存知の通り、Notes ClientはViewを移動する「表示」>「移動」Menuが存在します。

Disable_Template_Actions_21

これも表示されないようにしてしまわない事には、Calendar/Taskの機能にAccessが出来てしまう訳です。
今回行ったCustomizeではCalendar/Task Form自体を無効にしていますので、新しいEntryが作成できる訳ではありませんが、Userの中にはViewの移動機能を使って利用しようとするUserもいるかも知れません。
Ctrl+Shift+「移動」を使うと、更にCalendar/Task関係の隠しViewにAccessすることも可能です。
この場合は、Calendar/Task関係のViewを全てNotes Clientから利用不可に設定してしまうことで対処可能ですが、簡単な作業ですので、今回は解説は割愛させて頂きます。

また、これ以外にも、プリファレンスの中にもCalendarの設定があります。
これはタブ付表で出来ているので、文字の非表示制御で表示を隠したり、タブ自身を削除してCustomizeしてしまうことが考えられますが、今回は割愛させて頂きます。

さて、どうだったでしょうか?

MailだけでNotesのMail Templateを使うためにはこのようなCustomizeが必要となる訳です。
私は、Full機能を活用して仕事の生産性を上げて欲しいと思いますが、会社の方針などから機能制限が必要な場合もあるかと思い、今回の記事を書かせて頂きました。

少しでもご参考になれば幸いです。

<終わり>
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
January 14, 2016

Calendar/Task機能を無効にする? -8-

テーマ:Notes/Domino 9.x
<話題の履歴>

Calendar/Task機能を無効にする? -1-
Calendar/Task機能を無効にする? -2-
Calendar/Task機能を無効にする? -3-
Calendar/Task機能を無効にする? -4-
Calendar/Task機能を無効にする? -5-
Calendar/Task機能を無効にする? -6-
Calendar/Task機能を無効にする? -7-

前回は、Calendar/Taskの新規作成を無効にしました。

今回は、もう少し別の部分も見ていきます。

皆さんもご存知のように、Mail文書を流用して、Calendar Entryを作成したり、Taskを生成する機能をNotes Mail Templateは持っています。

以下の、「オプション」内にあるActionです。

Disable_Template_Actions_10

勿論、このActionはAction Menuの中にも表示されているのです。

前回と同様にInboxの設計を見ると、これも共有Actionで出来ていることが分かります。

Disable_Template_Actions_11

前回と同様に、共有ActionをAction BarにもMenuにも表示されなくしてしまいます。

共有Actionを見ると、同じ名前の設計要素がダブって登録されているようですが、使われているのは1番目の物のようですので、以下のように、Menu/Action Barの表示を無効化します。

Disable_Template_Actions_12

これで以下のように、Calendar/Taskへのコピー機能もMailの送受信者を使った会議招集も出来なくなります。

Disable_Template_Actions_13

しかし、残念ながら、これだけでは、完全ではなく、Right Click Menuに残ってしまっています。

Disable_Template_Actions_14

これも、Inboxの設計を確認すると共有Actionで出来ていますので、共有Actionの変更を行いますが、これまでと異なり、右クリックMenuからの表示を無効にします。

Disable_Template_Actions_16

これで以下のように、Copy IntoでのCalendar/Taskの機能は利用出来なくなります。

Disable_Template_Actions_17

これで、主要なActionからCalendar/Taskの機能が利用不可となりました。

今回は、Copy Into機能によるCalendar/Task機能の利用を無効化しました。

次回は、まだ残っているものがないか見てみたいと思います。

<続く>
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
January 07, 2016

Calendar/Task機能を無効にする? -7-

テーマ:Notes/Domino 9.x
<話題の履歴>

Calendar/Task機能を無効にする? -1-
Calendar/Task機能を無効にする? -2-
Calendar/Task機能を無効にする? -3-
Calendar/Task機能を無効にする? -4-
Calendar/Task機能を無効にする? -5-
Calendar/Task機能を無効にする? -6-

前回は、Notes Standard 9で表示されている、上位のMenuを見てみましたが、Eclipse Applicationを変更しない限り変更は困難だと言うことがわかりました。

今回は、非常に単純なMail TemplateのAction Menuなどを見ていきます。

これは解説せずとも、皆さんで自由にCustomizeできる項目ですが、一応見ておくことにします。

まずは、一番単純な、作成Menuです。
以下のように、作成MenuにCalendar/Task関係のActionが表示されてしまいます。

Disable_Template_Actions_1

勿論、作成メニューにも同様のActionが表示されています。

Disable_Template_Actions_2

まずは、Inbox Folderの「新規」ActionをDomino Designerで見てみます。
以下のように、全て共有Actionで定義された物を使っていることが分かりますので、共有Actionを編集します。

Disable_Template_Actions_3

共有ActionのPropertyから以下のCheckを外して、完全に非表示に変更します。

Disable_Template_Actions_4

他のアクションも同様に非表示に変更します。

これで、共有Actionは以下のようになり、Action BarにもAction Menuにも表示されない設定になります。

Disable_Template_Actions_5

Inbox Folderの設計を参照すると以下のようになります。

Disable_Template_Actions_6

皆さんの中には、FolderやViewから共有Action自体を消してしまえば良いと思われる方もいらっしゃるかも知れませんが、共有Actionは様々な所に使われていますので、一番大元の共有Action自体を非表示にしてしまうのが確実で変更箇所も少なくて楽だからです。
また、上記でご覧いただいたように、FolderやViewの設計には共有Actionは残りますので、復活させたい場合も簡単に復活させることが可能です。

これで、Inbox FolderのActionを確認すると、以下のように消えていることが確認できます。

Disable_Template_Actions_7

次は、作成メニューに表示されているMenuです。

こちらはAction Menuではなく、単なるFormとなっています。
これらは、以下のPropertyでFormごとNotes Clientから利用できなくしてしまいます。

Disable_Template_Actions_8

これで以下のように、作成MenuからのCalendar/Taskの利用が出来なくなります。

Disable_Template_Actions_9

これで、「新規」Actionと「作成」MenuからCalendar/Taskの新規作成が出来なくなりました。

これだけの修正で、Inbox Folderだけでなく、全てのViewでCalendar/Taskの機能は利用できなくなります。

Formを消してしまったり、ViewやFolderのActionを削除してしまったのでは、復帰させたい場合に変更作業が大変ですが、これであれば、非常に単純な設計変更だけで済みます。

今回は、Calendar/Taskの新規作成を不可能にしました。
しかし、Calendar/Task関係の機能はまだ他にも埋め込まれています。

次回は、もう少し他の埋め込み部分を見ていきます。

<続く>
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。