September 12, 2005

Lotus Enterprise Integrator (LEI) 7 登場 !

テーマ:LEI & DECS/DCR

Notes/Domino 7の発表と共にLEI 7も利用可能になりました。




Domino R5を使われている皆さんは、LEI 3.1または3.2(3.2はWindows版しかありません)を使われていることでしょう。



LEIは3.xまではDomino標準で提供されたDECS(Domino Enterprise Connection Services)とは別の物として提供され、DECSがRealtime Activityを中心に構成されていましたが、LEIはDirect TransferやReplicationに代表されるBatch Activityも持ち、RDBやFileなどと、Domino Databaseの間のReplicationを提供してきた製品です。


LEI 6.xではLEIのConnectionやActivityの定義情報を持ったLEIAdmin DBを持っていたのですが、LEI 6以降ではこれがDECSと共通化されDECSAdmin DBで管理されるようになったのです。


また、LEIの設定情報を保存するLEI.iniファイルも廃止され、DominoのNotes.iniにEIで始まるパラメーターに置き換えられたのもLEI 6からの大きな変更点となっています。


RDBやその他のResourceとDomino DBの間で情報をReplicationしたりTransferしたりするために皆さんはLEIを利用されていることが多いのではないかと思います。



さて、Domino R5でLEI 3.xをご利用いただいている場合なのですが、LEI 6.xではConnectionやActivityをMigrationするためのToolが提供されていたのですが、今回のLEI 7ではLEI 6.xからのMigrationのみしか想定していないため、Migration Toolが提供されない点が大きな変更点と言えるでしょう。


つまり、Migration Toolを利用したい方は、一度LEI 6.xにMigrationしてからLEI 7にあげなくてはならないのです。


ActivityやConnectionの数が少なければ、Migration Toolに任せるよりも自分で確実に新しく定義を行った方が機能の稼動確認もでき一番確実な方法です。


しかし、LEIを使いこなされている場合はActivityが数百、Connectionも数百ということも無いわけではありません。


このような環境では、Migration Toolを利用して、ErrorするConnectionやActivityを事前に洗い出してから移行するほうが効率が上がることでしょう。


このような場合は、LEI 6.xのMigration Toolを使って移行を行い、その後LEI 7に移行する必要があるのです。


LEIのMigrationではこの点を一番考えてください。



このように紹介すると、また互換性が低いとかと言われそうですが、これを機に6.xや7にMigrationしてしまうのもいいでしょう。


LEI 6.xではLEI 3.xに比べPerformanceも非常によくなっているからです。



また、LEI 7ではOracle 8i/9i/10gなどがサポートされていますし、DB2 8.xがサポートされています。


Version Upにあたって、RDBのClientのVersion Upも必要になることもありますが、様々なSoftwareの新機能を利用できるようになりますので、是非検討いただければと思います。



Domino R5/LEI 3.xのサポート切れの時期もすぐ目の前ですので、是非、移行を考慮してください。



#今回はメーカーのような発言になってしまい、申し訳ありません。


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。