February 01, 2015

DJX Mail 9 Templateは履歴付返信や転送で履歴に組織情報が引き継がれない(続)

テーマ:Mail Template

以前、DJX Mail 9 Templateで履歴付返信や転送の際にDJX組織情報が表示されないという問題を報告しました。


Mail 8.5からかも知れませんが、多くの場面でDJX組織情報は表示されなくなっていて、DJXの存在感が無くなっている感じがしないでもありません。


肝心の、履歴付返信や転送ですが、Mail(Memo) Formの式を確認すると、以下のように書かれています。


REM {Notes Style Reply with History};
@SetEnvironment("fwdID"; @NoteID);
@Command([ComposeWithReference];"":"";"Reply"; 23)


REM {Notes Style Reply to All with History};
@Environment("MailStEd";"9");
@SetEnvironment("fwdID"; @NoteID);
@Command([ComposeWithReference];"":"";"Reply"; 23)


これを見る限り、"Reply" Formを利用して従来通りReferenceを付けて返信を行うのか?と思うのですが、実はそうではないようです。


@Command([ComposeWithReference])が行われる際の動きが全く変わっているようで、指定されたFormではなく、別のFormを使っているようなのです。


この返信用のFormはどうやら、"SimplifiedReply" Formのようです。


このFormを見てみると、DJX組織情報を定義しているFieldは存在しません。


そこで、通常のMail(Memo) Formの設計から、tmpDJXCorpOrg FieldをCopyして、tmpDisplayFrom_Preview Fieldの後ろに挿入します。

更に、DisplayFrom Fieldの後ろにも、DisplayDJXCorpOrg Fieldを挿入します。


これで、以下のようになります。



DJX_Mail9_OrgInfo_7


FormをSaveして、履歴付返信や転送処理を行うと、以下のように組織情報が表示されるようになります。



DJX_Mail9_OrgInfo_8


これで、少しはDJXらしくなるのではないでしょうか?


実は、DJX Mail9 Templateになって、組織情報が表示されない部分はこれだけではありません。


Notesだと、伝言メモやリンクメッセージなどは表示されなくなっていますし、iNotesに関しては、通常のMailですら表示されません。


IBMさんはこれらをUserのRiskでCustomizeしろと言うのでしょうか?


Customized Tempalteだと分かると、標準で問題が発生するかをいつも確認されるのですが、DJXが不完全だからCustomizeしないといけない状態なのに、そういうことを言われると、Userとしては不愉快になります。


是非、IBMさんで、iNotesも含め、まともなDJX Templateを作成頂きたいと思います。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
January 17, 2015

DJX Mail 9 Templateは履歴付返信や転送で履歴に組織情報が引き継がれない

テーマ:Mail Template

久し振りにMail Templateを調べる機会があり、最新のNotes 9のDJX Mail Templateを調査しました。


DJXが出来てから、MailにはCalendar Profile(Mail Preference)に設定された組織情報が表示されるようになっていることは皆さんもご存知の通りです。


送信元の別名の右側に"()"で囲まれた状態で表示されます。


例えば、Mail Previewで見ると、以下のようになっています。



DJX_Mail9_OrgInfo_1

この表示はPreviewで見た場合や、Mail文書を開いて見た場合で異なっています。

Mailを開いて見ると、以下のようになります。



DJX_Mail9_OrgInfo_2


このメールに履歴付返信を行うと以下のようになり、組織情報が欠落しています。



DJX_Mail9_OrgInfo_3


転送した場合も同様です。



DJX_Mail9_OrgInfo_4


画面を見る限りは、詳細表示の部分をCopyしているように思われますが、詳細表示でも組織情報は表示されていますので、とても不思議な状態です。


当然、DesignerでFormを見ても、以下のようになっていて、組織情報のFieldは表示用の計算結果Fieldとして定義されているのです。


DJX_Mail9_OrgInfo_5


何故、表示している内容を全てCopyして履歴付返信や転送を行わなくなったのかは不明ですが、大きな会社では同性同名も居る訳で、別名も同性同名に対応して別の名前を与えますが、組織情報を頼りに送信者を判断することが多いのではないでしょうか?


この状態では、転送メールや履歴付返信メールで新規にメールを受け取った人は、元のメールの送信者の組織情報が参照できず、判断が出来なくなってしまいます。


昔のMail TemplateではReply/Reply HistoryなどのFormが定義されていたのですが、最新のMail Templateでは、2種類のFormになっていますが、昔とは異なるFormとなっています(Replyしかありません)ので、恐らくこの辺が関係していると思われます。



DJX_Mail9_OrgInfo_6


回避策があるのかどうかまだわかっていませんので、回避策があれば紹介したいと思います。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。