July 21, 2016

iNotesのArchive Policyの仕組みを解明したい! -7-

テーマ:Test Lab.
<話題の履歴>

iNotesのArchive Policyの仕組みを解明したい! -1-
iNotesのArchive Policyの仕組みを解明したい! -2-
iNotesのArchive Policyの仕組みを解明したい! -3-
iNotesのArchive Policyの仕組みを解明したい! -4-
iNotesのArchive Policyの仕組みを解明したい! -5-
iNotesのArchive Policyの仕組みを解明したい! -6-


前回は、既存のUserを含め、Archiveを有効/無効にするには何がKeyになっているかを確認し、運用Planを考えてみました。

今回は、Archiveを有効/無効にするために、どのProfile文書を更新するのが良いのかを考えていきます。


今回は、まず、新規にUserを作成して、Compact -Aを実行した後のArchive Profileの内容を確認してみます。

以前紹介したToolではNotes Clientから確認することになり、Archive Profileの更新が行われてしまいますので、今回は昔からあるNotesPeekで確認しながら進めてみたいと思います。
また、あのToolを使うと、意味不明なProfile文書が出来ていましたので、信用しないことにします。
もし、NotesPeekでもダメなら、LotusScriptでProfile DocumentのCollectionを収集して処理するしかないです。

さて、新規Userを作成します。
新規Userには、Organizational Policyが適用された状態で作成されます。
つまり、Archiveは全面禁止という状態です。

iNotes_Archive_35

これで、NotesPeekからProfile Documentの状態を確認します。

iNotes_Archive_36

CalendarProfileとiNotesProfileだけ作成された状態になっていることが確認できます。

ではここで、Archive Policyを適用して、Compact -AでArchiveを実施してみます。

> load updall names.nsf -t "($ServerAccess)"
[1078:0002-0118] 2016/06/15 20:43:09 Index update process started: names.nsf -t ($ServerAccess)
[1078:0002-0118] 2016/06/15 20:43:09 Updating C:\IBM\Domino\data\names.nsf view '($ServerAccess)'
[1078:0002-0118] 2016/06/15 20:43:09 Index update process shutdown
> load compact -A mail\
[0E80:0004-050C] 2016/06/15 20:43:18 Archiving documents from mail\administ.nsf (Administrator)
[0E80:0004-050C] 2016/06/15 20:43:18 Archiving documents from mail\hiwama.nsf(Hanako Iwama)
[0E80:0004-050C] 2016/06/15 20:43:18 Archiving documents from mail\iiwama.nsf(Ichiro Iwama)
[0E80:0004-050C] 2016/06/15 20:43:19 Pushing mail\iiwama.nsf to archive\a_iiwama.nsf
[0E80:0004-050C] 2016/06/15 20:43:19 Pushing mail\iiwama.nsf to archive\a_iiwama.nsf
[0E80:0004-050C] 2016/06/15 20:43:19 アーカイブ: データベース mail\iiwama.nsf
のアーカイブプロフィール文書に問題があるので、削除する必要があります。
[0E80:0004-050C] 2016/06/15 20:43:19 Archived mail\iiwama.nsf, 0 documents were archived and 0 were deleted
[0E80:0004-050C] 2016/06/15 20:43:19 Archiving documents from mail\siwama.nsf(Shinya Iwama)
[0E80:0004-050C] 2016/06/15 20:43:19 Archiving documents from mail\tiwama.nsf(Taro Iwama)
[0E80:0002-0DF0] 2016/06/15 20:43:20 Database compactor process shutdown

Archiveは正常に実行されたようなので、NotesPeekで再度確認します。

ここで、Archive ProfileとColorProfileが作成されたことが分かります。

iNotes_Archive_37

では、Archive Profileの内容を見てみます。
Archive Profileは作成されましたが、Archive Plicyで配布したArchive条件の文書をどこで指しているのかはわかりません。

iNotes_Archive_38

ColorProfileやiNotesProfileの内容を確認してみてもこれといった情報は見つからないのです。

iNotes_Archive_39

では、ここで、BrowserからiNotesでAccessしてみることにします。
iNotesでは既に、Archiveが有効な状態になっていることが確認できます。

iNotes_Archive_40

この時点で、再度NotesPeekから、Profile Documentの内容を確認します。
これまで無かったProfile文書が追加されたことが分かります。

iNotes_Archive_41

iNotesViewProfileとDolsOfflineConfigration、Archive Database Profileには大した情報は入っていません。
ただ、Archive Database Profileに値が入ったことで、Archive条件文書が参照可能になったのではないかと考えられます。

iNotes_Archive_42

iNotesViewProfileが新しく出来ているのも、Archive対象としてViewを指定しているからだと思われます。

こうして考えていくと、Archive Profile、iNotesViewProfile、Archive Database ProfileがArchive PolicyからiNotesでのArchive MenuをControlする要素になっているのではないかと考えられる訳です。

では、意地悪してこれらのProfile Documentを消してみたらどうなるのか?というのは、読者の皆さんも思われるのではないでしょうか?
私も、同じで、iNotes Accessから出来てしまったProfileというのは、iNotesでの用途に使われていることは明らかなので、順番に消してみたいという衝動に駆られます。

今回実行するには、記事が長くなってしまいますので、削除の試験は次回に持ち越したいと思います。


今回は、NotesPeekを使って、Profile Documentの内容を把握しながら、どのようなProfile Documentに変化があるのかを見てみました。

次回は、iNotesでAccessして追加されたProfile Documentを削除することでどのような変化があるのかを見てみたいと思います。

<続く>
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

いわまんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。