July 14, 2016

iNotesのArchive Policyの仕組みを解明したい! -5-

テーマ:Test Lab.
<話題の履歴>

iNotesのArchive Policyの仕組みを解明したい! -1-
iNotesのArchive Policyの仕組みを解明したい! -2-
iNotesのArchive Policyの仕組みを解明したい! -3-
iNotesのArchive Policyの仕組みを解明したい! -4-


前回は、iNotesでのArchiveが有効になる条件を探してみましたが、Compact -AでArchiveすることが重要なことが分かりました。

今回は、Notes Clientを使うことなく、iNotesのみで追試を行ってみます。


前回と同様に以下のStepで実験を行います。
Archive Policyの除外の場合は前回は、直ぐに反映していましたが、反映しない場合を考えて、Archiveを実施するというパターンを入れています。

【新規にArchive Policyを設定】
1) 新規にUserを作成 => 状態確認
2) Archive PolicyをAssign => 状態確認
3) Server Side Archiveの実施 => 状態確認

【Archive Policyの除外】
1) Group文書からUserを除外 => 状態確認
2) Server Side Archiveの実施 => 状態確認

では、順番に確認していきます。

【新規にArchive Policyを設定】

1) 新規にUserを作成

iNotes_Archive_25

Customized Tempateが適用された状態で、Archiveは無効であることが分かります。
勿論、PolicyはOrganizational Policyが適用され、Archiveが禁止された状態です。

2) Archive PolicyをAssign

iNotes_Archive_26

前回と同様に、Archive Menuは現れていない状態です。
勿論、PlicyはDynamic Policyが適用され、Archive可能な状態です。

3) Server Side Archiveの実施

アーカイブ対象のMailが届いていることを確認してから、Archiveを実行します。

iNotes_Archive_27

> load compact -A mail\
[0BE0:0004-0C90] 2016/06/12 16:09:08 Archiving documents from mail\administ.nsf (Administrator)
[0BE0:0004-0C90] 2016/06/12 16:09:08 Archiving documents from mail\hiwama.nsf(Hanako Iwama)
[0BE0:0004-0C90] 2016/06/12 16:09:09 Pushing mail\hiwama.nsf to archive\a_hiwama.nsf
[0BE0:0004-0C90] 2016/06/12 16:09:09 レプリケータは 1 文書を archive\a_hiwama.nsf へ mail\hiwama.nsf から追加しました
[0BE0:0004-0C90] 2016/06/12 16:09:09 Pushing mail\hiwama.nsf to archive\a_hiwama.nsf
[0BE0:0004-0C90] 2016/06/12 16:09:09 アーカイブ: データベース mail\hiwama.nsf のアーカイブプロフィール文書に問題があるので、削除する必要があります。
[0BE0:0004-0C90] 2016/06/12 16:09:09 Archived mail\hiwama.nsf, 1 documents were archived and 1 were deleted
[0BE0:0004-0C90] 2016/06/12 16:09:09 Archiving documents from mail\siwama.nsf(Shinya Iwama)
[0BE0:0004-0C90] 2016/06/12 16:09:09 Pushing mail\siwama.nsf to archive\a_siwama.nsf
[0BE0:0004-0C90] 2016/06/12 16:09:09 Pushing mail\siwama.nsf to archive\a_siwama.nsf
[0BE0:0004-0C90] 2016/06/12 16:09:09 Archived mail\siwama.nsf, 0 documents were archived and 0 were deleted
[0BE0:0004-0C90] 2016/06/12 16:09:09 Archiving documents from mail\tiwama.nsf(Taro Iwama)
[0BE0:0002-115C] 2016/06/12 16:09:10 Database compactor process shutdown

これで、Archive DBが作成されましたので、iNotesのBrowserからF5で更新します。
しかし、Archive Menuは表示されません。

iNotes_Archive_28

ここでNotes ClientからAccessしてしまっては意味がありませんので、LotusScriptから、ArchiveProfileの状態を確認してみます。

iNotes_Archive_29

Arciveを実行した時点ではないですが、ArchivePolicyが作成されていることが分かります。
LotusScriptから参照しただけで、文書が作成されているとは思えませんが、ArchivePolicyの変更があったことは確かです。

この時点で、iNotesのBrowerからF5で更新してもArchive Menuは現れません。

ここで、iNotes Preferneceを更新してみると、Archive Menuが現れます。

iNotes_Archive_30

この動作から判断すると、iNotesでPolicyによるArchiveを有効にするためには、

1. Compact -Aによって、ArchivePolicyが更新されていること(Archive条件の表示に利用)
2. iNotes Preferenceの更新が行われ、ArchivePolicyの内容を読み込むこと

ではないかと思えます。

ここで、Notes Clientから、Profile Documentを確認してみます。
というのは、新規作成UserではiNotesArchiveProfileというProfile Documentは存在しなかったことが気になっていたからです。

iNotes_Archive_31

確認してみると、やはり、iNotesArchiveProfileというProfile Documentは存在していませんでした。
恐らく、このProfile DocumentはiNotesでArchiveが許されたUserがArchive条件を設定した際の情報が記録されるのだと思われます。

では、次に、ArchiveをPolicyから無効にした場合の動作を見ていきます。

【Archive Policyの除外】

1) Group文書からUserを除外

iNotes_Archive_32

この場合は、iNotesのBrowserからF5で更新しただけでArchive Menuが消え去りました。
これは前回の試験と同じ結果です。

ここで、Profile Documentを確認してみると、特に変わった状態は確認できません。

iNotes_Archive_33

つまり、Archive Policyの無効化は何もしなくても反映するということだと思われます。

これであれば、最初にArchiveを有効にするためのiNotes Preferneceの更新さえ行えば、問題がないのではないのではないでしょうか?

しかし、最初に試験した時とServer設定など条件も変更していますので、最終的な状態で確認して、本番適用する必要はあるかと思います。

これまでの実験で、ある程度iNotesの場合の動作が把握できたのではないかと思います。


今回は、新規Userを作成してiNotesだけで運用した場合の動作の検証を行いました。

次回は、既存iNotes UserのArchive Profileを再有効化した場合を検証します。

<続く>

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

いわまんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。