July 04, 2016

iNotesのArchive Policyの仕組みを解明したい! -2-

テーマ:Test Lab.
<話題の履歴>

iNotesのArchive Policyの仕組みを解明したい! -1-


前回は、Groupを使ったPolicyがGroupのMemberに適用されるまでの動作を見てみました。

今回は、Policyが適用される前後で、iNotes Profileなどに変化があるのかを見てみます。


NotesのProfile文書は幾つか存在していることは皆さんもご存知の通りです。
IBMのTechnoteにも幾つかのProfile文書が紹介されています。

しかし、ここに紹介されているProfile文書が全てなのでしょうか?
Profile文書を確認するためのToolとして"A tool to manage profile documents"というものが紹介されています。

このToolであれば、Mail DBの中に設定されているProfile文書を簡単に全て確認することができそうです。

早速、Downloadして試してみることにします。
DBが入っていますので、拡張子をns6からnsfに変更し、Notes ClientのData FolderにCopyします。
DesignerでDBを開いてFormをMail DBに貼り付けます。
FormをDesigner開くと/IBMとの相互認証が求められますが、無視して、開いたFormを保存します。
これで今後相互認証が求められることはなくなります。
準備はたったこれだけで、Mail DBを開いて、「作成」>「その他」から"Profile Document List"を選ぶと、Profile一覧が含まれた文書が作成されます。

iNotes_Archive_1

これでProfile文書が全て参照できています。
iNotes関係だけで、3つのProfileが存在することが確認出来ます。
Profileの編集も用意されていますが、iNotes関係のProfileはUserに見える形のFormとして設計要素が無いために、編集することは出来ませんが、更新日が分かりますので、何が変更されたのかの判断はつきます。

では、早速試していきます。

まずは、前回の実験で設定した、Notes.ini設定を元に戻しておきます。

> set config UPDATE_NAB_SUPPRESSION_TIME=
[07EC:0004-1064] 2016/06/11 10:00:58 UPDATE_NAB_SUPPRESSION_TIME を 0 に変更しました。
[122C:0004-0D24] 2016/06/11 10:01:01 UPDATE_NAB_SUPPRESSION_TIME を 0 に変更しました。

最初に、現在AssignされているDynamic Policyで設定したArchive Policyを除外するために、Groupを編集し、"($ServerAccess)" Viewを更新してPolicyの適用の変更を反映させます。

Notes ClientからMail DBを開いてみると、Archiveは無効になっていますが、Profile文書の変更の形跡は残っていません。

iNotes_Archive_2

次に、iNotesで開いて、Preferneceを保存しなおすと以下のようになります。

iNotes_Archive_3

当然ですが、iNotesProfileが変更され、更に、CalendarProfile、DOLSOfflineConfiguration Profileが変更されていることが分かります。
CalendarProfileが更新されるのは、iNotesとNotesとで共用しているProfileがCalendarProfileにあるからです。
DOLSOfflineConfiguration Profileが更新されているのは、このUserはOfflineが有効になっている為で、Offlineを禁止すれば更新されないと思われます。

こうして見てみると、Dynamic Policyを無効にした場合は何も更新されないのでは無いかと思われます。

では今度は逆にDynamic Policyが適用されるように、Group文書を更新してみます。

Notes Clientから見るとArchiveが有効な状態になっていますが、Profile文書が更新された形跡はありません。
Notes Clientの場合は、LocalにPolicyが配布されてくるためでしょう。

iNotes_Archive_4

次に、iNotesでAccessしてみると、Archive Menuは現れていない状態になっていますので、Preferenceを保存してみます。
これでArchiveがMenuに現れますので、再度、Notes ClientからProfileの状態を確認します。

iNotes_Archive_5

無効にした際と特に変化はありませんでした。

この実験から言えることは、iNotesの場合も、PolicyはMail DBのProfileではなく、全く別の場所で管理されているのではないかということです。

今回は、PolicyのAssignによってProfile文書がどのように変更されるかを試してみましたが、残念ながら解析できませんでした。

次回は、もう少し考えるところがあるので、再度実験してみたいと思います。

<続く>
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

いわまんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。