いわクリ日記

長岡京市 いわきクリニック形成外科・皮フ科院長 岩城佳津美(Katsumi Iwaki)がお届けする、なんでもありの勝手気ままなブログです。


テーマ:

遅くなりましたが、明けましておめでとうございます絵馬

本年もいわクリをよろしくお願いいたします。

 

さて、エキゾチックショートヘアのこうめちゃんが

新しく家族に加わってから、3週間少しが経過しました。

 

前回のブログから少し間が空いてしまいましたが、

その後どうなったんですか??気になるので早く更新してください!

というお声を頂いております、すみません滝汗アセアセ

 

先住ネコ、メインクーンのとむたん猫とのその後ですが・・・

 

最初はお互い威嚇しあって、どうなることかと思ったのですが、

さすがは大人のとむたん猫

 

少しづつ、歩み寄り・・・

 

3日目には、こうめちゃんの毛づくろいをしてあげるように爆  笑キラキラ

 

そしてなぜかこうめちゃんのケージにとむたんが・・・あせり

 

好奇心旺盛なこうめちゃんは、なんでもとむたんのマネをしたい・・・。

 

来たときは、全く登れなかったキャットタワー(大型ネコ用です^^;)も

見よう見まねでよじ登り・・・

 

4日目には、なんとてっぺんまで登れるようになりました拍手

どや顔のこうめちゃん真顔はあと

てっぺんはとむたんの定位置だったのですが、

お兄ちゃんなので譲っています!エライ!!

 

そして、日ごとに2人(?)の距離は縮まって

3週間経った今では、超仲良しラブラブ・・・と言いますか、

こうめちゃんの方がとむたんの後をチョロQのように付いてまわり、

それがまんざらでもない様子のとむたん猫

 

なによりこうめちゃんは性格が良いのです合格

人懐っこくて、とむたんにパンチされてもめげない天真爛漫さオッドアイ猫

 

こうめちゃんは我が家のアイドルとなっておりますルンルンキラキラ

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

おお~、気が付いたら1か月以上も経っていましたガーン・・・。

 

この1か月、ちょっと長い休暇を頂いたり・・・、身内の病気とか・・・あせる

色々ありましたて、バタバタしているうちに時間が経っていました。

 

休暇中にも素敵なことがありましたが、それはちょっと置いといて

今一番のトピックスは「こうめちゃんneco*」です。(娘が名付けましたw)

 

我が家の新しい家族。

 

ちょうどうちに来て1週間が経ちました。

 

一番の心配は、とむたんと仲良くできるかなにやり?ということ。

 

先週の火曜日、名古屋駅でブリーダーさんと待ち合わせ。

無事こうめちゃんを引き取り、新幹線でお持ち帰り。

あ、これはこうめちゃんではありません上差し(関西の方、「わかっとるわ!」というツッコミよろしく。)

名古屋に行ったら必ず食べる、新幹線ホームの住よしのきしめん。(イカ天のせ)

 

新幹線はお隣の席が空いていたので、こっそりお膝の上に音譜

ちっちゃくて、可愛い~~~好き

寝たら、顔が・・・滝汗・・・。ぶ、ぶっさいく~~~。

これぞ、エキゾチックショートヘアビックリマークこんなぶさカワが欲しかった~~~(笑)。

 

そして、いよいよとむたんとの初対面爆  笑!!

 

とむたんは人見知りしないいい子なので、なんとなく上手くいくと思い込んでいたのですが・・・。

 

結果は・・・・・・

とむたん、怖いガクブル・・・、戦闘態勢。

「お前誰やねん・・・怒る」。

 

そしてこうめちゃんもおチビのくせに、

自分より体重10倍以上のとむたんに向かって戦闘態勢。

 

お互い、フーッ怒、シャーッ怒るとか言っちゃってアセアセ

 

これはヤバい汗と、こうめちゃんをケージに隔離するも・・・。

お互い1歩も譲らぬ、にらみ合いは続く・・・げっそり

 

そして何よりもショックだったのは、

今まで一度も私に「フーッ怒」とか言ったことのないとむたんが、

怒り狂って、私にまで「フーッ怒、ウ~~~怒る」と怖い唸り声を上げて噛み付いたこと。

 

とむたんに威嚇されたり噛み付かれたりしたことは、初めてだったので

そりゃもう相当なショックガーンでした、ハイ泣く・・・。

 

そこで、とりあえずはこうめちゃんを別室に隔離して、

とむたんを落ち着かせ・・・・。

 

再度、ご対面にトライ。

 

そうすると、とむたんは少し落ち着いたのか態度が若干軟化しましたが

こうめちゃんは相変わらず、「フーッ怒る怒

顔はこんななので怖く見えませんが(笑)、背中が思いっきり三角で毛が逆立っていますげっそり

女の子だけど、相当気が強い・・・滝汗。とむたんタジタジ・・・。

 

とりあえずは、こうめちゃんをケージに隔離して様子を見ることに。

 

とむたんは、休むことなく新参者のこうめちゃんを監視・・・・冷たい冷たい冷たい

とむたん、どこにいるか分かりますか(笑)?

・・・レースのカーテン越しに背後霊のようにじ~っと・・・監視目。(怖いし・・・おののく冷や汗

ケージの上からも監視目

 

いつもなら抱っこ~音譜と甘えてくるところが、

抱っこしようとしてもウ~~~とか唸り声を上げて拒否アセアセ・・・。

 

一体これからどうなんの笑い泣き??!

 

もしかしたら、こうめちゃん、返さないといけないかも・・・泣く

(いやペットって返品できるんだっけ?)などと、私も憂鬱な気分で一夜を過ごしましたとさ。

 

続く。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

前回の続きはちょっと置いといて・・・、今日は福岡で開催されました頭蓋顎顔面外科学会へ。

 

頭蓋顎顔面外科学会・・・、そおです!頭蓋顎顔面だけの学会。形成外科の分野の中でも、バリバリの外科系分野。口唇口蓋裂とか、顔面骨骨折とか、悪性腫瘍の再建とか、頭蓋骨・顔面骨の骨切りとか・・・。もうこの辺の分野になってくると女医さんがほとんどいないあせる。男性の先生も、男らしい系の先生が多い(笑)。やはり男の仕事なんだな~、骨切りは・・汗・。

 

なぜそんな学会にわたしが?・・・というと、今回のプログラムの中のパネルディスカッション「顔を造る―非観血的手技から観血的手技まで―」というセッションに、非観血的手技代表としてお声をかけていただいたのです。ご指名くださったのは、クリニカ市ヶ谷の倉片優(まさる)先生。倉片先生は顔面の骨切り術で、日本トップクラスの凄腕ドクターです。その倉片先生から直々お電話いただいて、「・・・先生、やってもらえるかな?」と言われたら、イヤです真顔とは言えませんあせる。二つ返事で「はいっ、よろしくお願いします!!(敬礼)お願い」・・・と言ったものの・・・、ちょっと待てよ?頭蓋顎顔面外科学会・・・?このあたりのバリバリオペ系の先生は、フィラーとか美容とか、お嫌いな先生が多いのです滝汗。・・・まあ、分かります、そのキモチ。オペってバシ~~~ッと決めると、「おおおおお~~~っキラキラビックリマーク」という劇的な変化が得られる訳で。その代わりうまくいかないと「えええ~~~~っ笑い泣き??!」というようなミゼラブルな結果を招いたりもするわけで。そんな、症例ばかりと日々向き合っておられると、ちょっと毛穴が引き締まりました~、とか目元のシワが浅くなりました~とか、・・・だからどやねん真顔、てなりますよね。激しい手術も、マイルドな施術も、どちらもニーズがあるので、いいとか悪いとかの話ではないのですが。

 

ということで、いつもは学会の数日前には仕上がっているスライドも、前日まで悩んでいて仕上がらず。どういう方向性で、どんな症例でプレゼンすればよいのかな?と、ずっと悩み続けていました。今年はこれが大きな学会での最後の仕事。そしていつもとは違う分野の先生方を前に発表することになるので、やはり「なんだやっぱり所詮フィラーなんて。」と思われないようにしなくては・・・と気負ってしまい、昨夜は珍しく胃がキリキリと痛くなりましたゲロー(笑)。私って意外と繊細なとこもあるやん、と思って(自分でいうからアカンのね)

 

結局、夜中までかかってなんとかスライドを仕上げて(内容はフィラー道場の方でまたご紹介できたらと思います。)、3時間だけ寝てから早朝に伊丹空港に向けて出発車。空港へ車を走らせている途中、オレンジに輝く朝日晴れが昇ってきたのですが、キレイだな~と思って見ていたら、この1年の色々しんどかったことなどを思い出し、ぶわ~っと涙が出てきて(涙もろくなるのはおばはんの証拠w)、鼻をぶーぶーかみながら空港へ。(厳密にいうとまだ書かないといけない原稿とかもあるし、まあプライベートでも色々な問題もあり、完全開放というわけでもないのですが。)

 

そして、寝不足で飛行機に乗ったらまた足が浮腫んでしまったので、福岡に到着後、学会場に向かう前に、マッサージを受けに行きました。(のちにこのことがプチ事件を引き起こします。・・・ほんとにプチ事件なので期待しないように(笑)。)

 

そして学会場へ。

・・・風が強く、デコ全開(笑)。

 

学会場はいつもの美容系の学会とは空気が全然違います。スーツの男性の先生ばかり滝汗

自分の出番まで時間があったので、普段はあまり見る時間のないポスター演題も隅から隅までじっくり見て周りました。自分がそんな症例に当たることはこの先もないのですが、だからこそ色々と勉強になります。

 

そしていよいよ本番。

非オペ系の先生3名(伊藤史子先生・野町健先生・私)オペ系の先生3名(渡辺頼勝先生、広比利次先生、倉片優先生)のそれぞれの発表と、ディスカッション。

 

次が自分の番と言う直前になり、いつもと違う聴衆、雰囲気になんとなく緊張して、なんとなく首元に手をやった瞬間、「あれ??ないやん?」・・・朝、してきたはずのネックレスがないチーン!!

大切な友達にもらったネックレスだったので、今度はそっちでプチパニック。「・・・どこで落としたんやろ・・・?」と考えている間に自分の番が来てしまい、頭の3分の1で「どこや、どこや???」とネックレスの行方を考えながらの発表。途中で、原稿のどこを読んでるのが分からなくなること数回ありましたが、なんとか無事発表を終えると同時に、「あそこやっひらめき電球!!!」と思いだしたのが、例のマッサージ屋さん(笑)。着替えるときに外して、そのまま置いてきてしまった・・・。

 

お店の場所は分かるけど、名前が分からないので電話しようにもできず。帰りの飛行機は、学会が終わってすぐに空港に向かわないと間に合わない時間。どうしよう、どうしよう・・・が、やはりこのまま置いて帰ることはできないと思い、タクシーの運転手さんに事情を話すと間に合うから取りに行こう!と言ってくださり、渋滞の合間をマリオカートのようにダッシュしていただいてお店まで行ったところ、ありました、ネックレス!!そして、再び空港までマリオカート(笑)。飛行機にも無事間に合いました。

 

そして肝心の発表ですが、いろいろ厳しく突っこまれるのかと思っていたら、「症例がとても良かった。」と何人かの先生にお声かけいただきました。頑張ってきて良かったと思える瞬間ですキラキラ。疲れも飛びますね照れ音譜

 

またいつもは、同じような分野をやってる先生方だけで集まってディスカッションしているので、どうしても意見が偏りがちなのですが、今回は歯科の先生とか、違った角度からのご意見やディスカッションがあり、それがとても新鮮で勉強になったので、今後はもっと分野をごちゃまぜにしたセッションがあっても良いのになと思った次第です。

これが問題のネックレス~ゲラゲラ(笑)。

 

そして、帰りの飛行機で、松永正訓 先生という小児外科の医師が書かれた「運命の子 トリソミー: 短命という定めの男の子を授かった家族の物語」という本を読み、またぶわ~っと涙が出て止まらずえーん。2013年、ノンフィクション大賞の大賞受賞作品です。とてもいい本です。感想を書くと長くなるのでまた機会があれば。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

数回に渡って、年齢による衰えをサポートするサプリについて書こうと思いますニヤリ音譜

 

人間の身体を構成する約60兆個の細胞のうち、毎日3000億個以上の細胞が死に、同じ数だけ新しい細胞が生まれ・・・ると良いのですが、20代半ばぐらいからは、毎日10億個ぐらいの細胞が減っていきます。・・・つまりこれが老化現象ドクロ汗10億個って・・・多すぎて逆によう分からんわ、って感じですね滝汗

 

コラーゲンを作る線維芽細胞の数も減少するので、肌のハリもなくなっていくし、免疫に関わる細胞の数も減少してゆくので、免疫機能も落ちてゆきます。

 

細胞数が38兆個ぐらいまで減ってしまうと人間は死んでしまうんですって(寿命)。まあその前に病気で死んじゃいますけどねあせる細胞数の変化の根本原因として最も有力なのが、「酸化ストレス」ビックリマーク

 

「酸化ストレス」とは、体内で活性酸素が過剰に発生し、体がサビついた(酸化された)状態になってしまうこと。

 

では、活性酸素ってなに?

 

活性酸素は、酸素分子がより反応性の高い化合物に変化したもの(化学反応が起こりやすくなった酸素)のことで、いくつか種類がありますが、特に高い反応性を示すのがヒドロキシラジカルという活性酸素です。活性酸素は絶対的な悪者ではなくて、その酸化力でもって、細菌から体を守ったり、がん細胞を攻撃したりします。体にとって必要なものなのですが、活性酸素が過剰に発生すると自分自身の細胞も損傷してしまい、老化を促進してしまいます。

 

活性酸素ってどこからくるん??

 

普通に酸素呼吸をしていると、取り入れた酸素のうち約2%が活性酸素になると言われています。それ以外に、活性酸素を増加される要因として、

①ストレス

ストレスを受けると、副腎から副腎皮質ホルモンの分泌が増えます。この副腎皮質ホルモンの分泌時に活性酸素が一緒に発生します。

②紫外線

紫外線を浴びると、紫外線から体を守るため、活性酸素が発生します。

③喫煙

タバコの有害成分から体を守るため、活性酸素が発生します。

④過剰な運動

適度な運動は体に良いのですが、激しい運動は呼吸量が増えるため、活性酸素が過剰に発生します。

 

活性酸素が過剰になると??

 

活性酸素は細胞内のDNAを損傷し、老化を促進したり様々な疾患を引き起こす要因になります。普通に生活していても、毎日ものすごい数のDNA が活性酸素によってダメージ(損傷)を受けます。もちろん、体にはそのダメージを修復する機能が備わっているのですが、活性酸素が過剰になるとその修復が追いつかなくなってしまいます。・・・「酸化ストレス」といっても、自覚症状はほとんど感じません。目に見えて分かるのは、しみやシワ、たるみでしょうかニヤニヤ。しかし、目に見えないところで、確実に「酸化ストレス」は、体の老化を促進し、いろんなところに不具合が生じてきます真顔!!

 

と今日はこの辺で~。(サプリには全く話及ばず・・・タラー)。

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

スタッフの技術チェックも兼ねて、プラズマシャワー4回目受けました照れ音譜

痛くないので、おすまし顔でいられます(笑)。

 

私は、1回目右矢印臍帯血幹細胞培養上清液+白雪 2回目右矢印ヒト乳歯髄幹細胞サイトカインカクテル+白雪・・・以後その繰り返しで、導入しています。

 

施術直後は「?」というか、むしろなんか肌がガザガザする~・・・汗という感じですが、おっ、なんだかいい感じと感じてくるのは、私の場合数日後です。

 

今回、スタッフの技術チェックもあり、1週間間隔で4回受けましたが、一番実感しているのは、毛穴の引き締まりです。

スタッフには、特に毛穴の気になる部位は丁寧に密に照射するように指導ウインク

 

あと、ファンデのノリがめちゃくちゃ良くなりました。・・・自分で言うのもなんですが、博多人形のような艶感(←あくまでも個人的感想です真顔・・・)ラブラブ

 

美白効果よりも、美肌効果の方が実感あります。スマホの美肌アプリみたいな感じですねキラキラ

 

一応、これにてワンクール終了ということで、次回は2か月ほど間隔をあけることにしますが、効果はまだまだこれから~のはずグッ

 

それから、あまり気にしてなかった目元の小じわが浅くなりました。フィラーを入れるまでもない浅いシワです。元々小じわはあまり気にしてない私ですが、気が付いたら、あれ浅くなってるキョロキョロビックリマーク

 

近日中に、女性の薄毛に対しても効果検討スタートする予定です。(私は毛が多くて困ってるくらいなので、受けませんが。)また、良い結果がご報告できたらいいなと思います音譜

 

さて、フィラー道場の方で、ブログ限定キャンペーンお知らせアップしましたので是非チェックしてみてくださいねチョキルンルン

 

さて、本日のとむたん猫

お膝の上で、ゴロゴロ中。目つきワル~~~笑い泣きw。

寒くなると、このモフモフがちょうど良い温かさで。ネコカイロ猫ラブラブ

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)