パーソナル・ブランディング・コーチとして

活動している私ですが



実はまだ「ブランディング」を

メインにしたイベントを

開催していませんでした。。



そこで、

いちばん私らしく

「ブランディング」を

お伝えできる場を探したところ




やっぱり カフェ でしょう!!





ということで先週末、

初の試みとして

「セルフブランディングお茶会」

を開催しました。




コーチング@東京 自分らしさを自分ブランドに






















いろいろ小道具を準備していきましたよ~。







開催場所は東京・吉祥寺にある

カフェ「茶の愉」 さんです。





コーチング@東京 自分らしさを自分ブランドに


























外観はこんな感じ。






こちらには個室があり、

スペシャルな気分で

お茶会が始まりました。




この日は

7名の方々がいらっしゃいました。



コーチング@東京 自分らしさを自分ブランドに




















カラータイプカードを使って

今の気分を交えながら

自己紹介をした後は




無謀にもプレゼンシートを

みなさんに引いてもらって ・ ・ ・



コーチング@東京 自分らしさを自分ブランドに



























みなさんにプレゼンをしていただきました(!)




コーチング@東京 自分らしさを自分ブランドに




























コーチング@東京 自分らしさを自分ブランドに


























それがけっこう個性がでて

すばらしい体験だったのです。





・・・ちょっと緊張させちゃったかもしれませんが

    (みなさん、スミマセン!)




人それぞれ使う言葉、

メッセージの受け取り方、

喩えの使い方、

などが




全然ちがっていて

まさに十人十色

「自分らしさ」が出ていました。



コーチング@東京 自分らしさを自分ブランドに


























参加者のお声を紹介します☆




★会社員であっても、自分の軸を明確にしたり、

 やりたいことを人に伝える努力は必要だと改めて思いました。



★カラータイプカードを使った自己紹介が初めてでとても面白かったです。



★目の前、直前の仕事のヒントを得たくて来たのですが、

  「この先10年のこと」に対して、もやもやしていたことにも気づきました。



★まず、初めてお目にかかるヒロセさんのステキな魅力に感激しました。

 美が大好きで、外見内面、共に魅かれました。

 そして同じ空間を共にするご縁ある方々も澄んでいて心地よい空間でした。

 勇気を出すと得るものがありますね。



★小規模なコンサルティングの運営の難しさや運営していく上での工夫が勉強になりました。



★はじめのカードから、私の「今」を気づくことができました。



★みなさんが参加しようと思ったきっかけについても聞いてみたかったです。

 素敵なカフェでの交流ができて楽しかったです。



★とてもよい雰囲気で初めての方、場所なのにリラックスできました。





みなさま、ありがとうございました。

お一人おひとりがブランディングされた姿を

目に浮かべながら

ひとり ほくそ笑んでしまう私です^^




次に開催するまでに

いただいたお声を元に

さらにブラッシュアップ

していきたいと思います。



スタッフ&カメラマンとして

活躍してくれた

はせがわやよいさん にも

Special Thanksです!!




またやりたいなあ。






---------------------------------------

  racisa presents  パワーカフェのご案内

---------------------------------------


日時    2012年2月23日(木) 10:00-12:00【満席となりました】

       2012年3月18日(日) 10:00-12:00【満席となりました】               
場所    両日とも【南青山】 cafe OVE  
定員    各回5名

料金    1000円 

内容    自己紹介
       前回参加者のアクションプランご報告
       テーマについて話し合い
       プチアクションプラン宣言


3月のテーマ:「全脳思考」


神田昌典氏の著書『全脳思考』で
紹介されているワークを実際にやってみます。
1月に今年の目標を宣言し、
2月で不可能ともいえる夢を描いた次は
やはり、どう実現させるか?ですよね。
右脳も左脳も直感もフル動員して
夢への道筋をみつけましょう。


お申込   PCから ⇒ *****
       携帯から ⇒ *****






AD

コメント(2)