神戸のおしゃれカフェでコーチングが体験できるお茶会

<神戸パワーカフェ>を開きます!

 

 

 

<神戸パワーカフェ>とは

神戸ならではのおしゃれなカフェで

集まった方々との出会いを楽しむお茶会です。

 

その中でご希望があれば、お一人ずつ

あなたのお悩みについてのコーチングも体験していただけます。

 

コーチングはミニセッションで、カードを使ったり

ワークを織り交ぜたりして進めていきます。

 

 

 

 

 

今、心の中でモヤモヤして気にかかっていること、

ずっとやりたいと思っているのにやれていないことなど

 

せっかくのチャンスなので

自分らしい生き方・働き方に向けて

新たな一歩を踏み出すきっかけにしてみてはいかがですか。

 

 

 

こんなことにご興味のある方を募集します。

 

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ 

 

キャリア、起業について悩んでいる

・仕事でもプライベートでも、もっと自分らしさを発揮したいと思っている

セルフブランディングに興味がある

コーチングに興味がある

カードワークに興味がある

・おしゃれなカフェが大好き

前向きな人たちと出会いたい

モヤモヤした悩みをスッキリさせたい

 

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ 


 

普段なかなか相談しにくいことも

ここでは思い切って出していけるような、

そんなリラックス&オープンな場にしていきたいと思っています。

 

 

帰る頃には自分の行きたい方向にむけて

少しでもパワーがチャージされたり、

ワクワクした状態になって帰っていただけたら嬉しいな^^

 

 

 

 

 

 

ただお友達とおしゃべりするのとはひと味違う、

コーチング付きのお茶会

<神戸パワーカフェ>

日常の中にピリッと刺激を与えてみませんか?

 

 

 

 

image

 

 

゚・*:.。<神戸パワーカフェ>・*:.。.

 

【日 時】

2016年10月1日(土)14:00〜16:00

 

【場 所】

リアルダイニングカフェ(神戸ハーバーランド)

 

【料 金】

3,000円(ドリンク代別途)

 

【定 員】

5名

 

【内 容】

自己紹介

ティータイム

コーチングタイム

 

【お申し込み】

こちらのフォームよりお申し込みお願いします。

 

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ 

 

 

みなさまにお会いできるのを楽しみにしています♪

 

 

 

AD

「プレゼンス」という言葉は

一般的には「存在感」とか「影響力を与える存在」

という風に使われていますが

 

私たちコーチは「プレゼンス」というと

コーチとしてのあり方という広い意味で捉えています。

 

その中には

 

外見や服装、身だしなみ、雰囲気・・・

など、目で見て感じられるものと

 

態度や関係性の築き方、スタンス、コミュニケーション・・・

など、行動で表現されるものがあります。

 

どちらか一方だけできていてもダメで、

プロとして信頼していただけません。

 

プレゼンスは

放っておくと独りよがりになりがちです。

 

私も定期的に学んだり、磨きをかけたりして

自分のプレゼンスを見直しています。

 

昨日も外見についてのプレゼンスをどのようにしていけばいいか、

という勉強をしてきました。

 

自分らしい個性を表現するのも大切ですが

プロフェッショナルとして相手の期待に応えることや

相手へのリスペクトを表現する術も

さらりと身につけていたいものです。

 

 

 

 

↑久しぶりにファッションクリップをしてみました。

自分が「好き」と感じたファッションを

片っ端から切り取って貼っただけです^^

 

 

 

昨日のプレゼンスの勉強会で

初対面の人と第一印象だけで

お互いの似合いそうな色を言い合う

というワークをしたのですが

 

私は「紫」だと言われました。

 

自分ではまったく思ってもいなかった色なのでビックリ!

 

でも、その時の私から紫っぽいものが発せられていたのでしょうね。

素直に受け入れることにしました。

 

そして、この秋は素敵な紫の洋服も取り入れてみます!

 

 

 

そんな感じで、

人から見た私の印象と

自分が思う自分の印象をなるべく近づけていき

相手との関係をスムーズに築いていけるよう心がけています。

 

 

少し堅い感じで説明しちゃいましたが・・・

 

やっぱりファッションとか色とか

外見を良くしていくっていうテーマは楽しいっ!!

 

自分の中の

おしゃれゴコロ、

女子力を目覚めさせていきます♡

 

こんな話をコーチングセッション以外でも

みなさんとお話しできたらいいなあと思って

カフェでのお茶会を考えています。

 

神戸のおしゃれカフェで

自分のプレゼンス(ざっくりと「あり方」)について

語り合いませんか?

 

詳細が決まったらこちらのブログでお知らせしますね。

 

どうぞお楽しみに〜♪

 

 

AD

私のコーチングセッションではカードを使うことがあります。

ご本人ではなく、私が。

 

 

セッションの前に、その方の状況やコンディションを思い浮かべながら

カードをシャッフルします。

 

 

「今日のその方へのメッセージは?」

 

 

必ず必要なヒントが得られると信じて、3枚引きます。

 

 

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・

 

 

この日は、Tさんのセッション。

 

 

TさんはSMAPファンです。

 

 

騒動のせいできっといつもより感情の波が押し寄せていたり

生活リズムが崩れていると思われます。

 

そんな時期だから

コーチングで目指している目標への行動も、滞っているかも!?

 

 

案の定、セッションのほとんどの時間は騒動について

腹立たしく思っていることが出るわ出るわ。

 

ひと通り、吐き出した後

私は頃合いを見計らって

事前に引いたカードがどんなものだったのか

切り出しました。

 

 

引いた順番通りに開いていったのですが

 

カードは見事に今日のTさんのお話とオーバーラップするようなものでした。

 

カードに描かれたキーワードと色をお伝えし、

それについてどう思うか、聞いてみました。

 

 

1枚目:オレンジの「仲間意識」

 

 

 

⇒⇒ これはSMAPファンたち全体の動き、連帯感、情報と感情の共有などを象徴していると言っていました。

 

 

2枚目:グレーの「デリケート」

 

 

⇒⇒ まさに騒動があってからの怒り、悲しみ、モヤモヤしたなんとも言えない感情が漂っている様を表しているといいます。

 

 

そして、3枚目:ターコイズの「洗練」

 

 

 

⇒⇒  これを聞いたTさんは、一瞬「???」という感じでした。

 

 

けれども考えていくうちに、Tさんなりに

「洗練された行為」と

「洗練されてない行為」に

どんな違いがあるのかを語りだしました。

 

 

そして彼女から見たSMAPの「洗練された行為」が浮き彫りになり

大いに自分に穏やかさと落ち着きをもたらしてくれたと言います。

 

原点に立ち返らせてくれた、とも。

 

 

最後に、その話からの学びを自分の行動に落とし込み(←ココ、大事!)

無事に次へのアクションを決めることができました。

 

 

カードを使ったコーチングセッションは

海で溺れそうになっている人に

ロープを投げかけるようなものです。

 

まずはしがみついてもらう。

そしてそこから体を手繰り寄せて、最後に引き上げる。

 

というイメージです。

 

 

同じように、

ご本人は行き詰まった状況で必死にもがいているけれども

方向感覚を見失い

どうやって抜け出せばいいかわからなくなっています。

 

 

そこに特定のカードを提示し

インスピレーションを頼りに

思考の焦点を集め、

答えを引き出していきます。

 

 

一瞬「何のことだろう?」と思うような

意味不明なキーワードであればあるほど良いです^^

 

 

カードによる一本釣り。

今のあなたなら、どんなキーワードが

自分を引き上げてくれるでしょう?

 

 

 

 

AD

みなさんは「たられば」と聞くとどんな印象をお持ちですか?

 

「もし・・・していたら」

「もし・・・していれば」

 

の語尾の部分をつなぎ合わせた言葉です。

 

 

「あなた、もうたらればの話はやめたら。」

 

「こんな風にいうとたらればになっちゃうんだけど、

あの時○○していれば・・・」

 

 

などと、この言葉を使う人には

もう過ぎた過去のことを後悔している場面が浮かんできますよね。

 


そんな後ろ向きな言葉は

なるべく使わないようにしようと思うかもしれません。

 

 

けれどちょっと待った!

 

 

この「たられば」のすごく効果のでる使い方があるのです!

 

 

過去のに目を向けるのではなく

180度目先を変え、

未来に向けて使うととってもいい感じになります♪

 

 

 

 

 

例えば・・・

 

 

「もしも、あなたの行動を止めているものが小さくなっていく魔法のやり方があるとしたら?」

 

 

「もし奇跡が起きて何もかもうまくいくとしたら、何から手をつけますか?」

 

 

「もしもこの問題を打開できる、たった一つの方法があるとしたら?」

 

 

 

いかがですか?

 

これらの質問を聞くと、行きたい未来に自分を釣り上げてくれるような気がしませんか。

それと同時に今まで悩んでいたことがスーッと消えてなくなるような、不思議な感覚が生まれます。

 

 

こんな「たられば」だったら建設的だし、思ってもみなかった可能性が開けてくるので、使わない手はない!

 

 

過去のことを後悔しそうになったら、

ぜひこの未来バージョンの「たられば」を試してみてください♪

 

 

 

「あの人は何を考えているのか分からない。」(だから嫌い)

 

「ピカソの絵は分からない。」(分からない私って、恥ずかしい)

 

 

 

 

私たちは「分からない」ことへのネガティブ感情がすごくありますよね。

 

特に日本人は、

小さい頃から学校で ○ か × かで育ってきただけあって

正解を求めたがります。

 

 

分からない = 不正解

 

 

怒られる

 

 

分からないことってダメなことなんだ、と思う

 

 

そろそろその発想から解き放たれませんか?

 

 

どうせ世の中の 99.99% は、分からないもので構成されているんだから

分からないもの、理解できないものに出会ったら

毛嫌いしたり、非難したり、自分を卑下したりするんじゃなくて

 

 

「ピカソの絵を見て好き・嫌い?」

 

と、「感覚」を味わってみるとか

 

 

「あの人はどうしてそうしたのだろう?」

 

と、そもそもの「背景」や「事情」を探ってみるとか

 

 

ポジティブな反応に切り替えてみてはいかがでしょう。

 

 

———————————————

 

昨日の『しくじり先生』(テレビ朝日)では

オリラジのあっちゃんがピカソに関する授業をしていました。

 

その中で

 

「全ての芸術は、

わかるかわからないかで見るのではなく

好きか嫌いかで感じるものです」

 

という話がありました。

 

そして、同じ作品を観ても

隣の人は好きだといい、自分は嫌いだと思う。

 

その好みの「違い」を楽しめばいい、

 

とも。

 

———————————————

 

 

そう、そう、そうなんです!

 

お互いの「違い」を楽しめたらしめたものです。

 

 

自分とは違う人のことを認めることができたら

 

人も自分のことを認めてくれるようになります。

 

 

違うから、わからないから、

と言って恨んだり、切り捨てるのはもったいない。

 

 

そして、世の中のわからないことに対して

ほんのちょっと違う角度から眺めてみることをお勧めします。

 

 

やたら怒る人も

いじめをする子も

アルコール中毒者も

モンスターペアレントも

紛争を起こす国も

 

 

みんなみんな、私たちの知らないところで

そうする事情や背景があるはずです。

 

 

それがきっと、あなたとは

 

「違った」経験、

「違った」立場、

「違った」事情、

 

からくるものだと

気づくことがあるかもしれません。

 

 

そういった「違い」を認められる余裕が持てるといいですよね。

 

 

今日から「わからない」に出会ったら

 

喜んでみませんか。

 

 

「やったぁ。また一つ、違いを発見したー!」

 

 

ってね。