なんとなく自然と触れ合いたくなって

海へ、山へと出かけていっています。

 

 

桜の花も散り、春の暖かい風が新緑の木々を揺らします。

刻一刻と変化する自然。

 

 

桜が散ったから面白くないとか、

風がキツイからダメだとか、

 

 

人間は自分の都合のいいように、自然に対して

好き嫌いとか善し悪しを語るけど

 

 

桜の木の身になったら

別に花を咲かせたときだけがすごいんじゃなくて

 

 

散ったときも

葉っぱを芽吹かせてるときも

落ち葉ののときも

枯れ木のときも

 

まったく変わらず粛々と

命の営みを続けている

だけなんですよね。

 

 

 

 

今日の風景は、昨日の風景とも明日の風景とも違う。

 

今、起こっていることを

全部ニュートラルに受け止める。

 

今だけしか味わえない空気を、口いっぱいに吸い込んで味わってみる。

 

 

すぅぅぅーーーっ

 

 

はぁぁぁぁーーっ

 

 

 

ホーーッ  ホケキョ映像作品集2 

 

・・・ウグイスも一緒に深呼吸してくれています(笑)

 

 

°❀ ◕ 。。◕ °° ◕ 。 ❀ 。°◕ 。

 

 

自然を味方につける。

 

そのためには

 

移ろいも、変化も、生きる営みも、美も、醜も、

 

それがそのものの姿であるなら、

 

ありのまま受け止めよう。

 

 

 

楽しいことも、嬉しいことも、

 

反対に

 

怖いことも、避けたいと思うことも、

 

 

それが存在しているのは必然なんだよ。

 

 

・・・って、自然が教えてくれている気がします。

 

 

 

だから、片方だけ良くて

片方は忌み嫌う、ではなくて

 

 

どっちの存在も受け入れる。

 

 

そこに存在するのには、きっと意味があるから。

 


 

すべてを一旦受け止めた上で

 

 

どれを選び取っていくかは自分。

 

自己責任。

 

 

自分ではコントロールできないことを

いつまでも追いかけようっていう執着は手放す。

 

 

今、このときに、

何を選び取っていけば

私はHAPPYになれるだろう?

大切な人がHAPPYになれるだろう?

 

 

一瞬一瞬、そんな風に生き方を選べる人を

私はとても美しいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

AD

今日のカード☆

 

 

【Self-pity】自己憐憫。

「自分はなんてかわいそうなんだろう」と思いながら、悲劇のヒロインに浸ること。

 

 

✤ ✥ ✣ ✤

 

 

このカードから気づいたことは

少なからず、私もそういう部分があったということ。

 

誰かのせいにしたり、自分ではどうしようもなかったと

努力をしなかったことを正当化しようとしていたところ、あったかも・・

 

 

 

そう考えちゃうことって誰でもありますよね。

だって人間だもの。(みつを風)

 

 

 

でも、それに気づいたときに、

ちゃんと方向修正できるかどうかが分かれ道。

 

 

悲劇のヒロインでいると

もしかしたらどこかのイケメンが頭ポンポンしてくれて、

うわ~あ・・・♡

となることだってある。。。かも?

 

でも現実はそんなイケメンなんて、二次元の世界にしかいませんよね。

 

 

 

だったら考え方をくるっとひっくり返して前向きに歩き出す方がカンタンです。

 

 

今日、コーチの方とお話をしていて

ハッと気づかされたことがあります。

 

 

「私たちの持っている時間。時間だけは有限なんですよね。」

 

 

そうそう!

 

私たちの持っている資源の中で、時間だけは限られている。

それは、命がなくなれば失われるから。

 

 

つまり、時間=命

なんですよね。

 

 

私たちは一日一日、同じような毎日を過ごしているように感じますが

別に昨日と同じように過ごさなくてはいけないことはありません。

今この瞬間、次の一秒をどう過ごすか選ぶことができます。

その一秒一秒が重なって、10年後、20年後に違いをもたらします。

 

 

過去を思って自己憐憫に浸って動けなくなるより

一秒先でもいいから未来に希望を持って

人生の舵取りをしていきたい。

 

 

選ぶ道は何百通りもあります!

 

 

自分がちょっとでも気持ちがいいと思える道を選び取っていきたいな。

 

 

 

 

 

AD

ここ最近、いろいろな方面からいただいたメッセージに

 

「過去にばかり囚われないで、

未来どうなりたいかにフォーカスしよう」

 

というものがありました。

 

 

本当にそうです!

 

 

私は今までやっていたことが上手くいかなくなった時、

ついつい上手くいかなくなった原因を気にしたり、

過去にやらかした失敗を、

いつまでも気にしていた時期がありました。(てへへ...)

 

 

もちろん原因を追求して改善して

どんどん動いていけるのならまだしも、

 

 

ただうじうじ悩んだり、

立ち止まっては自分を責めたりしてばかり。

 

 

精神衛生上よくないどころか、

成果も出ないわ、

周りの人に暗いオーラを撒き散らすわ、

体調が崩れるわで

いいことなんて、ぜーんぜんありませんでした…(>_<)

 

 

そこで、学んだのは

視点を過去から未来へシフトすること。

 

 

「フィードフォワード」って聞いたことありますか?

 

 

反対語は「フィードバック」。

つまり過去に自分が行ったことの結果を

第三者に伝えてもらうことです。

 

 

フィードバックは良かったことも、悪かったことも含まれるので

下手をすれば、反省点や問題点を指摘されて、凹んでしまう恐れがあります。

 

 

そうなったら次は「フィードフォワード」!!!

 

 

フォードフォワードは、

将来実践できるアイデアをもらうことです。

 

 

「もっとこうなりたいと思うんですけど

どうすればそうなれるか、

アドバイスをいただけますか?」

 

 

といった具合に、誰かに自分の目標を伝えてアドバイスを求めます。

 

 

いただいたアドバイスは必ずしも全部実行しなきゃいけないことはありません。

「全部やんなきゃ」と思うと義務感を感じてしまい、ストレスになりますもんね。

 

 

ただ、相手にお礼を言って受け取るだけでいいのです。

 

 

 

フィードバックは過去に目を向けた行為。

フィードフォワードは未来志向です。

 

 

未来に意識がいくことで

心のあり方が変わってきます。

 

 

「これまでどうだったか」より

「これからどうしたいか」への熱が高まってきます。

 

 

ちなみにフィードフォワードしてくれた相手との

人間関係まで良くなっていきますよ!

 

 

フィードバックが健全に行われれば、すごく役に立つのと同じくらい

フィードフォワードも役に立ちます。

 

 

腹筋をしたら背筋も鍛えなきゃバランスが取れないっていうのと

似た理屈かもしれません(笑)・・・違うかな!?

 

 

「以前は上手くいってたんだから、このままでなんとかなるはず。」

「自分一人でなんとかしよう。」

「自分が正しい。」

「人にアドバイスもらうなんて負けを認めたようなもんだ。」

 

 

・・・とか、変な意地を張る前に、

「フィードフォワード」をぜひ試してみてください。

 

 

現状を打開し、前へ向かうきっかけになるかもしれませんよ。

 

 

 

AD