民主党・小沢一郎幹事長(67)の資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる収支報告書虚偽記入事件で、東京第5検察審査会は27日、小沢氏を「起訴相当」と議決した。不起訴から一転、再び検察の捜査対象となった「剛腕」は「淡々と職務をこなしていく」と幹事長続投を明言したが、既に党内外で辞任論が再浮上している。鳩山政権の支持率や今夏の参院選に大きな影響を与えるのは必至だ。

 審査員11人全員一致で「起訴相当」と議決した検察審査会は、小沢氏を「絶対的権力者」と称し「小沢氏の話はきわめて不合理、不自然で信用できない」「元秘書らとの共犯関係の成立が強く推認される」と批判。「起訴し、公開の場で真実の事実関係と責任の所在を明らかにすべき。これこそが善良な市民としての感覚だ」と言及した。

 小沢氏に対して嫌疑不十分で不起訴としていた東京地検特捜部は、審査会の議決を受け、再捜査に乗り出し再び不起訴とするか原則3か月以内に処分を出さなかった場合は、審査会が自動的に再審査する。ここで再び8人以上の多数決で「起訴議決」をすれば、東京地裁指定の弁護士が小沢氏を強制起訴し、公判も担当することになる。

 自ら陣頭指揮を執る参院選を控える時期に窮地に陥った小沢氏。夜の会見で「何もやましいことはないので、与えられた職務を淡々と全力でこなしていく」とウンウンうなずきながら続投を宣言した。進退を問われると「皆さんも正確に報道してもらえると大変ありがたい」とけむにまいて薄ら笑いを浮かべた。

 強気の姿勢を貫く権力者を尻目に、党内の反・小沢勢力からは幹事長辞任を求める声のオンパレード。長年の盟友ながら距離を置く渡部恒三元衆院副議長(77)は「民の声(議決)は天の声。自浄能力として、鳩山君が決断することだ」として、鳩山由紀夫首相(63)に幹事長の解任を要求。小沢氏批判で解任騒動が起きた生方幸夫副幹事長(62)は「幹事長を辞任した上で無罪を主張してほしい」とピシャリ。「ミスター事業仕分け」こと枝野幸男行政刷新相(45)は「私を含めて何人かが、数日内にいろんな動きをすることになる」と、意味深発言をぶち上げた。

 一方、鳩山首相は「コメントは差し控えねばならない」と語るにとどまった。「ノーコメントは逃げでは?」と問われると「逃げる気持ちはない」と反論しながらも「辞任を求めないのか」との質問には無言だった。

 支持率低下の一途をたどる鳩山内閣にとって、小沢氏が君臨し続けるのは大きなイメージダウンになるが、かといって小沢氏抜きで選挙を戦えるのか…。民主党の“揺れ”は激しくなる一方だ。

 【関連記事】
小沢氏は「起訴相当」と議決…収支報告書虚偽記入事件
小沢氏、検察審査会の議決に「冷静に判断を」
小沢氏、2500人集めて両親の“大法要”
小沢氏、支持率「関係ない。当たったことねぇもん」

ファミマにレインコート強盗11万円奪う 兵庫・姫路(産経新聞)
小沢氏起訴相当 再捜査、検察に壁 聴取に時間、新証拠難しく(産経新聞)
防衛省職員が万引き容疑、手芸専門店で14点(読売新聞)
【GW】首都高が渋滞予想を公開(レスポンス)
6月13日にはやぶさ帰還=豪州砂漠でカプセル回収-宇宙機構(時事通信)
AD