鳩山由紀夫首相は28日夜、首相官邸で記者会見し、米軍普天間飛行場移設への対処方針決定について「思い描いていた抜本的な負担軽減に比べれば、最初の小さな一歩、半歩にすぎない」と述べた。また、首相は「この一歩を一つの出発点として基地問題解決に取り組み続けることが使命だ。今後も命懸けで取り組む」と続投の決意を示した。
 移設先に関しては、「沖縄県民の理解を得られなかった。福島瑞穂消費者・少子化担当相を罷免せざるを得ない事態で閣議決定に至り、誠に申し訳ない」と陳謝した。 

【関連ニュース】
【特集】世界の航空母艦~米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで~
【特集】沖縄と米国海兵隊~ペリーと黒船でやって来た海兵隊~
【特集】迷走!普天間移設~鳩山首相、「県外」守れず陳謝~
【特集】米国海兵隊兵器総覧~沖縄に配備されているのは?~
【特集】「陸山会」土地購入事件~小沢氏、再び不起訴=検察審が再審査へ~

日米合意に「辺野古」明記=普天間移設、28日正式発表(時事通信)
初期の休校が流行抑えた―新型インフルでWHO担当者(医療介護CBニュース)
野党4党、きょう横路議長不信任案提出(産経新聞)
「牛の角突き」感染防止で中止に…新潟・小千谷(読売新聞)
アユ 多摩川産「江戸の味」復活 川崎(毎日新聞)
AD