インターネットを利用した選挙運動の解禁を検討している与野党の実務者協議会(座長・桜井充民主党参院政審会長)は21日午前、国会内で会合を開き、調整が残っていた衆院選比例代表単独候補について、解禁の対象に含むことで一致した。これで、選挙期間中のホームページ(HP)、ブログの更新解禁を柱とする公職選挙法改正案(ネット選挙解禁法案)の内容が固まった。今夏の参院選から適用する。与野党は26日の会合で最終合意する見通しだ。

 衆院選比例代表単独候補は、公選法の規定により選挙活動用の文書配布はできない。選挙活動でのHP更新などがこの規定に抵触する恐れがあった。

 しかし、参院法制局などとの検討の結果、衆院比例代表単独候補が自身のHPなどを更新しても「政党の選挙活動」の一環と位置づけることで、法律違反とみなさないことで決着した。

【関連記事】
ネット選挙解禁に難問浮上 21日に最終判断
自民党、青木氏長男を公認
都道府県初の女性議長誕生 福岡、父も副議長務めた田中秀子氏
ネット選挙運動 なぜツイッターはダメなの?
AKB48総選挙で“選対”立ち上げ有名人パパ作戦とは
中国が優等生路線に?

<公明党>低所得者向け住宅政策…空き家100万戸を活用(毎日新聞)
犯罪被害者の講演、全国で=都道府県警に拡大指示―中高生に命の大切さ・警察庁(時事通信)
スキンケアで防ぎきれない ニキビはれっきとした病気(J-CASTニュース)
<強盗>スタンガン使い8万円奪う 名古屋・まんが喫茶店(毎日新聞)
口蹄疫 いたる所に石灰散布…最大の感染地・川南町ルポ(毎日新聞)
AD