日本政府は26日、ミャンマー軍事政権が今年中に予定する総選挙で自宅軟禁中の民主化指導者アウン・サン・スー・チーさんを禁固刑受刑者と同様の扱いで立候補資格を与えない選挙法を立法したことを確認、岡田克也外相は同日、駐日ミャンマー大使を外務省に呼んで遺憾の意を表明した。岡田外相は「こうした選挙は国際社会で認められない」と伝え、軍事政権に選挙に関しての再考を求めた。

 日本は日・ミャンマー首脳会談などで開かれた選挙など民主化に見合う大型経済支援を表明しているが、岡田氏はこの日の記者会見で、「今の状況ではそうはならない、と大使に申し上げた」と経済支援の見合わせを明言した。

【関連記事】
ミャンマー野党NLDの落日
「医療」だけでない米政権の難問
NLDの総選挙参加に反対 スー・チーさんが表明 ボイコット強まる
【国際情勢分析】ミャンマー軍政 差し伸べた手につば
ミャンマー、「人道への罪」に当たる可能性も 国連の特別報告者

「普天間、閉鎖せず」 返還後も有事に活用(産経新聞)
交通死1000人超す=昨年と同じ日に-警察庁(時事通信)
郵政改革案への異論に亀井氏「首相了承済み」(読売新聞)
“幻の大豆”宇宙ステーションへ(産経新聞)
「ヤミ専従」強い政治色…第三者委が指摘(読売新聞)
AD