茨城県稲敷市の工事現場で男性の遺体が発見された事件で、県警捜査1課などは25日、死体遺棄容疑で同市駒塚、無職宮本竜也容疑者(21)と、同市伊佐津、とび職岩崎大希容疑者(24)を逮捕した。2人は容疑は否認しているが、「暴行により死んでしまった」という趣旨の供述をしているという。
 逮捕容疑は22日午後9時ごろ、飯嶋翔太容疑者(20)=同容疑で逮捕=と共謀し、稲敷市の工事現場敷地内に穴を掘り、男性の遺体を埋めて遺棄した疑い。
 同課などによると、宮本容疑者らは男性の遺体を遺棄するよう飯嶋容疑者に指示し、同容疑者が1人で工事現場に遺棄したとみられる。
 男性は龍ケ崎市に住む溶接工の少年(18)とみられ、宮本容疑者は3年前、女性をめぐって少年とトラブルになっていた。少年は21日夕に電話で呼び出された後、行方が分からなくなり、少年の父親(48)が22日夜、県警に相談した。同課などは遺体の身元確認を急ぐ。 

【関連ニュース】
【特集】逃走2年 英国人女性死体遺棄~事件の経過を振り返る~
工事現場に男性遺体=遺棄容疑で20歳男逮捕
特別支援学校教諭ら逮捕=中1男子を買春容疑
「性教育の一環」と親から承諾書=女児暴行容疑の米国人男
同僚殺人、3人に懲役19~10年=裁判員ら「間に休日を」

84歳女性殺される=窒息死か、自宅で発見-兵庫(時事通信)
首相官邸の「KYカップル」? (時事通信)
薬害C型肝炎訴訟 カルテなし原告和解 仙台地裁(河北新報)
小規模施設の防火対策検討会が報告書―消防庁(医療介護CBニュース)
<商店街火災>「中島廉売」で全盲写真家がイベント 函館(毎日新聞)
AD