気象庁は25日、関東地方で春一番が吹いたと発表した。昨年より12日遅かった。
 春一番は立春から春分までの間に吹く強い南風。この日は沿海州にある低気圧が発達しながら東北東へ進んだため、南からの風が強まり、気温が上昇した。東京では午後4時54分に最大瞬間風速14.4メートルを記録した。
 また、福岡管区気象台も同日、山口・九州北部地方で春一番が吹いたと発表した。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕ウェザーフォト・気象の写真
春は全国的に気温高め=北日本は冷夏か
エルニーニョ、春から夏に終息へ=冬の気候、影響弱く
1月前半寒く、後半温暖=降雪量少ない
春の訪れ、早めか=気象庁3カ月予報

<職場の受動喫煙>「状況みて議論」長妻厚労相(毎日新聞)
<民主党>「七奉行」長崎知事選敗北で発言(毎日新聞)
「日本医学健康管理評価協議会」を設立-日医など10団体(医療介護CBニュース)
拡張型心筋症 沙也さんの募金が目標額達成 心臓移植へ(毎日新聞)
ゴールドディスク大賞に嵐(時事通信)
AD