ライオンが昨年12月、全国の20~50代の女性計516人を対象に歯のケアに対する意識調査を実施した。

 それによると、歯以外も含めて他人の外見で最も気になる個所(複数回答)のトップは、食べ物が詰まっているなどの「歯の汚れ」(95・3%)。次いで、「肌の荒れ」(91・3%)、「歯のくすみ・黄ばみ」(90・3)-の順。「(寝ぐせなどの)髪の乱れ」(89・5%)や「洋服のセンス」(89・1%)以上に他人の歯の状態が気になるようだ。

 一方、「自分の歯に対して他人の視線が気になるか」については、44・6%が「気になったことはない」と回答。他人の歯は気にしても自分の歯が見られているという意識がない人は少なくない。

 また、(自分が)美容意識が「高いと思う人」(338人)と「高いと思わない人」(178人)の歯磨きの平均時間は高い人は朝が3分33秒、夜が5分5秒。高くない人は朝が3分19秒、夜が4分40秒。美容意識と歯磨き時間の長さは比例する結果となった。

【関連記事】
インプラント治療で使い回しか 愛知・豊橋の歯科クリニック
加齢臭対策商品が続々 日用品メーカー
あごのズレ 無意識に歯を食いしばりすぎて様々な症状が
ライオン、東南ア拡大戦略 タイで口中ケア製品生産倍増
パナソニック、携帯用の電動歯ブラシ来春発売 女性向け

触った女性は警察官 痴漢の現行犯で会社員逮捕(産経新聞)
羽曳野の射殺事件 全職員の銃剣所持状況を調査(産経新聞)
酒気帯びで自衛官を逮捕=逃走中、車2台に追突-徳島県警(時事通信)
広がる「同姓同名」ネットワーク 偉人を自分とだぶらせ・・・別の人生疑似体験(産経新聞)
無償化…私立高、逆に競争率上昇 関西3府県で入試始まる(産経新聞)
AD