1 | 2 次ページ >> ▼ /
2006-01-19 15:26:11

恢復

テーマ:日記

今日薬局を出ようとした時に自動扉が開いてくれなかった。わけわかんない、全く。


5時頃シャワーを浴びてみたが、途中に眩暈がして死ぬかと思った。最近そう思うことが大変多いのだ。


それから三日振りに外出してみた。風邪を引いてしまってから味蕾が麻痺しているような感じで、食欲がまるでなくなってしまった。そういうわけで近くの松屋に行くことにした。この間あそこの海鮮チゲという商品を食べてみた時、辛くて食べられなかった。僕は辛いものを食べると物をどんどん食べたくなる質なので、ひょっとしてと思って6時に寮を出た。


海鮮チゲは殆ど食べなかったが昼になるとこの三日間始めて何かを食べたいという気持ちになった。コンビニでいろんな物を買い、部屋でそれを食べてから久し振りに本を読んだ。集中できなくて頭痛もあって、暫くの間本が読めなくなってしまったが、今日やっと「羊をめぐる冒険」の続きを読んだ。


ろくなものを食べさえすれば近いうちに回復するだろう。いい本さえ読めれば風邪を引いていても惜しくない。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2006-01-18 03:37:43

微熱

テーマ:日記

この間の大雨でびしょ濡れになったせいか、それから19時間続いてパソコンの前で座っていたせいか、昨日熱を出してしまった。こんなに具合が悪くなったのは久々だ。頭痛、吐き気、筋肉痛、止まらない咳。でも何より苦しいのは、それを誰かに訴えることができないことだ。何故なら、それは聞いてくれる相手はいないからだ。そういうわけで、僕は一日中ベッドの上で横になって、頭が破裂しそうになりながら姿勢を途切れなく変えて見続けた。


食欲はまるでない。夕飯を食べに寮の食堂に行ってみたが、トレイをもらってからそれをテーブルの上において腕枕をついてうつぶせになった。すると寮長が来てどうしたと聞いてくれた。大丈夫ですと僕は言い張ったが、結局は熱を計って薬をもらった。


体温計は37.5と表示した。「微熱だな」と寮長は言ったが、それって見解の相違だと思わない?彼によれば「微熱」かもしれないが、こっちが死にそうだぞ。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2006-01-16 02:25:27

That's Not Me

テーマ:日記

問1. 朝起きてはじめにすることは?

目覚まし時計代わりに使っている携帯のアラームを止めて、1時間後にセットする。


問2. これだけは欠かせない、日常的なことは?

走ること。落ち込むこと。


問3. 好きな食べ物3つ

チーズ、お肉、レーズン


問4. 嫌いな食べ物3つ

多分ないと思う。


問5. 踏まれたくない地雷

当然だろうけど、あまり言いたくない。でもそれではつまらないから、とにかく三つのキーワードを挙げます。

渋谷、60万円、破り捨てた手紙。


問6. 最近一週間で嬉しかったこと

多分色々あったけど思い出せない。「ノルウエイの森」と「羊をめぐる冒険」が面白くてよく笑わせてくれた。沢山のいい音楽に出逢ったこと。


問7. 最近一週間で悲しかったこと

豪雨の中で自転車に乗っていて、びしょ濡れになって、電車に乗って周りの乗客にじろじろ見られて寒くて死ぬかと思った。 


問8. 今使ってるシャンプー、リンス

pantene pro-v。


問9. お風呂で初めに洗うのは?

髪の毛。


問10. 恋愛とは?

見当もつかない。僕には理解できないこと。


問11. 恋愛は手のひらで転がす方?

わからない。


問12. あなたの長所

よく分からないけど、「オマエの話を聞いていると、自分の人生がそれほど悪くないなと思えてくる」とこの間友達が言ってくれた。他人をそう思わせることもある類の長所だと言えるだろうね。


問13. あなたの短所

何かをやる前に十分考えないところ。好き勝手なところ。衝動的なところ。


問14. 動物に例えると?

犬と雛に例えられたことがある。


問15. 弱点は?

淋しさ。


問16. 寝る前にすることは?

ベッドの上に散らばっている物を床と机と椅子の上に移すこと。


問17. リラックス・ストレス解消法は?

友達に電話をすること。走ること。 


問18. 大好きな映画3つ

いま会いにゆきます、誰も知らない、笑いの大学


問19. 大好きな季節

夏。


問20. お気に入りの香水

あまり使わないけど、何ヶ月前にcalvin kleinのやつを買っておいた。気に入りの香水はと言えばそれしか思いつかないね。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2006-01-11 04:46:21

柿色の数珠

テーマ:日記

9.18 墓地、其の二


琵琶湖の湖岸を沿って、京都へと漕ぎ出した。時刻は11時ごろだったと思う。空が蒼然と広がっていて、風が強かった。湖の水面が粗くて、感じとしてはiPodでかけていたグリーン・デイの「Boulevard of Broken Dreams」によく似合っていた。どんどん興奮し始め、数ヶ月にわたって溜まってきたストレスを一気に発散してしまうように全力疾走で自転車を走らせた。最初のところが丘が点在していて、風に圧迫されながらも立ちながら足でペダルを押し続けた。風の抵抗を最小にするべく身を屈ませ、ママチャリには随分珍しい身構えで走っていった。初めは逆の方向にサイクリングしている人達とよく擦れ違ったが、暫く走ると道が湖岸と段々に離れ、1時間も走っていないうちに湖と畑やら農家を隔てていたところに走っていた。周りの光景が湖岸の優しい緑と著しく異なり、視線をどの方向に移しても褐色の枯れた田畑と遥か彼方に峨々と聳え立っていた山ばかりだった。太陽の陽射しが烈しく、サイクリングコースとは思えないくらいざらざらとした風景で、砂漠を連想させた。道に迷ったのではと思い、右に折れて湖岸を沿った狭い道を見つけてからまた左に折れた。左手に古びた小汚い家が並んでいて、右手には雑草が生い茂っていて、その中に落ちていたポイ捨てされたゴミが所々姿を見せていた。そして相も変わらずその向こうに澄み渡った大空の下に琵琶湖が目の前に限りなく広がった。同じ数々の田畑越しに以前に走っていた道路が見えた。イヤホンから流れている曲がいつの間にB’zに変わり、京都への自転車の旅がどことなく落ち着いた感じとなった。


あの田舎の裏道はとても綺麗だった。10分走ったら松林が琵琶湖との間に茂っていたところに着いた。時折道端に茅みたいなものを燃やしていた、背筋の酷く歪んだ老婆を見かけたり、酷暑に耐えながらジョギングをしていた中年男性の二人組を追い越したりした。そして暫くそう走っていると、延々と続いていた松林が唐突と絶え、墓地が見えてきた。そのような墓地は見たことがなかった。穏やかで洗練された感じだった。東京で見た墓地はどれも墓がぎっしりと詰まっていて、見るだけで息苦しくなってしまったのだ。田舎に住んでいた頃でも墓と墓との狭い間を潜り抜けるのが困難で、お墓の整理も怠られて薄汚かった。でもこの墓地はきちんと手が届いているらしくて、洗練された感じだった。入り口のところがちょっとした坂になっていて、墓地が道路の地面より高かった。中に砂利と砂が敷いてあり、入念に整頓された柴が点々植えつけられていた。お墓が磨かれていて太陽の光を浴びて白く光っていた。その後ろに巨大な仏像が設けていて、お墓を見守っているように見えた。穏やかな雰囲気の背景に湖が広々と横たわり、波の音が微かに聞こえた。松林を吹き抜ける風が漕ぎ始めた時に迫ってきたのと別のもののように変わっていて、汗を滲んでいた肌を優しく撫でていた。安らかに眠るという文句には以前多少違和感を抱いていたが、なるほどこういうことかと言わんばかりに仏像を眺めた。こんなところなら確かにぐっすり眠れるだろう、永遠に。カメラを鞄から取り出し、何度もシャッターを押した。いくら写真を撮っても足りない気分だった。帰ってからもそう思った。

いいね!した人  |  リブログ(0)
2006-01-10 00:13:29

I’ll Cry Instead

テーマ:日記

I don’t do this very often, so it gets difficult to find the words I’m looking for from time to time.


I’ve been talking with friends for the past few days, and it got me to thinking. Old gears started moving, gears that hadn’t been moved for years. I’d had the opportunity to speak with guys from “the good old days” on the phone before, but this past weekend was much longer than what I usually get charged for on my DoCoMo bill.


I wrote the other day I was heading out in a new direction, but truth be told I still hadn’t packed my bags.


When I was young I wanted to be a Japanese person.

“アメリカ人になることは誰にでもできるが、僕は日本になれはしない,”

and I’m not talking about green cards and passports.


Anyway, I’m done. I enjoyed the literature and some of the movies, the food wasn’t bad, and some of the friends I made were pretty alright. I’ll continue to study what I need to do the things I want to do, and try to enjoy the time I have here. But I’ve come to terms with the fact that this is something I do, not what I am.


Two roads diverged in a wood, and I―I’m going on instinct. Keep track of directions and learn why things float and listen to The Beatles.

いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。