鳩山由紀夫首相は27日夜、米軍米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)移設問題の政府の対処方針に関し、社民党が閣議での署名を拒否していることについて「3党連立の中でご理解をいただけるよう最大限の努力をしたい」と強調した。首相官邸で記者団の質問に答えた。

 社民党党首の福島瑞穂消費者・少子化担当相が署名を拒否した場合に罷免する可能性について「まだ、そのようなことは一切考えていない」と述べた。28日に発表する日米共同声明に明記する移設先を、政府方針で触れない方向となったことに関しては「共同声明と考え方は1つだ。それに基づいて閣議で結論を出す。矛盾はない」と語った。

【関連記事】
首相、福島氏罷免「まだ一切考えていない」
署名拒否なら首相発言も 官房長官が日米合意の修正は否定
福島氏「辺野古、県内に明確に反対」 社民が最終局面で対応協議
一触即発…深まる溝 ボルテージ上げる福島氏
究極の二枚舌 鳩山政権の無責任体質を象徴

<リフォーム詐欺>「認知症」狙い営業、理解不能なら再訪問(毎日新聞)
中村真衣さん、「中村米」収益一部を地元に寄付(読売新聞)
司令塔不在で迷走=辺野古回帰の舞台裏―普天間移設☆2(時事通信)
西・東日本は大雨警戒を=低気圧、日本海へ―気象庁(時事通信)
「大阪維新の会」参加期限は6月中下旬(読売新聞)
AD