女性の部屋に侵入し、現金を盗んで乱暴するなどしたとして4事件で強盗強姦(ごうかん)や同未遂などの罪に問われた住所不定、無職、新谷大和被告(35)の裁判員裁判の初公判が11日、横浜地裁(朝山芳史裁判長)で開かれ、検察側は冒頭陳述で、新谷被告が被害女性の写真を撮影し、「裁判員制度になったから、みんなが写真を見る」などと脅して口止めしたと指摘した。

 検察側冒頭陳述によると、新谷被告は昨年8月21日に横浜市の女性宅に侵入して女性に乱暴しようとした事件で、わいせつ行為をデジタルカメラで撮影。「おれが捕まったら、裁判員制度でみんなが写真を見るぞ」などと警察に届け出ないよう脅した。また、ほか3事件でも同様に撮影していたと指摘した。

 検察側はデジタルカメラの画像ではなく、内容を文書化して証拠提出。わいせつ行為の内容については法廷で読み上げず、裁判員らが黙読する形をとった。

 起訴状によると新谷被告は昨年7~8月、横浜市内の女性宅4軒に侵入し、現金計約2万3千円を奪い、女性に乱暴するなどした。

ひこにゃん“年収”2400万円(産経新聞)
器物損壊 鳩山一郎元首相墓に黄色塗料 谷中霊園(毎日新聞)
普天間問題 首相発言詳報(産経新聞)
<普天間>「5月超えても交渉」 枝野氏、首相の責任を否定(毎日新聞)
国際バラ展 個性豊かな庭も 西武ドームで12日開幕(毎日新聞)
AD