林修オフィシャルブログ「いつやるか?今でしょ日記」Powered by Ameba

こんにちは。東進ハイスクールの現代文講師、林 修です。日々に思い、少し考えたことをぼちぼち発信していきます。

NEW !
テーマ:

 前回の記事が(ごく一部の方にたいへん)好評だったので、再び競馬の話を書きます。わからない方はスルーしてください。

 競馬をやっていると、心にかなり強い衝撃を与えることは珍しくありません。競馬をやらない方にとっては、とても不思議な話でしょうし、何でやるのと言われるのもよくわかります。ただ、長く競馬をやっていると、そういう「衝撃」は案外一過性で、そう長くも続かないということも知っています。

 


   僕も25年以上も競馬に嗜んできましたから、そりゃあいろいろありましたよ。WINSに通っていたころは、とにかくやらかしたのがマークミス。模試や試験で一度もマークミスをしたことがなかったのに、こと競馬になると頻繁にやらかしたのは不思議です。いや、不思議ではないのかもしれません。




 本当に力と余裕のある受験生はマークミスをしません。僕が競馬になるとマークミスをしたのは、結局ギリギリで、冷静さを欠いたままに買っていたからでしょう。(ということは、受験では、という詮索はおやめいただけると幸いです。笑)




 レース間違い、馬番間違い等々。あらゆるミスをやってきたでしょうね。そうなると、本当なら「来い!」という思いで見るはずだった馬を「来るな、絶対来るな!!」という思いで見るようになるのですよ。心のコペルニクス的転回を感じながらのレース観戦はかなり複雑です。しかも、そういう馬の、来ること来ること。JRAは僕の当たり馬券を排除するための、巧妙なプログラムを組んでいるのではないかとさえ思ったものです。(笑)

 最近はネットで買うのでそういうことはなくなりましたが、しっかりチェックしてさあ送信、としたときにエラー……。これはもうどうしようもありません。もう一度一からやり直しですが、時間切れということもしばしば。ちなみに、一昨年の天皇賞(秋)はそれで不参加となりました。




 さまざまな「心の衝撃」のなかで、結構大きいのが、失格・降着に絡むものではないでしょうか。最近でこそルールが変わって、なかなか降着や失格にならなくなりましたが、以前は結構ありました。なかでも、




自分が買っている馬の進路を、もう一頭の自分が買っている馬が妨害




 これが起きたときの「心の衝撃」は、かなりのものです。自分の買っている馬Aがいい脚で上がってきて「よし!」と思って他の馬を見ると、自分の買っている馬Bも上がってきた、これはA-Bで決まる、最高の結果だと思った瞬間、Aが急に斜行してBがずるずる下がっていく……。Bよサヨウナラ。


   結局Aが1着で入線するも、審議の青いランプが点灯。しばらくしてお馴染みの場内アナウンス。




「第1位に入線した……」




 こんなことは何度もありましたよ。まあ、仕方ありません。どんなレースであろうが、1着の馬、2着の馬がいて、その馬の馬券を買っている人がいるのですから。

 そんな降着がらみの記憶は、ほとんど消えてしまいました、それなのに、いまだに覚えてるものが一つだけあります。





 あれは、1999年7月18日、いつも通り、後楽園WINSにいました。「事件」が起きたのは、函館第9レース臥牛山特別。いつも通り穴狙いの僕は、4人気田中勝春騎手騎乗クリエイトフレアーから。相手は、1人気でも仕方がないなと芹沢騎手騎乗のコマンドスズカを中心にしつつも、人気薄が来てくれたらうれしいなと手広く流しました。





 パドックを見ているうちに、クリエイトよりもコマンドのほうがよく見えてきたんです。そこで、こういう買い方はよくないなと思いつつ、コマンドからの流し馬券も追加買い。

 レースが始まり、僕の二頭は手応えよく、1着コマンド、2着クリエイトでワン・ツーフィニッシュ。何だ、1点勝負だったかと思った瞬間、審議の青ランプが点灯。率直に言って、コマンドは危ないなと。でもそうなれば、クリエイトからの流し馬券、つまりは本来の勝負馬券が当たりますから、まあいいかと。

 かなり時間がかかったように記憶しています。審議の結果が発表されました。

第1位に入線したコマンドスズカ号は……」





 やっぱりね。仕方ありません。とういうことは、2着クリエイトフレアーが繰り上がり1着だから、3着は何だったっけと掲示板を見ようとした次の瞬間、






「第2位にに入線したクリエイトフレアー号は……」




 

 何とまさか、まさかの1・2着同時降着!!!!

 僕の馬券は全て紙くずになりました。ちなみに、その後JRAにおいてもこんなことは二度と起きてはいません。





 でもね、考え方次第では、こういう経験は貴重な財産なんですよ。普通の人が「まさか!」と気が動転してしまうようなときでも、こういうこともあるんだよなあ、いくら確率が低いとは言え、と案外泰然としていられるんです。「心の衝撃」の耐性がぐんと上がるんです。




 結局、僕が様々な局面で出会ったアクシデントに、いつも割合平然としていられるのは、こういう競馬体験のなせる技なのかもしれません。





いろいろ起きるものなんだなあ、世の中は!!






 こういう悟りを得られたのは、弊害も伴うギャンブルの、正の効用だと思っています。




 それでも、買っていた二頭の同時降着はないよね。

 

 








 


いいね!した人  |  コメント(25)
林 修さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

テーマ:

 ご無沙汰いたしております。こんなに久しぶりの更新なのに、競馬がわからない人にはサッパリわからん、という記事を書きます。


 昨日は、4時半過ぎから講義があったので、2時に某ホテルにチェックインして、秋華賞に備えました。直前の鳴滝特別で芝の状態を確認。1レースだけではわからないので、そこまでの芝のレース結果もチェック。京都は時々、極端にイン有利な日がありますから、こういう作業は当然です。


 秋華賞については、新幹線のなかで予習済みで、ヌーヴォレコルトの軸不動、というよりも頭不動と思っていましたから、相手選びに専念。内回りだから、先行馬が何か残るだろうという思惑のもと(この時点ですでにズレている)、データをチェック。


 もともとトライアル3着馬を買うのが好きな僕にとって、ローズS3着だけではなく、桜花賞以外の重賞でいずれも3着のリラヴァティは極めて魅力的な存在です。ヌーヴォ1着、リラヴァ3着固定3連単、リラヴァ3着固定3連単といった馬券を中心に購入することを決めました。


 実は、一番軽視していたのが、ショウナンパンドラ。そもそも紫苑Sから秋華賞というステップは過去、全く来ていない。それでも近年4、5着に来ていたのでそろそろという感じもあったので、レースを確認しました。その結果として、このレースで来るとしたら、やはり勝ったレーヴデトワールのほうだろう、完全な穴人気で、こういうのは来ないであろうと。


 午後3時になると、BSイレヴン→フジテレビ(昨日は大阪にいたので関西テレビ)というチャンネル変更を強いられるのですが、BSのほうで大上さんが言っていたことが、かなり引っかかっていたんですよねえ。


「京都ならディープ産駒。ハーツクライ産駒は、阪神とか東京のようなもっとタフなコースが合う」


 うーん、確かに。どうしよう。


 とりあえず、僕にとっての真のメイン、福島民友Cの馬券購入。


 本当は、アンバルブライベンから行こうと思っていたんですよ。何しろここんところずっと追っかけていますから。(15人気で4着だった北九州記念は、本当に絶句しました。)これも穴人気だから、他を探そうと。そこで見つけたのが、ルチャドルアスール。鞍上平野優騎手。 実はメインレースを、平野騎手から買う勇気をわかってほしくてこの記事を書いているようなものです。(笑)


 結果、1着アンバル、2着ルチャドル。うーん、素直に2頭固定3連単で買っておけばよかった。馬連のみ的中。当たったものの不完全燃焼の感。平野騎手は、ロスなく回って上手に乗っていましたよ。


 少頭数だったので、軽く参加したアイルランドTは、一応当たりましたが、あんなガチガチの結果では儲かるわけもなし。ただ、久々に大斜行(しかも他馬に迷惑をかけない)を見られたことでちょっと満足。


 そしていよいよ秋華賞です。パドックを見て、ヌーヴォは文句なし。確かにショウナンの出来はよさそうでしたが、やはり軽視。


 まあ、外れましたよ。1分57秒0―ディープ産駒の競馬でしたね。ヌーヴォは位置取り次第では勝機もあったレースですが、ロブロイ産駒のリラヴァには全く出番なし。というよりもこの馬、桜花賞でも大敗したように、G1の壁があるのかもしれません。しかし、素質はあると思うので、いずれ愛知杯や福島牝馬Sあたりを勝つのではないかと。期待しつつ、今後も追ってみます。


 最終Rは、福島のみ参加。結構自信があったのですが、古川騎手騎乗・6人気のダンツアトラスは3コーナー過ぎから明らかに手ごたえが悪く、早々にハズレ確定。その一方、向こう正面過ぎから一気に「まくって」見せたのが杉原騎手。「そーれひとまくり」、これぞ福島という乗り方です。あれで来なかったら単にレースを乱しただけと言われてしまいますが、10人気のキネオダンサーを2着に持ってきたのですから立派なもの。小回りコースでの「まくり」は僕のお気に入りです。


 というわけで、久々にじっくり取り組んだ昨日の競馬は大惨敗。いかんなあと反省しつつ、授業に向かったのです。


 競馬のことがわからない方には、本当に申し訳ないなと思いつつ、平野騎手と杉原騎手のことをどうしても書いておきたかったんですよ。


 それでは、これから授業に行ってきます。


 

いいね!した人  |  コメント(31)
林 修さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

テーマ:

消費税ではありません。これ↓


http://docs.yahoo.co.jp/info/notice/140930.html


どうやら、僕もこの「最大で8%」のなかに選ばれてしまったようです。ただ「アクセスしにくい」ではなく、全くつながらないが正確な表現だとは思いますが。



しかし、昨日の朝からですから、このスピード時代の対応としてはどうなんでしょうね。


それとも「最大で8%」だからのんびりいこうということでしょうか。



いずれにせよ、こういうときに文句を言っても仕方がないので、今後どうしたら文句を言わずにすむか、いろいろ考えてみます。


いいね!した人  |  コメント(57)
林 修さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
Ameba芸能人・有名人ブログ健全運営のための取り組み