林修オフィシャルブログ「いつやるか?今でしょ日記」Powered by Ameba

こんにちは。東進ハイスクールの現代文講師、林 修です。日々に思い、少し考えたことをぼちぼち発信していきます。

NEW !
テーマ:
 去る20・21日の二日にわたり、熊本で東進衛星予備校の公開授業を行ってきました。

 以前は、年間に100回以上も出講していた公開授業を控えるようになったのは、テレビに出るようになったのに伴い、様々な「事件」が起きたからです。(そう、たとえば知る人ぞ知る、「土浦事件」など。 笑) 数学の志田先生がツイッターで書いていたように、忙しくなったことだけが理由ではないんです。それに東進には、その志田先生のような優秀な先生方がたくさんいらっしゃるので、その方々に安心してお任せできるという事情もあります。

 それなのに、今回熊本で久々の公開授業を行ったのは、やはりあの地震が理由です。


 何の理由もなく被災して不利な立場に追い込まれた生徒に、これまた何の理由もなく被災を免れた僕が、何かできることはないだろうか? もちろん今までも、チャリティーイベントに参加したり寄付したりと、できることはしてきましたが、直接現地に赴いて、彼らにメッセージを送ることはできないかーそう考えて、僕からお願いして、今回ようやく実現を見たのです。

 一番伝えたかったのは、震災は不幸な出来事であり、そのことで有利になった生徒は誰もいないだろうが、そのことを採点の際に考慮してくれる大学もないであろうということ。厳しい現実として、たとえ震災のせいで学習時間や環境が奪われたとしても、それは考慮されないのです。

 当日はかなり早めに熊本に入り、時間をかけて市内を歩き、熊本城にも足を延ばしました。

 確実に復興は進んでいるのですが、傷跡は想像以上に深刻なものでした。









 
 震災直後に比べれば、関連報道はずいぶん減りました。一時は18万人を超えた避難者も、今は100分の一の1800人になったというニュースも見ました。いつのまにか、「過去」=過ぎ去ったことのように思われていたのですが、それは大きな間違いで、今なおある、「現在」として、確実に「未来」に重くのしかかかっているのです。それを直接見た衝撃は大きなものでした。。


 そんな強い衝撃の消えぬまま、僕は授業に向かいました。

 授業は以下のようなスケジュールにもとづき、4回にわたって行われました。

 ★ 8月20日(土)  ① 17:00~18:30    ② 19:30~21:00 

 ★ 8月21日(日)  ③  14:00~15:30    ④  16:30~18:00


 こういう日程になったこと自体に、すでに震災の影響があるのです。本来土曜日の公開授業は、もっと早く始めることができるのですが、夕方からになったのは、すでに学校の授業が始まっていたからです。なぜ、もう始まったのかと言えば、震災直後に授業を行うことができなかった分を補うべく、夏休みはすでに終わり、新学期が始まっていたからです。実際、参加した生徒は全員が制服を着ていました。日曜日も、午前中に授業があった学校があり、午後二時開始となったのです。

 公開授業の内容は、以前同様、入試現代文の本質について基本から伝えるというものでした。それに加え、先に述べたようなメッセージなど、今、熊本にいる高校生に伝えておきたいことは、ほぼ伝えられたと思います。その一方で、ここにいる生徒たちは、すでに「一線をクリアしたんだ」、もっと大きな被害を受けた生徒たちは、ここに来ることさえかなわないんだという思いが、強く生じてきました。


 こうやって公開授業を行って、生徒にメッセージを伝える、あるいは多少の寄付をしたところで、僕のしたことを本当に些細なことです。しかし、この記事により、どこかで熊本地震が「過去」の出来事になってしまっている人の思いを呼び覚ますことができれば、という思いで、今このブログを書いています。


 二日間にわたって熱心に取材してくださった地元のテレビ熊本の『若っ人ランド』(16時00分~16時53分)で、本日その様子が放送されるそうです。ご覧いただければ幸いです。


 あれから一週間、複雑な思いの消えぬまま、熊本よりももっと遠い「過去」になりかかっている福島の生徒に特別授業(東進の公開授業ではなく、復興庁との関係で行われものです)を行うために、今、福島に向かっています。


 できることはわずかでも、そのできることをするかしないかの差は大きい―そんな思いを胸に抱きつつ……。




いいね!した人  |  リブログ(7)
林 修さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
   今、  サンディエゴ空港です。今年のMLBのオールスターは、ペトコパークで行われました。NHKのBS放送のゲストに呼んでいただいたおかげで、真のトッププレーヤーの試合を、直接見ることができました。






    これは、ホテルの部屋から撮ったものです。こんな球場の近くに泊まって、オールスターウィークの盛り上がりを、直に感じることができました。素人にこういう機会をくださったNHK関係者には、感謝しかありません。本当にありがとうございました。


    松井秀喜さんの渡米以来、MLBにのめりこみ、好きになると徹底的に勉強しないと気がすまない性格なので、知識はある程度備えているとは思います。しかし、ご一緒した斉藤隆さんのような、卓越したキャリアがあるわけではありません。視聴者の方に、林はうるさい、と言われないように、それでも持っているものをいいタイミングで放り込もうという思いで臨みました。自分としては、手応えはあったのですが、評価は他人がするものですから、どうだったんでしょうか。いろいろお気遣いいただいた斉藤さんにも深く感謝しております。ありがとうございました。





 

   記者会見に参加させていただいたり、






    ホームランダービーでの、スタントンの規格外れのバッティングに呆然としたりと、本当に充実した4日間でした。



   それにしても、サンディエゴは本当にいいところですね。











    人とアザラシが、一緒に泳げる海は、他にはまずないでしょう。いつか、また必ず来たいと思っています。
いいね!した人  |  リブログ(2)
林 修さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

テーマ:
 ご無沙汰しております。こんなに間が開いて、いきなりお願いというのも気が引けるのですが、あえてお伝えいたします。

 実は、コメントに関してなのですが、原則的に質問や相談には一切お答えしないということを以前に何度もお伝えしております。ずいぶん前の記事なのでご存じない方がいるのも、やむを得ないと考えて改めてお伝えすることにいたしました。どうしても全員にお答えできない以上、不公平感が生じるのを防ぐための措置とご理解いただければ幸いです。(投稿したコメントが、なぜ掲載されないのかとお思いになっていた方もいらっしゃると思いますが、そういった事情をご理解ください。)

 また、僕個人は昔から批判されることには慣れているうえに、これだけ露出していれば、当然そういう声も上がってくるものと考えております。ですから、批判・非難(と思われる)コメントは、そのまま掲載してきました。なかには、あの発言をそういう理解をする人がいるんだと驚かされるたものもありますが、そんなふうに理解する人もいることを頭に入れて発言しようという、いわば指針をいただいたと思って、逆に感謝してきました。


 ただ最近では、原発言を直接聞いたものではなく、一種の「編集」を経た、いわゆる「二次情報」(ネットに多数見受けられます)をもとにしたとしか思われないものが増え(当然、誤解を招きやすい)、そのせいか、かなり「元気な」というか、「乱暴な」ものも、見受けられるようになりました。そういったものをそのまま載せると、「荒れる」ことにもなりかねないので、さすがに掲載を控えたものもあります。

 ネットリテラシーの巧拙の問われる、難しい時代です。本当はコメントを受け付けられるようにしておきたいんですよ。しかし、いろいろ考えると、このままでは混乱も生じかねないので、当面、コメント受付を停止いたします。様子を見て再開する予定ですので、この点もご理解いただければ幸いです。

 繰り返しますが、今までに何かあったということではありません。これからも、何も起きないようにという判断に基づく措置です。

よろしくお願いします。
いいね!した人  |  リブログ(2)
林 修さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み