2012-08-09 18:18:59

競合他社から声がかかってきたとき(引き抜き)

テーマ:転職

競合他社の人事担当や、役員から直接連絡をもらって、入社のお誘いを受ける事があります。

(いわゆる、引き抜き、一本釣り)


私も3度ほどあり、先月も1件ありました。


自分から応募して転職するパターンや、人材エージェントから紹介されるパターンと異なり、転職できる可能性は極めて高くなり、良い待遇を交渉できるチャンスとなります。


ただ。。。!!


こういう時は、冷静に考えるべきだと思います。


先方は何が欲しいのかを。


このような可能性があるのではないかと。


①その人の能力に惹かれて(人材に対して高い評価)


②優秀な人材を探していたら、たまたま競合他社の社員だった(人材に対して高い評価)


③競合他社の企業力を弱める為



④競合他社の情報がほしい(特許技術や、顧客情報など)


お分かりのとおり、③と④はキケンですよね。


採用されても、すぐにポイっと捨てられる可能性がありますから。


国産大手のメーカーでは、④の引き抜きが多くなっているようです。


③は、その次の転職が苦労しそう。。。


いずれにしても、いきなり競合に行くのは、その人の人格や中長期的な忠誠心を疑われる可能性もありますので、リスクがあると思います。


そのリスクと、リターンのバランスをどのように冷静に考えるかがポイントでしょう。


私は①か②だったら、検討はしてみます。(先月のオファーは断ったけど)




AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

IT営業マンさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

コメント

[コメントをする]

1 ■無題

確かにオファーにも様々な種類がありますからね^^

3.4は危険過ぎて私も断りますw

コメント投稿

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    PR

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。