1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017年07月22日 23時21分48秒

僕が見た永田町~素人しか変えられない~⑳

テーマ:ブログ

議員会館地下にある会議室。
 

B衆議院議員とC衆議院議員の呼びかけによって実現したIT業界各種団体との打合せは、思いの外、活気のない空気に包まれていた。
これまで、選挙絡みの集まりには何度か足を運んでいたが、いずれも独特の熱に満ち溢れていて、「絶対に勝ちましょう!」「回りに宣伝しますよ」等と声をかけてくれ、勇気と益々のやる気をもらえることがほとんど。
ところが、この日に限っては名刺交換の際に、目も合わしてくれない人がいる始末だ。
気のせいかもしれないが、敵意の目を向けられることも。

 

集まっていただいた皆さんは総勢30名ほど。
名だたるIT企業の役員の方に加え、団体の代表など、いやらしい話、「今ここにいる人たちの支持を得れれば、一体どれだけの票になるんだ!!」とわくわくするような顔ぶれだったが、如何せん、出席者の表情に覇気がない。
連日続く暑さのせいで、疲れているのかとも考えたが、会議室はきんきんに冷房が効いている。
IT業界ゆえ、選挙にありがちな、いわゆる体育会系なノリは苦手なのかとも想像したが、そういうことでもないようだ。
つまるところ、議員に呼ばれたから、仕方なく時間作って来ました的な雰囲気が漂っている。
「我々の業界のために、政治家を送り出そう」なんて空気はゼロだ。
これはダメだなと思った。
たかが二度しか体験してない僕が言うのもおこがましいが、やはり選挙には熱が必要だ。
何があっても勝ち抜くという熱。
この熱がない限り、人の気持を動かすことはできないし、当然投票行動に移してもらうことなんてできない。
選挙の決起集会は大抵「ガンバローコール」で締めるが、あれなんぞ、その熱がなければとてもじゃないが恥ずかしくて、できる業じゃない。

 

B議員からは事前に「以前から相談があって、IT業界は今回の選挙で候補者を擁立しようかと考えていたほど、永田町とのパイプを作りたがっている」との話を聞いていたのだが、どうやら実態は違うようだ。
これでも芸能人のはしくれとして、人前に立つ機会は多かったもので、会場に流れる空気感の読みは、見誤らない自信があった。
それでも、僕自身の思いと人柄を知ってもらえればと一縷の望みをかけ、マイクを握って熱弁をふるったものの、終ぞ会場の雰囲気は変わることはなかった。
僕の心中を悟ったC議員が帰り際に「個別に訪問して、具体的な選挙協力を頼めば、彼らもきちんと対応を考えてくれるはずだよ」と慰めてくれたが、喉から手が出るほどに欲しかった支持母体を持つことはやはり難しい現実を思い知り、さすがに凹んで帰路についた。

 

翌日からは早速、各企業、各団体を個別に訪問したが想像通り
その多くの反応は芳しくなかった。
彼らが、選挙に積極的に協力できないとした理由は大きく3つだ。
① 社員及び団体所属メンバーに対して、選挙で「〇〇に入れてほしい」とは言いにくいし、言ったところでまとまった票にする自信はない。
② IT団体の意向・事情は各団体によって異なっていて、時にその意向が真逆の時もある。
③ そもそも現状の業務を遂行していく過程で、永田町とつながる必要性を感じていない。
③については、だったらなぜあの会合に顔をだしたのかと聞きたくなったが、やめておいた。
おそらく出席しないことのデメリットを考えたからに違いない。要は、政治家とは付かず離れずの関係でいようとの魂胆なのであろう。

 

さて、そんな中でも興味深い話をしてくれる社長が一人いた。
自身の社員の票は如何ともしがたいが、知人で四国の建設業を営んでいる人がいて、彼が万単位の票を持っているというのだ。

㉑に続く

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
    芸能ブログニュース