世のため人のため~“メガホン侍” 伊藤央

代議士秘書10年、山口県防府市議6年。現在は東京都小平市議。地方から日本を改新し、世界を救うことを目的に活動中。日々街頭に立ち、思いと政策を訴える“メガホン侍”。


テーマ:

小平市のお財布事情を市民が調べて分析した「小平市民財政白書第2弾」の説明会が行われたので参加しました。

市民による財政白書を提唱してこられた大和田一紘氏が「小平市民財政白書第2弾」の冒頭に言葉を寄せられています。

伊藤も7年前に大和田氏の財政分析講座を一泊二日で受講したことがあります。(思想的な違いは随分あるように感じましたが、財政分析を行う上で大いに役立った講座でした。)

 

一般の市民の方がこれだけ詳細に市財政を分析されるご努力には頭が下がる思いです。

小平市の歳出の中で「補助金」が多いことに目をつけられていました。

市の支出する補助金は地方自治法で認められているものです。

「3割自治」「4割自治」と言われるほど、自治体で自由になるお金は少ない中、補助金は自治体の裁量で支出するお金です。

そこには自治体の「性格」が表れますし、財政改革をしようとするときに自治体の裁量で改革できる支出とも言えます。

また、政治家との馴れ合い、しがらみが発生しやすい分野でもあります。

今回の分析では、斬り込み方が優しいなという印象ではありますが、補助金の適正化を市民の立場で更に突っ込んでいかれると面白いです。

 

不思議に感じたのは、財政分析ではかなり重要視されている経常収支比率がほとんど無視されている点。

経常収支比率とは「自治体のエンゲル係数」とも言われ、財政の弾力性を表す数値です。

普通なら大きく取り扱うところですが、これを避けた意図は何かあるのでしょうか。

 

もう一点。

小平市の財政で顕著なのは、その投資的経費の少なさです。

なぜか、ここに触れられていません。

今回、分析された平成25年度決算では類型が同じ(人口や産業構造が似通っている)一般市の51市の中で、小平市は市民一人当たりの金額が最下位という投資的経費の少なさなのです。

 

今回の説明では「公共施設マネジメント」についても採り上げられていましたが、その公共施設更新が苦しくなっている原因の一つに、これまでの投資的経費の少なさ、つまり、施設更新などを先延ばしにしてきたことがあります。

他市に比べても顕著な投資的経費の少なさは言及に値すると思います。

 

残念ながら今回の決算では、一般会計ではなく、特別会計担当になる予定ですが、特定の市民が行われた分析も参考にして、決算審査に臨みたいと思っています。



伊藤央のfacebookページもご覧ください。
街頭演説スケジュールなど、日々の活動を発信しています!


世のため人のため~ “メガホン侍” 伊藤央です!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


小平市議会では9月定例会が開催されています。

初日の6日は補正予算を含む多くの議案が上程されましたが、任期満了に伴う新教育長の任命、引き続いての教育委員の任命などに同意を求める議案も上程されました。

地方教育行政法が改正され、これまでの教育長と教育委員長を一本化した初めての教育長、そして何より、これまでの今日委員の中の互選ではなく、市長が任命する教育長ですので、その人選のポイントなどについて質問しました。


しかし、今回、問題だと感じているのは教育委員の任命の方です。

この方の人格や資質を疑う訳ではありませんが、小平市教育委員会の構成については問題を感じています。

平成19年の地方教育行政法改正では教育委員の中に"保護者"を含めることが義務化されました。

当時、「名誉職」、「事務方主導」、「形骸化」などと批判されいた教育委員会に保護者の意見を取り入れようという意図だと理解しています。

現在、小平市の教育委員には小中学校に通う児童、生徒の保護者はおられません。

高校生のお子様をお持ちの方がおられるのみです。

確かに法律上は「親権を行う者及び未成年後見人」が「保護者」と規定されてはいます。

しかし、法律の趣旨を考えれば、当該教育委員会が所管する教育機関に通う子供の保護者を教育委員に含めることを求めていることは明白です。

小平市の場合、市立の大学や高校はないので、小平市立の小中学校に通う児童、生徒の保護者を委員に含めるべきです。

任期満了のタイミングで、法の趣旨に沿っていない状態を解消すべきだと考えます。

市長も「それが理想」と認めながらも、ふさわしい人材がいないことを理由にこの法の趣旨に沿っていない状態を続けることになりました。

人口19万人の小平市はそれほど人材に乏しいでしょうか。

そんなことはない。

ふさわしい人材は必ずおられると思っています。

次回の任命の機会には法の趣旨に沿った構成となるよう望みます。


伊藤央のfacebookページもご覧ください。
街頭演説スケジュールなど、日々の活動を発信しています!

世のため人のため~ “メガホン侍” 伊藤央です!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

この度、一年間お世話になった小平市議会会派政和会を退会いたしました。

過去6年の市議経験があるとは言え、小平市議会は勝手が違うことも多い中で、ご指導いただきました先輩議員の方々には心から感謝の気持ちでいっぱいですが、より自らの信念、理念に従った政治行動をとるために一人で活動することといたしました。

正式には無会派議員となりますが、便宜上会派名を名乗る必要があり、新会派名を「ムサシ」といたしました。

言うまでもなく小平市を含む旧国名の「武蔵国」の意味であり、吉田松陰先生が留魂録の冒頭に記された「身はたとひ武蔵の野辺に朽ぬとも留置かまし大和魂 」と同じ氣概で働く決意を込めました。


今後もどうぞ宜しくお見守りくださいませ。



伊藤央のfacebookページもご覧ください。
街頭演説スケジュールなど、日々の活動を発信しています!

世のため人のため~ “メガホン侍” 伊藤央です!



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。