世のため人のため~“メガホン侍” 伊藤央

代議士秘書10年、山口県防府市議6年。現在は東京都小平市議。地方から日本を改新し、世界を救うことを目的に活動中。日々街頭に立ち、思いと政策を訴える“メガホン侍”。


テーマ:

 

小池都知事が「築地は守る、豊洲を活かす」という方針を表明されました。

 

一旦、豊洲に移転し、5年後に再整備した築地に戻るということだそうです。

 

疑問点は沢山あるのですが、一番分からないのは、豊洲移転反対派の人たちの中でこれを好意的に受け止めている人たちがいることです。

 

豊洲移転反対の一番の理由は「豊洲は危ないから」だったはず。

 

伊藤は豊洲が危ないなら、築地も危ないと思ってますし、現時点では築地の方が衛生面でも劣ることは間違いないはずです。(だから移転計画が出てきたのですから)

 

しかし、「豊洲は危ない」と言って移転に反対していた人は5年間なら危ないところで営業しても良いと思っているのでしょうか。

 

むしろ、5年間大丈夫ならその後も安全でしょう。

 

反対理由が根底から崩れています。

 

 

分からないことがもう一つ。

 

5年後に築地に戻った後、豊洲はどうなるのか。

 

併用でしょうか。

 

それは明かに不効率です。

 

築地売却で得たお金を豊洲整備費に充てるというのはどうなるのか。

 

そこで、心配になるのが、豊洲がIR(統合型リゾート)、つまりカジノを中心とした施設となるのではないかということです。

 

今後の法整備(IR実施法など)や施設整備のスケジュールなどを考えると、「5年後」が妙に符合してくるのです。

 

伊藤はカジノ合法化に反対の立場ですので、今後の動向を注視してまいります。

 

 

伊藤央のfacebookページもご覧ください。
街頭演説スケジュールなど、日々の活動を発信しています!


世のため人のため~ “メガホン侍” 伊藤央です!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

小池都知事になり、期待をしていたのは小平市にある朝鮮大学校に対する認可見直しです。

 

しかし、残念ながら、オリンピック・パラリンピックや豊洲移転の影に隠れてしまっていて、動きは見えてきません。

 

 

朝鮮大学校が各種学校として認可されたのは美濃部都政時代。

 

当時の美濃部都知事が文部省通達を無視し、強引に認可を進めたとされています。

 

伊藤の生まれる前の話とは言え、現在も朝鮮大学校は小平市に存在し、教育内容や朝鮮総連との関わりなど多くの問題が指摘されながらも認可見直しは行われていません。

 

朝鮮情勢が緊張感を増す中、総連傘下の機関が市内に存在することに不安を覚える市民は少なくありません。

 

東京都のせいで・・・という思いがあったのですが、調べると東京都のみを非難する訳にはいけない事実に突き当たりました。

 

昭和41年6月、小平市議会は「在日朝鮮公民の民族教育権利保障に関する意見書」提出を全会一致で決議していたのです。

 

その中で「地元の朝鮮大学校の設置認可に関して、すでに法の定める規定に基づいて認可申請をいたしていると承知していますが、この件についても速やかに認可されるようあわせて要望いたします」と訴えていたのです。

 

昭和41年の会議録は会議録検索システムに引っかからないので、今まで見つけることができませんでした。

 

この小平市議会の意見書提出の決議を端緒として、周辺自治体も次々に同様の決議を採択。

 

ついには東京都議会でも同様の決議が全会一致で採択されることになったのです。

 

 

当時は(一部の者を除いて)「善意」によるものであったと推測されます。

 

しかし、その後に半ば強制的に入学させれる若者、校内で吹き荒れた暴力の嵐、200名の学生が片道切符で北朝鮮に送り出されるといった事態が起こったことを考えると、小平市議会の決議はとんでもない引鉄であったと言わざるを得ません。

 

 

来週から始まる6月定例会では、一般質問で朝鮮外学校についても触れる予定です。

 

市民の安全、安心を守るため、市に適切な対応を求めます。

 

 

 

伊藤央のfacebookページもご覧ください。
街頭演説スケジュールなど、日々の活動を発信しています!


世のため人のため~ “メガホン侍” 伊藤央です!

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(1)

テーマ:

憲法記念日。

 

安倍総理は、憲法改正を目指す会合に、憲法を改正し2020年の施行を目指す意向を表明するビデオメッセージを送られました。

 

憲法9条に、自衛隊に関する条文を追加するほか、高等教育の無償化などを改正項目として例示されたそうです。

 

9条改正に関しては、図らずも北朝鮮の脅威が憲法改正と追い風になっているのかもしれません。

 

 

伊藤も現憲法が良いものだとは思っていません。

 

憲法を改正することにも反対しませんが、自民党の憲法草案を読む限り、私の憲法観とは随分と乖離しています。

 

あくまでも憲法を「改正」するものであって、自民党の党是である「自主憲法制定」には遠く及ばないものと感じます。

 

自主憲法制定はもう少し後になるでしょう。

 

 

そもそも憲法とは何なのかという考え方に人によって違いがあります。

 

一般的には「権力の暴走を抑止する」ものが憲法と認識されているようです。

 

しかし、日本ではその憲法によって国民主権が保障されています。

 

であれば、「国民主権」の日本では、権力を有するのは国民であり、国民のその時々の気分で国のありようが変えられることのないように定めているのが日本国憲法と言えるかもしれません。

 

でも、国民の意思によっては変えられる・・・どうしようもないパラドクスを抱えているのが日本国憲法ではないでしょうか。

 

 

伊藤は、憲法とは「日本が日本であるために決して失ってはいけないもの、変えてはいけないもの」を定めるものだと思っています。

 

政治権力の暴走を制御するとともに、国民の移ろいやすい気分で失ってはならない伝統や文化、国柄を守るためのもの。

 

ですから、憲法の改正手続きを定める96条を安易に改正することにも賛成できません。

 

 

滑稽なのは、普段は「民意」を声高に叫ぶ左翼が民意を問いやすくする96条の改正や憲法改正の発議に反対し、右翼が民意に委ねてしまうことを積極的に進めようとしていることです。

 

どちらも伊藤から言わせればご都合主義です。

 

 

日本とはどんな国なのか。

 

これを定める憲法を作れば、権力者や国民を「縛る」ものではなく、迷ったときに進む方向を照らしてくれるものになると思うのです。

 

憲法とは我々を縛り付けるものではなく、日本人の使命を明示し、勇気と希望を与えるものであるべきです。

 

 

伊藤央のfacebookページもご覧ください。
街頭演説スケジュールなど、日々の活動を発信しています!


世のため人のため~ “メガホン侍” 伊藤央です!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。