アトピーをあきらめ受け入れアピールしまくれば、自然にアトピー良くなるよ。

重症アトピー経験を持つ僕の「辛さを乗り越えて笑い飛ばせるようになるメカニズム」がわかるブログ


テーマ:

一昨日、白内障の手術を受けました。

 

アトピー性白内障になります。

 

 

手術の半月前に、患者さんを集めて説明会がありました。

 

ほとんどの方が老人性の白内障手術みたいで、主治医は丁寧に眼球の模型を使って説明をしていました。

 

 

 

白内障の手術とは

黒目(角膜)の橋の方に器具の出入り口を作ります。

水晶体は袋に包まれており、濁るのはその中身だけなので、袋の前面に丸い穴を開けます。

そこから専用の器具を入れ、濁りを超音波で砕いて吸い出します。

きれいに袋だけ残すことができれば、その中に人工の水晶体(眼内レンズ)を入れて、手術は終了です。

所要時間は15〜20分ですが、白内障がひどい場合はもっとかかります。

 

 

 

 

 

白内障の手術3日前に目薬を処方されます。

ベストロン点眼用0,5%
粉と液体を混ぜて使用します。

これを1日に3回点眼します。

 

 

白内障手術体験談

私が手術をしたのは地元の個人院です。

 

 

毎週火曜日が手術の日になっており、当日は10人強もの患者が、

白内障の手術を受けに来ました。

 

受付を済ませると、順番に手術着をはおります。

上着だけですね。

 

ミドリン点眼液を5分間隔で、看護師さんから点眼されます。

あと、ベガモックス点眼液も使用しました。

手術前なので、細菌の感染には特に注意です。

 

 

5分ごとにタイマーがピコピコ鳴って、看護師さんがそれぞれの患者さんに目薬を点します。

 

席がずれていき、いよいよ自分の番が近づいてきました。

 

私の名前が呼ばれ、手術前室に通され、しばらく待機していると、いよいよ手術室が開きました。

 

前の患者さんが、リクライニング式ベットを起こされたところです。

 

「どうぞ」と名前を呼ばれて交代です。

 

 

手術室には執刀医と、助手というかいかにも勉強に来ている若手の医師がいました。

看護師は3人ほどいました。

 

リクライニングのベッドに座ります。

このベッドは、眼科手術用に設計されており、腰や首の付近は患者の姿勢に合わせて調節ができるようです。

 

両腕はかるく縛られ、指先にはパルスオキシメーター(体内の酸素濃度を測定するもの)、胸には心電図のパッチが貼られ、口元にはマスクが用意されました。

 

顔には手術する方の眼の部分だけが開いているカバーを被せられます。

 

いよいよです。

 

まず、麻酔の点眼をした後に眼の周りを消毒します。

通常の白内障手術ではアルコールですが、アトピー性白内障の私はイソジン液とのことでした。

 

麻酔の注射を白目の奥の方にします。この麻酔はしない眼科もあるみたいです。

まったく痛みはありません。

 

瞬きができないように器具で固定されて、眼球を浮き上がるようにしているのでしょうが、麻酔が効いているためわかりません。

 

さて、ここで白内障の度合いが軽い人と重い人では違いがあります。

 

それは軽度の白内障でも医師から手術を勧められた人は、手術中、医師の姿がぼんやりわかりますし、メスを投入するところも気づいてしまうかもわかりません。

 

ほとんど見えない人はもちろん、何が起こっているのかわかりません、

 

私は20年前に実は左目の白内障の手術をしました。

その時はまったく見えませんでした。

 

しかし、今回はホワイトサークルの状態でしたので、医師の姿がぼんやりわかりました。

ちょっと肩に力が入ってしまいますね。

 

メスをスッと入れた瞬間、出血したのか液が溢れている感じがわかります。

 

すごく明るいのでたじろいでしまったのですが、先生が強い口調で、「そんなとこ見たら手術はできません!」と言います。

 

頑張って真ん中をイメージして見続けます。

 

たまに先生は「はい、下を見てください」とか言います。

 

あとは3つの穴がずーっと見える状況でした。

上に2つの穴が横並び、下に1つの穴があります。

 

水も流されてきますので、ひんやりしていて案外気持ち良かったです。

色は虹がかった配色で、とても幻想的でした。

 

15分ほどで、「はい、順調に終わりました」と先生。

 

リクライニングシートが上がると、前には次の患者さんが待機していました。

 

日帰り手術はほんとすごい進歩ですね。

 

というか、医師の集中力ってすごすぎます!

 

 

 

手術室から出ると、上着だけ着替えて、受付に行きます。

 

そこで精算、はい終わりです。

 

 

 

ちなみに私は3割負担で、50,910円でした。

 

 

国民健康保険限度額適用認定証を市役所でもらっておくと、その月に限度額を超えた金額は支払う必要はありません。

 

 

 

当日眼帯をしたまま帰宅し、翌日の受診まで外せません。

お風呂もダメです。

 

 

 

翌日の受診時には手術を受けた患者さんがズラッと並んでいます。

 

 

 

診察室で眼帯を外して検査をします。

 

良好でしたので、そのまま透明のカッペを渡されて就寝時に付けて寝ます。

 

 

しばらくは細菌感染に気を配らないといけません。

 

目薬は3種類を1日3回します。

 

リンデロン点眼液0,1%、ベガモックス点眼液0,5%、ネバナック懸濁性点眼液0,1%です。

 

 

 

あとは週に1回受診、月に1回、、、と眼科受診の間隔が開いていきます。

 

視界は実にクリアーで、気分良くパソコン入力もできます。

 

 

さて、28日は眼瞼下垂の手術です。

 

 

左目の手術は平成7年に受けたので、21年ぶりでした。

 

当時はアトピー性白内障が珍しいとされ、ビデオ撮影を承諾させられ、1時間くらいかかって手術をしたのを覚えています。

 

このように同時期に両目に白内障が来るとは限りません。

 

 

片目の手術を終えて、もう片目は手術したくないと、体に気を使っている人も多いですが、治ることは難しいと思います。

 

しかし、白内障の進行は遅らせることができるかも知れません。

 

 

アトピー性白内障の手術をしますか?しませんか?

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

意図的Life つよしさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。