1日1,000人の士業が勉強 士業の売上を倍々にするマーケティングブログ

新時代の士業の独立・集客・経営の非常識な成功法則として士業のバイブルとなっている
「月商倍々の行政書士事務所 8つの成功法則」(Amazonの起業・開業部門で1位を獲得)で知られる伊藤健太の士業事務所のための非常識な成功戦略提案ブログです!


テーマ:
年収についての変化

厚生労働省「賃金構造基本統計調査」の資料にある、公認会計士の平均年収の変化を見てもらいたい。


2015年 716万円 ・ 2014年 817万円 ・ 2013年 713万円
2012年 630万円 ・ 2011年 841万円 ・ 2010年 1037万円
2009年 791万円 ・ 2008年 831万円 ・ 2007年 818万円
2006年 741万円


特徴的なのは、2012年に200万円もダウンしていることだが、この理由は、後に説明してあります。


公認会計士の初任給


まず、公認会計士試験に合格し、監査法人に就職すると、年齢に関係なくスタッフという位からスタートします。スタッフの初任給は、月収で30万円程度+残業代+賞与になります。


賞与は、基本的には年間3か月分から5か月分ぐらいの支給が一般的ですので、


スタッフの給料は、残業代なしで480万円程度となります。それに残業代がプラスされるというイメージです。残業をどの程度するかにもよりますが、年収500万円~600万円程度になります。


この初任給の月給は、最近は多少の変動があります。10年前ぐらいまでは30万円で固定されていましたが、2005年前後には、あまりの人手不足により、


数年間35万円に上昇しました。また、2011年ぐらいからは、3,000名の大量合格者の未就職者問題を背景に、多少給料を下げても人が集まるということで、月27万円とか月28万円とかに下がっていました。




ただ、2013年からは、公認会計士試験の合格者数を元の水準の1,000名強に戻しており、かつ、事務所においても現時点では人手不足の状態であるため、

当初の30万円程度に落ち着いていくと思われます。



現在は、再び人手不足になっているので、もしかしたら、今後初任給の上昇があるかもしれません。



続きはこちら
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

今士業に大人気「月商倍々の行政書士事務所」著者イトケンさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。