IQOSに見る販売戦略

テーマ:
1月の後半は、とても忙しく(特にアタマの中が)、私の中で大きな出来事がワンサカ発生してしまい、整理するのに時間がかかっております。
何のことかと言いますと・・・

いろんな人に出会った。って話です(笑)

コレすべて、私のビジネスにおいて、良い出来事なんです。


誰かに会って、自分に大きく影響を及ぼすことって、
ものすごく大変なことだし、そうめったなことではありません。
それがなんだかいっぺんに来たわけですから、処理能力の弱いCPUを持った私は、しばしデータ読み込み中でフリーズするわけです( ゚Д゚)

私のアタマの整理をする意味も含め、少しずつお話したいと思います。




どーもこんにちは、ITOKEN.Pです(^^♪


皆さんは、Philip Morris Japanという会社をご存じだろうか。
アメリカの有名なタバコの会社です。
私はタバコ吸わないのですが、聞いたことはあります。
現在、日本ではこの会社が開発したIQOSという商品が、社会現象を起こしているようです。いい意味でも悪い意味でも…。

私のこのブログを見てくださる大半の方は、この商品を知っていることでしょう。
なかなか手に入らない貴重な代物らしいですね。
しかもこのIQOS、ここ仙台での売上が第1位なんだそうですよ。

先日、お付き合いのある方から紹介していただいたのが、このフィリップモリスジャパンの広報の方でした。
ウチの事務所で雑談をしながら、IQOSにまつわる現状を詳しく説明していただき、今後の課題や豊富を熱く語られておりました。

感銘を受けた私は、IQOSという文化を築き上げるための宣伝をしていこうと心に決め、まんまとフィリップモリスジャパンの回し者になったわけですが(笑)

もうひとつ、感銘を受けたことがありまして、
実はこの社会現象を引き起こしたIQOSなんですが、ある特定の、普及のための、限定販売戦略という部分なんです。

いわゆるブランディングというものです。

感のいい人はピンとくるのではないでしょうか。

詳しく書けないのが歯痒いのですが、モノを売る商売をしている特性上、この手の話は非常に勉強になります。

Amazon転売物販を事業として取り組んでいるウチの会社には関係ない分野かもしれませんが、ビジネスのヒントとしては充分すぎる内容でした。



※タバコ吸わない私にとって、IQOSを使用していただけるとやはり嬉しいものですね。


今回は、ビジネスの話をしているようでしてないねっていうお話でした。




せどり ブログランキングへ
↑もっとタメになるせどりの話してよ。と思った方はポチッと。





P.S. 

現在、月商1,000万円やりましょう!のamazon上級者コース(正式名称は『ITOKEN式売上向上委員会』)は5月末で終了になりますが、
生徒さんたちの途中経過報告を発表したいと思います。


先月の売上げが750万円の方が出ました!

なんか宝くじ売り場みたいに言っちゃいましたが、素晴らしい成績ですよね。
この分だと、1,000万円はすぐ行きそうですね。
この方は、元々300万円売上げていた方ですが、凄い上昇率ですね(汗)


他にも、月商100万円に届かず、伸び悩む学生さんもおりまして(学生なんだから充分じゃなかろうか)、先月の成績は350万円でした。
こちらも素晴らしい成績です。よくがんばりました。




彼らが現在取り組んでいる項目の一部を特別大公開です。

『ITOKEN式売上向上委員会』
1 仕入れに困らない方法
2 売上げ倍増システム
3 価格競争が気にならない仕組み
4 戦わない闘い方
5 スタッフにお任せの構築法
特典:利益を継続して出せる卸売紹介

※現在、上級者コースの募集は行っておりません。
 

 
AD