2月というのは、物販をやる上で、年間通して一番売り上げの下がる月と世間ではよく言われています。

日数が少ないのも関係しますが、単純に消費が落ち込む時期だからなんでしょう。

逆に考えると、消費が上がるときの時節は、9月から12月にかけてピークを向かえ、4月から7月の間は上がる。ボーナス時期とも重なりますよね。

谷間の2月と8月は消費を抑えた傾向になります。

 

なるほど。理にかなっていますね。

 

ところがウチの場合はあえて少しやり方(戦略)を変えています。

 

『消費が上がるときに力を入れない!』

 

これにより、毎月の売上変動がなくなります。つまり、収益が一定になります。

ということは今月も売上は落ちていません。ヨッシャ!

 

なんでそんなことするの?と思われるでしょうが、メリットはたくさんあるのです。

 

1.収支計算がラクチン。

2.落ちる月に落ちないから気持ちがラクチン。

3.みんながんばるときにがんばらないからラクチン。

4.がんばった結果のロスが出にくいからラクチン。

5.とにかく周りとの競争になりにくいからラクチン。

 

まぁデメリットとしては、売上を上げられる時に上げない(笑)

 

 

 

 

どーもこんにちは、ITOKEN.P(耳鳴りに悩む)です(;^ω^)

 

 

今回は、生徒さんからのリクエストで、失敗エピソードが欲しいと言われましたので、どんな失敗をしてきたんだろうと振り返ってみることに…。

たくさんあるはずなのに、なぜかアタマに浮かばない…。

そーか、そーゆー理由だったのか、と腑に落ちたので今回は【失敗】についてです。

 

 

~~~~ココカラ~~~~

2015年初売りのことです。

約2年前のことになりますね。

 

ある量販店にて、その前年末くらいなのですが、そこの店長に初売りに来るようにと誘われておりました。当時は嬉しかったですね。コソコソとせどりをしている自分に嫌気がさしていましたので、店長に認められたら公認じゃん、とか思ってました(笑)

 

約束通り初売りに参加し、PanasonicだったかSHARPだったかのファックスが店頭にありまして、初売りの特価のポップとともに10台くらい積んでありました。

近くの店員にそのうちの5台をカートに載せてもらい会計しまして、自宅にて出品登録作業を行うと、そっくりだけど型番が違うことに気付きました

 

しまった、ポップの表示と実際の商品は違うものだ!

 

せどり経験者は、多かれ少なかれ経験はあるんじゃないでしょうか?

結構高額になったので、店長にLINEして返品してもらおっと♪

私の失敗だけではないはずだし、プライスポップ間違ったのはお店だしな、まあ大丈夫だろうと考えてメールしました。

 

実際のその時の店長の返事がコレ↓

 

・・・今となっては、細かなトラブルの経験を積んできているので、大したことないことなんですが、当時は凹みましたね(笑)

 

何でもないただの店舗せどりでしたら、気にせず戦いますが、取引先となれば話は違います。迷惑をかけてしまい、非常に申し訳ない罪悪感でいっぱいでした。

また、なにが店長公認だよトホホ( ;∀;) と少し腐りました。

 

でもまあ、よくよく考えてみれば、相手先も都合のいいことを言っているだけなんですよね。今までの関係が崩れてしまうかもしれないと、弱気な自分だったから凹んでいたワケです。

 

今回の失敗談は、ちゃんとよく見て仕入れましょう!…ではありません。

私が凹んだことが失敗?いいえそんなことでもありません。

 

失敗はしてません(キリッ)

 

 

取引先が増えれば周囲との差別化にもなり、優位性が出てきますが、それだけ責任も増加します。規模も大きく展開することになるので、少しくらいのミスった仕入れなんて、気にしているヒマはありません。

強がっているとも取れますが、それでいーんじゃないでしょうか?

エキサイティングなビジネスをやろうとしている起業家にとっては、むしろ、ちょっとしたスパイス程度にとらえたら活気が出て良いと思います(笑)

 

ビジネスの交渉事では、どんなカードを切っていけばよいのか?

切り方を間違っても、失敗したとは思わずに、

”今回はそーゆーデータを取ることに成功した!(半ば強気で)”

と、自分の気持ちをコントロールできると、

うまくいかない時でも余裕ができて、明るい気持ちで次に臨めます。

 

コレ、釣りに出かけたのに、まったく釣れなかったなんて日によく使ってましたね(もちろん、負け惜しみなんかではありません(T_T)

 

 


人気ブログランキングへ 

↑失敗を恐れないマインドを手に入れましょう。ポチっとな。

 

AD

IQOSに見る販売戦略

テーマ:
1月の後半は、とても忙しく(特にアタマの中が)、私の中で大きな出来事がワンサカ発生してしまい、整理するのに時間がかかっております。
何のことかと言いますと・・・

いろんな人に出会った。って話です(笑)

コレすべて、私のビジネスにおいて、良い出来事なんです。


誰かに会って、自分に大きく影響を及ぼすことって、
ものすごく大変なことだし、そうめったなことではありません。
それがなんだかいっぺんに来たわけですから、処理能力の弱いCPUを持った私は、しばしデータ読み込み中でフリーズするわけです( ゚Д゚)

私のアタマの整理をする意味も含め、少しずつお話したいと思います。




どーもこんにちは、ITOKEN.Pです(^^♪


皆さんは、Philip Morris Japanという会社をご存じだろうか。
アメリカの有名なタバコの会社です。
私はタバコ吸わないのですが、聞いたことはあります。
現在、日本ではこの会社が開発したIQOSという商品が、社会現象を起こしているようです。いい意味でも悪い意味でも…。

私のこのブログを見てくださる大半の方は、この商品を知っていることでしょう。
なかなか手に入らない貴重な代物らしいですね。
しかもこのIQOS、ここ仙台での売上が第1位なんだそうですよ。

先日、お付き合いのある方から紹介していただいたのが、このフィリップモリスジャパンの広報の方でした。
ウチの事務所で雑談をしながら、IQOSにまつわる現状を詳しく説明していただき、今後の課題や豊富を熱く語られておりました。

感銘を受けた私は、IQOSという文化を築き上げるための宣伝をしていこうと心に決め、まんまとフィリップモリスジャパンの回し者になったわけですが(笑)

もうひとつ、感銘を受けたことがありまして、
実はこの社会現象を引き起こしたIQOSなんですが、ある特定の、普及のための、限定販売戦略という部分なんです。

いわゆるブランディングというものです。

感のいい人はピンとくるのではないでしょうか。

詳しく書けないのが歯痒いのですが、モノを売る商売をしている特性上、この手の話は非常に勉強になります。

Amazon転売物販を事業として取り組んでいるウチの会社には関係ない分野かもしれませんが、ビジネスのヒントとしては充分すぎる内容でした。



※タバコ吸わない私にとって、IQOSを使用していただけるとやはり嬉しいものですね。


今回は、ビジネスの話をしているようでしてないねっていうお話でした。




せどり ブログランキングへ
↑もっとタメになるせどりの話してよ。と思った方はポチッと。





P.S. 

現在、月商1,000万円やりましょう!のamazon上級者コース(正式名称は『ITOKEN式売上向上委員会』)は5月末で終了になりますが、
生徒さんたちの途中経過報告を発表したいと思います。


先月の売上げが750万円の方が出ました!

なんか宝くじ売り場みたいに言っちゃいましたが、素晴らしい成績ですよね。
この分だと、1,000万円はすぐ行きそうですね。
この方は、元々300万円売上げていた方ですが、凄い上昇率ですね(汗)


他にも、月商100万円に届かず、伸び悩む学生さんもおりまして(学生なんだから充分じゃなかろうか)、先月の成績は350万円でした。
こちらも素晴らしい成績です。よくがんばりました。




彼らが現在取り組んでいる項目の一部を特別大公開です。

『ITOKEN式売上向上委員会』
1 仕入れに困らない方法
2 売上げ倍増システム
3 価格競争が気にならない仕組み
4 戦わない闘い方
5 スタッフにお任せの構築法
特典:利益を継続して出せる卸売紹介

※現在、上級者コースの募集は行っておりません。
 

 
AD

先週末、久し振りにプライスターでお馴染みカプセルZ福田社長と電話でお話しました。

輸出のことや、これからのことをヘラヘラと話しておりました。

 

スタッフも大幅に増員し、昨年末も大変だったみたいでしたが…。

でもなんだか楽しそうでした。これから新年会なんだって。ナルホドネ(^-^;)

 

 

この業界で活躍されている方なら、知らない人はいないくらい有名なプライスター

ウチも導入させていただいておりますよ。

 

 

ホントに素晴らしい!(ちゃんと宣伝してますよ、福田さん。)

 

 

ウチはアメリカ輸出も最近始めまして、トラブル続きのスタートでしたが、安定してきたので、そろそろこちらも『US版プライスター』導入しなきゃですな。

 

今年の【アメリカ輸出】の目標は、国内物販の足を引っ張らない程度に、月商300万円付近を維持することです。

もちろん国内は月商1,000万円以上をキープし続けることです(たのむぜミンナ‼)

 

 

 

 

どーもこんにちは、ITOKEN.Pです(^^♪

 

 

プライスターで有名な福田さんですが、彼のビジネススタイルに、私は強く惹かれてしまいます。

「詳しいことな~んもわからないんだ(笑)」と言い放つのは、部下に信頼を寄せているからなんでしょう。

ビジネスを遊ぶようにこなす彼は、今のところ、私の目標です(笑)

また一緒に飲みましょう。

 

 

 

 

長くなりましたが、今日はここからが本題でした。

 

 

インターネットによる個人ビジネスにおいて、成功しやすい【ある共通点】について話したいと思います。

 

以前、とあるコミュニティで知り合った方なのですが、急成長が目覚ましい人がいました。
「せどりを始めたばかりなのですが…。」となんだか頼りない青年でした。


その後、メキメキと売上げを伸ばし、今や、せどり転売の講師もしています。生徒さんからも人気があるのでしょうな。次の募集の問い合わせも来ているそうですよ。

 

さて、この青年を成功に導いたのは何だったのでしょう?答えはひとつではありません。

この青年の成功事例を検証しましょう。

 

 

成功ポイント① ポジティブではなかった


え?ネガティブな人が成功する秘訣?
いえいえ違います。
ポジティブでもネガティブでもいけません。
そもそもポジティブな人っていうのは、楽天的な人です。失敗や間違いが起きても、その事象について考え込んだりはしません。
何がいけなかったのか、どうすれば上方修正できるのか等の解決策を模索して、クリアしていく経験値を重ねていったからこそ、この業界の最先端で胸を張ることができているのでしょう。楽天的ではいけません。

 

 

成功ポイント② 謙虚で聞き上手だった


簡単なようで意外とできていない人が多いのもコレです。
”へりくだる”とはちょっと違います。相手の気持ちを察して行動しなければできないことなので、実際には難しいことなんじゃないのかなとも思います。
彼は、成功している人々の中に身を置き、好印象を持ってもらうように努力をする。

そして、知り得た情報に対して深く感謝する。
このことを徹底していたように私には見えました。
意図的であれ何であれ、謙虚さを持った、相手を思いやる気持ちを忘れない人には、少なからず有益な情報が入ってくるものです。
彼の所属するコミュニティで、臆することなく、コレをやってのけたワケです。

 

 

成功ポイント③ 信じることを疑わなかった


この転売ビジネスの業界はウソとワナにまみれ、一言で言えば”怪しい”ビジネス。
と、世間ではウワサされているそうです(笑)
最近では、ひと昔に比べればずいぶん認知されてきているようですが、やはりまだ足を踏み入れるには相当な勇気が必要みたいですな。まあ私もその一人でしたが…。
彼もその一人。
自己流で、しばらくの間リサーチ活動を続けたものの、実が出ないことに挫折したんだそうです。
その後、成功者の指導を受けようと投資したのが、彼の転機。
おそらくは、ココが彼を成功に導いたポイントだったはずです。
信じて賭けたからこその勝利です。

 

 

 

 

 


どうだったでしょうか?


転売ビジネス(せどり)での成功事例をあげてみましたが、彼は脱サラしたいと強く願っていました。これも強い原動力となりますね。
変わりたいと強く願う人は大勢います。
成功できるのは、それをちゃんと実行したから。
そして、これは世の常なんですが、実行するのは、いつだって少数派なんです!

少数派はココ!人気ブログランキングへ

 

 

 

 

 


※この青年はこの人でした ↓ 私の大切な友人です。
ももやすさんのブログはこちら
素晴らしいノウハウの持ち主です。きっと丁寧に教えてくれることでしょう。
そして、いいこと書いたので飲み代くらい奢ってくれることでしょう(笑)

 

 

AD

昨日、amazon輸入で成功してらっしゃる方からメールをいただきまして、真贋(しんがん)の疑いでアカウント止められました、とのこと。垢バンってやつです。

 

・・・イヤイヤイヤ(;'∀')、これは生命線にかかわる問題!

一週間で戻ったらしく、一安心だったのですが。

 

ここで見える、成功者の共通点。それは・・・

一度はまず落ちる。そして、「いい勉強になりました。」ってサラッと言ってのける。

きっと大変だったことでしょう。

 

アメリカのヒーローはピンチの時こそジョークをとばします。

「あんなデカイ隕石落ちてきたら、地球がピザになっちまうぜ!」 とか(笑)

・・・チョットずれた話でしたね。

 

 

どーもこんにちは、ITOKEN.Pです(^^♪

 

 

海外組と比べ、国内は、せどらーと言われる人々で大部分が構成されていると言っても過言ではありません。

 

〇輸入=海外ネット仕入れ→国内販売
〇国内=国内ネット仕入れ&近隣実店舗仕入れ→国内販売

 

こんな図式でしょうか。

 

輸出入に比べ、日本国内で完結してしまう国内販売は、何と言っても一番の利点は配送費コストでしょう。

次に即収入に直結するところ。すぐお金になるワケですな。


輸出するにも輸入するにも、国内完結組よりも、いくつかの大きな壁があって、初心者にとってっは敷居が高いのです。いわゆる参入障壁と言われるものですね。


国内組は、お手軽な分、参入者が多いため、大きく稼ぐ人は極めて少数。
つまり、簡単だけど稼げない。


周りが稼げてない理由は、ズバリ二つ。


一つは、視野の狭さ
仕入れができれば勝ちの世界です。

仕入れができない人が私に決まって言うことがあります。
「仙台は素晴らしい市場ですねって」(笑)。
この時点で世界が違いすぎます。
どこでも仕入れができるはずなのに、あまりの視野の狭さに可能性を潰しているとしか考えられません。モッタイナイ。


二つめは、買う勇気がない
過度に失敗を恐れ、データに基づく根拠(エビデンス)を信じることができない。
これについては、小さな成功体験を積み重ねていくことで、デキル自分をつくることができるでしょう。
でも、近道もあります。パワーセラーの視点を共有することです。

 

 

 

※上の記事。実はこれから、地元でコンサルティングを行う方々に送ったメール内容の、一部抜粋でした。「amazon輸入者から見て、国内せどりは?」という質問の回答文となっておりました。さて、どれくらい実績を出してくるか楽しみであります!

 

 

 

海外仕入れ&国内仕入れで二刀流。
これは単純に強いでしょう。二刀流で仕入れ販路が拡大して、差別化できてるわけですから、収入の安定化につながります。
収入が多くなると比例して増えるのが労働力と費やす時間。そうなると見えてきますね、組織化というシステムが…。

 

 

成功の近道はココ!人気ブログランキング

今やネットで探せないことなんかないんじゃなかろうか…。

ココにはノウハウがたくさんございます。

 

 

P.S

仙台も冷え込んで雪が積もりましたね。

先日、大きな暖炉のあるお家でパーティーをしました。

暖かいし、クリーンなんですね。驚きました。・・・ほしい。でもそこまで北国じゃないしなぁ。

 

 

 

 

使いこなしてナンボよ・・・。

 

アンフェアな世の中

テーマ:

クリスマス商戦も終わり、12月はamazon転売で稼ぐ方々は一年で最大の売上げを出したことでしょう。

私どもは12月に照準を絞った戦略を立てていないため、特に大きく変化がない売上げを保っております(がんばらなかった言い訳)


稼ぎ続けるというのは、難しいことのようにも思えますが、継続することに慣れてしまうと、日課のように思えてきます。自分のこと信じて楽しく続けることがコツでしょうな。

 

 

 


皆さん、あけましておめでとうございます。ITOKEN.Pです。

 

 

今回は「フェアな社会」について極端なことを書いてみたいと思います。


平等な社会とはよく言ったものですが、お金を稼ぐことに関しては、まったくあてはまらないと私は考えています。

収入に格差がある社会なので、当たり前と言えば当たり前のことですよね。もし「フェアな社会」であれば、人格者で誰からも好かれ、才能にあふれた人間であれば、大金持ちです。大成功です。でも、そうなりませんよね?

 

"うまいことやった人"にお金が入っていく世の中です。

 

私は失望をもたらすためにこんなことを書いているワケではありません。

お金というのは人格に関係なく、市場原理に基づいて、中立(フェア)に分配されていると私は考えています。

その中立的な市場の中で"うまいことやった人"を、大多数の人々は非難することになるでしょう。

 

ここがポイントです。

 

「フェアな社会」に幻想を抱くとこうなっちゃいます。

大多数の非難する側になり、国が悪い、政治が悪い、会社が悪い、自分のファクターが悪い、と負け犬ムードであきらめることで折り合いをつけてしまいます。

最初から、「アンフェアな世の中」に私はいる、と自覚できていれば、賢い人は"うまくやる"手段を探し、努力をするでしょう。

 


こんな世の中に誰がした?ではなく、やったもん勝ちよ!って言える側に行きましょうよ。


 

メカラウロコ人気ブログランキング