「建設業許可のカネの要件」

テーマ:
何らかの許認可を取得しようとするとき、全てではありませんが、

「ヒト・モノ・カネ」の要件を満たすことを要求されます。

建設業許可の「ヒト」の要件に関しては以前の記事で書いたとおり、

ハードルが高く、経験や資格などを要求されます。


次に難しいのは「カネ」です。


財産的基礎として、次のいずれかに該当することを求められます。

(一般建設業の場合)

①直前の決算で自己資本(貸借対照表の純資産合計の額)が500万円以上あること。

②金融機関が発行する500万円以上の預貯金残高証明書があること。


ここで気を付けなくてはならない点があります。


「カネ」の要件を満たす方法として、上記②の残高証明書を準備される方が多いのですが、

この残高証明書の基準日(残高日)から1か月以内の書類でないと役所では受け付けてくれません。

準備の良い方ほどある話なのですが、1番最初に残高証明書を金融機関から取得してしまい、

その他の書類を準備している間に1ヶ月が過ぎてしまう。。。


そうなると残高証明書を取り直さなくてはなりません。


お客様によっては、残高証明書を取り直すと言っても、資金的にギリギリの場合は

翌月の元請からの入金がないと500万円以上の残高証明書が取れないという方も

いらっしゃますので注意が必要です。


独立してすぐに許可申請をする場合は、この「カネ」の要件を見越して、計画的に資金調達を

して頂きたいと思います。
AD