☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ご訪問ありがとうございます。 名古屋で評判(?)のはんこ屋

西高蔵印章店の店長 伊藤 東(通称AzuMax!)です。

このサイトにたどり着かれたものなにかのご縁です。2010年4月から

始めたばかりで記事は少ないですが、少しでも楽しんでいただけたら

幸いです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

かか$強運引き寄せ!きっと役に立つ印鑑の選び方のヒントかかか
$強運引き寄せ!きっと役に立つ印鑑の選び方のヒント
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-08-28 15:47:39

どんな材料で印鑑を作るのが一番おトクですか?

テーマ:■印材について

はんこ屋のおやじ☆伊藤東です。

今日はお子さんの夏休み最後の日曜日ですね。

半ベソかきながら宿題に取り組んでいる人もおられることでしょう。

TVでは24時間テレビ。

これがあると「あぁ、もう夏休みも終わりだなあ」と毎年感じます。

 

さて、今日はお客様からよく受ける質問の

「どんな材料で印鑑を作るのが一番おトクですか?」について書いてみます。

この「おトク」の基準が人それぞれでわからないのですが・・・、

価格と各印材の特性という観点で比べてみます。

 

「安さ」だけ考えればラクト製品や柘が上げられます。

しかし印面が欠けやすいという致命的な欠点があります。

したがって気軽に使える認印としては適していても、

役所や金融機関への登録を伴い、またいいにつけ、悪いにつけその効力は強大です。

そのために「欠けちゃったから新しいハンコに替える」ということが簡単にはいきません。

したがって実印や銀行印にはあまりお勧めはできません。

 

「高いけど印鑑としては最高の素材」となれば象牙が真っ先に出てきます。

象牙の持つ風合いや朱肉の馴染みの良さ、そして希少性など抜群です。

しかし価格が高いということを考えるとおトクと呼べるかどうかに疑問符がついてしまいます。

 

そして最後は本当の意味でおトクなのは何なのかを考えてみます。

それは高い品質を保ちながらも価格はそこまで高くない素材ということになります。

ズバリ水牛類をお勧めします。

オランダ水牛や白オランダ水牛、黒水牛が昔から日本の印鑑の材料として人気の素材です。

派手さはありません。

むしろ地味な素材ですが強度・耐久性が高く、実印や銀行印の素材としてイチオシです。

それでいて価格はさほど高くはありません。

特に黒水牛は印鑑業者が価格競争の目玉商品にしているのでおトク感が大きいですね。

 

コストパフォーマンスという観点では水牛類をお勧めします。

私の子どもの実印もオランダ水牛です。

ハンコ屋のおやじが自分の子ども用にも使っている素材ということで説得性も増しますよね(笑)。

 

ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-07-29 11:14:30

ありのままの自分が一番

テーマ:思うこと・思ったこと
はんこ屋のおやじ☆伊藤東です。


実印や銀行印など印鑑を作成することって人生の中でしょっちゅうあることではありませんよね。
それだけに日常生活からかけ離れているので、知識があまりないというのも当然のことといえます。

新しく印鑑を作成するためにご来店されるお客様は
1.インターネットなどでしっかりと事前研究されてご来店されるお客様
2.「印鑑のことは何もわからないからなにを選んだらいいのか教えて!」と丸投げ状態のお客様
の2タイプに大きく分かれます。

お店側としてはどちらのタイプでもかまいません。
事前にしっかりとお勉強されている方は話がスイスイと進み効率的です。
何もわからないタイプの人には「よ~し、それならボクがどんどん教えてあげよう!」とお役に立ちたいオーラが全開になります。
まさに人間がこの世に生まれてきた目的を達成させるのに最適なモードになります(笑)。

さて、問題なのは1タイプなのに2タイプのフリをする、あるいは2タイプなのに1タイプのフリをする人です。
これははっきり申し上げてソンです。
長い期間にわたり商売をしている人ならわかると思います。
すぐに見破られます。




そして結果としてお客様のほうから見てオトクな買物には繋がりません。
コンビニなら入店してから商品を選び、お金を払って外に出るまでに無言のままでもいいです。
ところがハンコ屋さんは用途や印材の種類、大きさ、書体などお客様とお店側の会話ナシでは成立しない業種です。
「ありのままの自分が一番」と思います。
無理に作り上げた自分では疲れちゃうし、何といってもソンです。
買い物の時だけでなく職場でも家庭でも同じ行動をとっているはずですから・・・。


ありがとうございます。






AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-06-25 18:11:08

三文判

テーマ:■認印
はんこ屋のおやじ☆伊藤東です。

今日は土曜日。
いつも土曜日の店内は静かなものですが、今日もやはり静かです(泣)。

さて今日は認印のお話です。
日本は印鑑社会です。
印鑑が不要な場面が徐々に多くはなってきましたがまだまだ必要な場面もたくさんあります。

外出先で急に印鑑が必要になったがたまたまその日は持ち合わせていなかったという場面を体験されることもあるでしょう。

そんな時はお近くのハンコ屋に飛び込んでみるのもひとつの方法です。
既製の認印、すなわち三文判(さんもんばん)が100円~300円くらいで売っています。
自宅に取りに行く時間や交通費を考えれば買っちゃったほうが安上がりかもしれませんね。

ちなみに当店の三文判は5000名分の苗字が揃っています。
価格は100円。
な、なんと税込みで100円です。




別に近隣の同業者さんと価格競争をしているわけではありません。
消費税込みで108円よりお手軽なワンコインのほうがお客様も喜んでいただけるだろうし、
こちらも計算がラクという単純な発想です。

ところが日本人の苗字ってものすごくたくさんあって5000という数は小さなものです。
もしお店にない苗字の時は別注で作成することも出来ますのでお伝えください。
ただし価格は756円(10ミリ・白ラクト)です。
さすがに100円というわけにはいきませんのでご了承ください。

ではまた。


ありがとうございます。






AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。