名古屋の若手税理士★伊藤誠悟税理士事務所のブログ

事業発展のパートナーとして、経営に役立つ情報をお伝えしていきます!!
税理士を一番身近で頼れる相談相手と感じていただけるようなブログです!!


テーマ:

こんにちは!!



名古屋の伊藤誠悟税理士事務所です得意げ


今日は、グリーン車やスーパーシート等での出張は経費で認められる?

というお話をしたいと思います本









中小企業の社長さんは、出張で全国を飛び回る機会が多いと思われます。

大部分の会社では、社長、取締役、部長等の経営管理者は、

出張でグリーン車やスーパーシート等を使っているケースが少なくありません。

では、経費として認められるには、何が必要かご存知ですか? 


実は旅費規程が欠かせないのです。

御社にあるかどうか確かめてみましょう。




まずは旅費規程の確認を


グリーン車やスーパーシート等の利用が、旅費規程に基づいている場合は、

経費として認められます。
会社に旅費規程があり、出張がその規程に基づいていれば、

電車や飛行機の利用は実質経費として認められます。

グリーン車やスーパーシート等についても、規程の中にその使用を認めていて、

その者の職務を遂行するために行う旅行の実情に照らし、

明らかに必要と認められる場合には、特別に課税されることはありません。

多くの会社は、重要なポジションにある経営管理者に限って

グリーン車やスーパーシート等の利用を規程で認めています。

それ以外の社員については、新幹線や特急等の指定席までというケースが多いのが実情です。


一方、会社に旅費規程がなく、出張費用の実費を精算している場合には、

利用した者の職責や旅行の実情からみて、

その支給額が利用をした者と同業種・同規模の他の使用者等が一般的に支給している金額に照らし、

通常必要と思われる範囲を超えた部分や不当に高額な場合には課税されます。
よって、経営管理者以外の社員がグリーン車等を利用した場合には、

課税されるケースがあります。
支給される金額が非課税とされる旅費の範囲を超える場合、

旅行の性質、内容によって、以下のように従業員の所得として課税されます。


・ 通常の出張の限度を超える額…給与所得


・ 転任に伴う転居のための旅行…給与所得

・ 就職した者がその就職に伴う転居のための旅行…雑所得

・ 退職に伴う転居のための旅行…退職所得

・ 死亡退職者の遺族が転居するための旅行…退職所得(相続税の対象なので非課税)


例えば、通常の出張で必要とされる費用を超える金額を支給した場合は、

超過分は給与所得になります。

また、就職した者がその就職に伴う転居のために支払った費用は雑所得となります。


詳しいことは会計事務所におたずねください。





★☆★ただいまランキングに参加しております★☆★

最後までお読みいただきありがとうございました。

ポチッと押して頂けると大変励みになります。

よろしくお願いします音譜

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ にほんブログ村


にほんブログ村 経営ブログ 経営情報へ にほんブログ村



   【お気軽にお問合せください】

   

   事業発展のパートナー


  伊藤誠悟税理士事務所

   電話 (052)684-6073

   手紙 mjs-ito-kaikei@w9.dion.ne.jp

   パソコンhttp://www.ito-zeirishi.biz/


    〒456-0018

    名古屋市熱田区新尾頭二丁目2番32号

    勢州館金山ビル2階



  

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

伊藤誠悟税理士事務所さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。