名古屋の若手税理士★伊藤誠悟税理士事務所のブログ

事業発展のパートナーとして、経営に役立つ情報をお伝えしていきます!!
税理士を一番身近で頼れる相談相手と感じていただけるようなブログです!!


テーマ:

こんにちはニコニコ



名古屋の伊藤誠悟税理事務所です音譜


今回は、 「最も面積が大きい報告」を参考にしよう

というお話をしたいと思います。










例えば、昨日開催した自社セミナーについての報告を3人の社員に聞いたとします。


Aさん:「トラブル続きで大変でした。空調が入らず、プロジェクターが動かず、途中で音響が一旦止まってしまいました。機材の操作が複雑なのに、周囲にわかる人がいなく、もうパニック状態でした」

Bさん:「いいセミナーでしたよ。大成功です。大感動です。Aさんは私から見ると張り切っていたように感じました。それより、セミナーの講師のお話が感動もので、多くの参加者が涙を流していましたよ」


Cさん:「おおむね予定通り滞りなく完了しました。参加者数は昨年の1.5倍。参加者のアンケートに目を通した限りでは、大半の方は満足してくれたようです。感動的な場面も一部ありました。機材トラブルが多少ありましたが、進行を妨げるほどではなかったです」


さて、この3人のうち、誰の報告を信じればいいのでしょう?




自分の関心ごとだけの報告では全体像がゆがんで伝わる


答えはCさんです。なぜだと思いますか?

それは、Cさんがいちばんセミナー全体のイメージを伝えているからです。

つまり「最も面積が大きい報告」なのです。


一方、AさんとBさんはともに自分の関心があるところを強調して報告しています。

これでは相手に全体像をゆがんで伝えている可能性があるのです。

Aさんは几帳面なタイプ。

それだけに小さなミスが気になり、それを最初に話しています。

全体ではうまくいったセミナーでも、自分の反省点を強調してしまうのです。


Bさんは、自分がいちばん印象に残ったことから話しています。

これでは小さなミスや反省点が埋もれてしまいます。


それに対してCさんは「セミナーが無事進行した」という、

もっとも俯瞰的な内容を最初に話しています。

そして、それ以外の「感動的な場面」「機材トラブル」を話す優先順位を下げています。


上司への報告スタイルは、人柄があらわれます。

事実を正確に把握したいならば、最も俯瞰的にとらえた=面積が大きい報告を参考にしましょう。

そして、誤解をされない正しい報告の仕方を、いま一度社内で指導・徹底してみることをおすすめします。








★☆★ただいまランキングに参加しております★☆★

最後までお読みいただきありがとうございました。

ポチッと押して頂けると大変励みになります。

よろしくお願いします音譜

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ にほんブログ村


にほんブログ村 経営ブログ 経営情報へ にほんブログ村



   【お気軽にお問合せください】

   

   事業発展のパートナー


  伊藤誠悟税理士事務所

   電話 (052)684-6073

   手紙 mjs-ito-kaikei@w9.dion.ne.jp

   パソコンhttp://www.ito-zeirishi.biz/


    〒456-0018

    名古屋市熱田区新尾頭二丁目2番32号

    勢州館金山ビル2階



  

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

伊藤誠悟税理士事務所さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。