名古屋の若手税理士★伊藤誠悟税理士事務所のブログ

事業発展のパートナーとして、経営に役立つ情報をお伝えしていきます!!
税理士を一番身近で頼れる相談相手と感じていただけるようなブログです!!


テーマ:

こんにちは!



名古屋の伊藤誠悟税理士事務所ですニコニコ



今日は、「損益分岐点」に着目した経営についてお話ししたいと思います腕時計







名古屋の若手税理士★伊藤誠悟税理士事務所のブログ



「どれだけ売り上げれば収支トントンにもっていけるのか?」
「目標とする利益を確保するのに必要な売上高は?」
「人材を採用して増えた人件費をまかなうために売上をどれほどアップさせなければならない?」


経営者はこのようなことを考える場面によく出くわします。

その際、非常に重要な指標として「損益分岐点」が挙げられます。



損益分岐点とは儲かるかどうかの分かれ道


簡単にいうと利益とは売上から費用を引いたもの

その費用は、売上に応じて増減する変動費と、

売上の増減にかかわらず一定の固定費に分けられます。


売上高から変動費を引いたものが限界利益

経営計画を立てる際、まず着眼すべき利益になります。

売上を増やすことよりも、いかにして限界利益を大きくしていくかを

考えることに注力しなければなりません。

この限界利益を売上高で割ったものを限界利益率といいます。


損益分岐点とは、限界利益と固定費が等しいときの売上高

英語でいうと「Break Even Point」。

つまり、何の利益も損失も発生していない売上高になります。

損益分岐点をわかりやすく計算すると、固定費を限界利益率で割ったもの。

これがちょうどコストを吸収できるポイントとなるのです。


売上高を増やすことだけに力を入れるのではなく、

変動費と固定費を削減して損益分岐点を下げることも考えるべきといえます。




部門、商品、プロジェクトごとに活用すると効果的


限界利益や損益分岐点は、将来の経営計画で威力を発揮します。

新規事業を始めるときや新たなインフラを導入するときに

事前検証手段として活用できるのです。

また、この損益分岐点は、会社全体で分析することよりも、

部門や商品、プロジェクトといった小さな単位ごとで活用したほうが効果的。

そうすると、詳細な対策を検討できます。

さらには部門、商品、プロジェクトを拡大すべきか、

撤退すべきかといった重要な判断を下す際に役立つことでしょう。







★☆★ただいまランキングに参加しております★☆★

最後までお読みいただきありがとうございました。

ポチッと押して頂けると大変励みになります。

よろしくお願いします音譜

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村

にほんブログ村 経営ブログ 経営情報へ
にほんブログ村


   【お気軽にお問合せください】

   

   事業発展のパートナー



  伊藤誠悟税理士事務所

   電話 (052)684-6073

   手紙 mjs-ito-kaikei@w9.dion.ne.jp

   パソコンhttp://www.ito-zeirishi.biz/


    〒456-0018

    名古屋市熱田区新尾頭二丁目2番32号

    勢州館金山ビル2階





  


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

伊藤誠悟税理士事務所さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。