名古屋の若手税理士★伊藤誠悟税理士事務所のブログ

事業発展のパートナーとして、経営に役立つ情報をお伝えしていきます!!
税理士を一番身近で頼れる相談相手と感じていただけるようなブログです!!


テーマ:

こんにちはアップ


名古屋の伊藤誠悟税理士事務所ですひらめき電球



今日は印紙の節約についてお話ししたいと思います本





名古屋の若手税理士★伊藤誠悟税理士事務所のブログ






印紙税は契約書など経済取引に関連して作成される文書に課税される税金。

文書の内容や金額で税額が変わってくるため、実務担当者も間違えやすいものです。

ここで、印紙を節約できるちょっとした工夫についてご説明いたします。



親子会社間、関係が密な会社との文書は「原本1通のみ」作成


印紙税は文書の作成に関して、課税文書といわれる文書1通ごとに印紙の貼り付けを求めるもの。

契約の当事者間で各自1通ずつ保有する目的で、2通の契約書を作成してはいませんでしょうか。

これを原本1通のみを作成して署名押印し、どちらかの手元で取り置いて、

もう一方はコピーで保管してみてはいかがでしょう。

そうすると、印紙代が半分になります。

親子会社間の契約書や、関係が深い会社との間の契約書の作成事務であれば、

検討する余地があると思われます。




消費税を区分記載する


契約書や金銭の受取書で、消費税の金額が区分記載されている場合や、

税込価格や税抜価格が記載されていることで、その取引の消費税金額が明らかな場合には、

その記載された消費税の金額は記載金額に含めないことになっています。

そこで、契約金額や受取金額を印紙税の課税文書に書き込む際、

消費税を含めた合計金額だけではなく、消費税の金額が別途いくらかを

記載するように習慣づけることをおすすめします。

印紙税は記載金額の大きさで決まります。

区分記載することで記載金額が小さくなり、印紙税負担の軽減につながります。









最後までお読みいただきありがとうございました。

ポチッと押して頂けると大変励みになります。

よろしくお願いします音譜

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村

にほんブログ村 経営ブログ 経営情報へ
にほんブログ村


   【お気軽にお問合せください】

   

   事業発展のパートナー



  伊藤誠悟税理士事務所

   電話 (052)684-6073

   手紙 mjs-ito-kaikei@w9.dion.ne.jp

   パソコンhttp://www.ito-zeirishi.biz/


    〒456-0018

    名古屋市熱田区新尾頭二丁目2番32号

    勢州館金山ビル2階





  

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

伊藤誠悟税理士事務所さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。