名古屋の若手税理士★伊藤誠悟税理士事務所のブログ

事業発展のパートナーとして、経営に役立つ情報をお伝えしていきます!!
税理士を一番身近で頼れる相談相手と感じていただけるようなブログです!!


テーマ:

こんにちは!!!

名古屋にある伊藤誠悟税理士事務所です。


今日は、企業にとって大切な「ロングテール」の実力についてお話したいと思います。





名古屋の若手税理士★伊藤誠悟税理士事務所のブログ







最近、書店のビジネス書のコーナーなどで「ロングテール」という言葉を

目にしたことがある方も多いのではないでしょうか。



ロングテールとは、ビジネスにおけるパレートの法則(80対20の法則)に対し

一種のアンチテーゼといわれる経済理論。


縦軸に販売数量、横軸にアイテムを販売数量の多い順に並べたグラフを描いた際に、

販売数量の少ないアイテムを示す部分が長く伸びる様子を

ロングテール(長い尻尾)に見立てた呼び名です。




パレートの法則によると、売上の8割は全顧客・全商品銘柄のうちの

優良な上位2割が生み出していると考えられ、

ロングテール部分の商品や顧客は切り捨てられてきましたが、

現在、注目されているロングテールでは残りの8割の商品や顧客に着目しています。





ロングテールという言葉が提唱されたきっかけは、

インターネット書店Amazon.com (アマゾンドットコム)の売上比率において、

大型書店に置かれていないマイナーな商品(主に書籍)が

ベストセラーと同等程度に貢献しているという報告です。



店舗を持たない強みから、1年に1冊しか売れない特殊な本も扱え、

マイナーな書籍の売上を累積すると総売上の半分以上になるといわれています。


まさに「塵(ちり)も積もれば山となる」。

インターネットの普及による販売コスト削減効果の良い例といえるでしょう。





このように、ロングテールの法則によって

上位の商品や顧客だけに着目してきたこれまでの考え方が見直されてきています。

つまり、多品種の中から消費者のニーズにマッチングした商品を

容易に発見できる仕組みを構築することが重要になってきているのです。




これまで“死に筋”と呼ばれたニッチ商品の少量多品種販売によって

大きな売上、利益を得ることが可能なロングテール。


売れないから、または優良顧客じゃないからと切り捨てられてきた

8割の売上が際限なしに伸びていくという大きな可能性を秘めた

「ロングテール」戦略を、頭に入れてみてはいかがでしょう。








 

★☆★ただいまランキングに参加しております★☆★

最後までお読みいただきありがとうございました。

ポチッと押して頂けると大変励みになります。

よろしくお願いします音譜

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村

にほんブログ村 経営ブログ 経営情報へ
にほんブログ村





   【お気軽にお問合せください】

   

   事業発展のパートナー



  伊藤誠悟税理士事務所

   電話 (052)684-6073

   手紙 mjs-ito-kaikei@w9.dion.ne.jp

   パソコンhttp://www.ito-zeirishi.biz/


    〒456-0018

名古屋市熱田区新尾頭二丁目2番32号

    勢州館金山ビル2階


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

伊藤誠悟税理士事務所さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。