名古屋の若手税理士★伊藤誠悟税理士事務所のブログ

事業発展のパートナーとして、経営に役立つ情報をお伝えしていきます!!
税理士を一番身近で頼れる相談相手と感じていただけるようなブログです!!


テーマ:

こんにちは!!!

名古屋にある伊藤誠悟税理士事務所です。



今日は、売掛金が回収できないときの節税方法についてお話したいと思います。



伊藤誠悟税理士事務所のブログ


取引先が倒産すると、売掛金の回収見込みがほとんど立たなくなります。

倒産した取引先に残った財産から配当を得るためには裁判が行なわれるのですが、

こうした裁判はたいてい長期化します。

しかも債権者側としては、裁判中は回収できない売掛金を経費として処理することができません。


「売掛金などは、諸事情により、回収の見込みがなくても、

その相手先が倒産または完全に回収ができないことが確定しなければ、

経費に落とすことができない」というのが貸倒に関する前提だからです。

自社にどれだけの配当がくるかもわからず、いつまで続くか見当がつかない裁判をひたすら待つのは現実的ではありません。



放棄する旨を書面に! でもその前にしっかり判断


しかし、ある方法を使えば、回収不能になった売掛金を経費で処理することができます。

ある方法とは何か?


「内容証明等でその売掛金を放棄する旨を書類で残す」ということです。


回収の見込みがないのならば、自らが放棄してしまえば経費に落とすことが可能。

ただし、債務者が債務超過の状態が相当期間継続していることが前提になります。

ここでの重要事項は、売掛金を放棄する旨の書類を期末までに提出することが必要ということです。

この際「本当に放棄しても構わない売掛金かどうか」をしっかり判断することが大切。

回収不能と思っていても、万が一、配当があるかもしれません。

売掛金を放棄したら1円も自社には入ってきませんが、放棄せず残しておけば、少しでも回収できる可能性があります。

一部を回収してから未回収部分を経費処理することも可能なのです。

実情を勘案した上で、すぐに経費に落とすかどうか処理することが求められるでしょう。







★☆★ただいまランキングに参加しております★☆★

最後までお読みいただきありがとうございました。

ポチッと押して頂けると大変励みになります。

よろしくお願いします音譜

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村

にほんブログ村 経営ブログ 経営情報へ
にほんブログ村





   【お気軽にお問合せください】

   

   事業発展のパートナー



  伊藤誠悟税理士事務所

   電話 (052)684-6073

   手紙 mjs-ito-kaikei@w9.dion.ne.jp

   パソコンhttp://www.ito-zeirishi.biz/


    〒456-0018

    名古屋市熱田区新尾頭二丁目2番32号

    勢州館金山ビル2階



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

伊藤誠悟税理士事務所さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。