2011-11-22 00:38:30

スタッフ矯正5 <抜歯の手順>

テーマ:医療
今回は抜歯の手順です。

抜歯は痛いと思う方は多いと思います。当医院ではなるべく痛くないように抜歯する工夫をいくつかしているので手順の中でご紹介したいと思います。

まず麻酔ですね。麻酔針を入れる場所に表面麻酔をたっぷり塗り浸します。
2~3分置くと効果的です。
その間に麻酔液を体温ぐらいに温めておきます。(温めることで麻酔が組織に入ったときの刺激を軽減します)
そして歯肉の柔らかい部分(粘膜)にそっと注射します。当院で使用している注射針は33G(外径0.26mm)という世界最小サイズの超極細のものを使用しています。
後はなるべく圧をかけないようにゆっくりと浸潤させていきます。
条件が良ければほぼ痛みを感じることなく麻酔を終えることができます。

$ITO DENTAL OFFICE のブログ

麻酔が十分浸透して痛みが無いのを確認します。
ここまでくれば後は力を抜いてもらって大丈夫です。

そうはいっても怖いですよね、
当院では今後、痛みを感じにくくする効果のある笑気吸入麻酔の導入を考えています。
他にも痛みの軽減に有用な方法があったら検討していきたいと考えています。

Dr.Yu-ki
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2011-11-15 23:35:38

スタッフ矯正4 <抜歯矯正>

テーマ:医療
スタッフ香織ちゃんの矯正久々の更新となります。
今回は矯正の抜歯についてです。

まず矯正治療に抜歯する矯正と、抜歯しない非抜歯矯正という種類があると思われている方もいると思います。実際のところはそういう分類をするわけではなく、どちらの選択をするかということなのです。
簡単に言うと、顎のサイズが歯の横幅の合計より大きければ 並んで収まるし、小さければ入りきらなくて収まらずはみ出してしまう という事です。

香織ちゃんの場合完全にはみ出してしまうので抜歯をする事にしました。

$ITO DENTAL OFFICE のブログ

※ 歯を抜かないで矯正治療が出来ると謳って歯列を全体に広げて無理に並べてしまうというやり方をする歯科医がいるらしいのですが、それは非常に危険な考え方で、トラブルが起きやすいのでそういった謳い文句がある医院は注意した方が良いかもしれません。
抜歯・非抜歯矯正についてこちらのサイトに載っているのでご興味のある方はどうぞ。


次にどの歯を抜歯するかについては 症例によって異なりますが、第一大臼歯や犬歯は大事な役割をする歯なので一般的には抜きません。また前歯も審美的な観点から抜く事は少ないです。ということで小臼歯が抜歯対象になる事が多いです。
香織ちゃんの場合、臼歯の咬み合わせが正常なことと 犬歯や側切歯を歯列弓に収めたいということから、第一小臼歯が最も最適だと判断致しました。


$ITO DENTAL OFFICE のブログ

次回は抜歯の手順です。

Dr.Yu-ki
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2011-09-17 18:42:31

スタッフ矯正3 <歯冠形態修正>

テーマ:医療

この前は右側の歯を抜歯したので、今度は反対の左側の4番の抜歯に取掛かります!

$ITO DENTAL OFFICE のブログ

その前に、香織ちゃんの犬歯は萌出してから下の歯と咬合(コウゴウ:噛み合わせ)していないので萌えてきたときとほとんど形態が変わっていないためすごく尖っています。

$ITO DENTAL OFFICE のブログ

刺さって痛いそうなので、ちょっと削って丸くしました。

$ITO DENTAL OFFICE のブログ

$ITO DENTAL OFFICE のブログ

一度も怒った事がなさそうな優しい性格の香織ちゃん、唯一の尖った所も丸くなりました。 笑
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。