通販サイトにおける、ホームページと、FBと、ブログの役割について。
 
この3つをリアル店舗で例えるとこうだと思いました。
 
ブログ・・・「営業中」とか「車えび入荷しました」とか、今まさに営業している感。ブログがない、更新していないと、やってるかどうかよくわからない店舗になる。
 
ホームページ・・・商品陳列棚であり、レジ、店舗そのもの。
 
FB・・・店員さんとお客さんとの会話だったり、店員さん。
なので、変に営業、営業してると、買わない。
FBをやらない、あるいはないショップは自動レジみたいな感じかな。
AD

ホテルLita 様 レシポンシィブサイトでホームページリニューアルしました

http://lita.miyakojima-weekly.com/ 

今回はデザインはお任せでしたので、 ロゴのアジアンで黄色な感じに全体をあわせて作成。

ちなみにホテルはとても安く清潔で脅威の稼働率を誇ります。

長期や一人の方にぜひおすすめです。

AD

【ネット通販に必要な人】

テーマ:

 

【ネット通販に必要な人】
わが社では昨年から一人、ネット通販担当が入りました。
うちでも通販事業自体を行っていますが、お客様の通販サイトの保守もしています。

ネット通販って誰でもできると思いますか?
いえ、違います。やはりここにも向き不向きがあります。
スバリ、
・ミーハーであること
・お茶の間代表であること
・ホスピタリティがあること
・世間一般的な情報を追うのが好きなこと
などでしょうか

そこにさらに、マーケティング手法や知識、分析能力がスキルとして必要とされます。

わが社の通販担当は、まさにミーハーだし、ホスピタリティがあり、お茶の間代表なので、向いてます。
いいキャスティングしたなーと我ながらズミ!

今の通販世界は、販売促進やマーケティングができないと売れません。
16年前・・・出せば売れた
12年前・・・出してもよい広告が出せないと売れない
9年前・・・商品ストーリー作りが必要になった
     (ここからもはや素人は売れないことがはっきりしてきた)
最近・・・完璧なターゲティング、商品ストーリーなどのバックグラウンドができあがった上で、それら情報をデザインするデザイナーが必須
という具合でしょうか?

なので若干通販の敷居が高くなったと思います。
こうなると初期投資や運転資金が高くつくので商品力と資金力がない事業者は通販が厳しくなりそうです・・・。

AD
最近、Y!もGにならって検索をSSL/HTTPS化しました。そのため、どのような検索キーワードで自身のホームページが見られているかわかりかねてきました。

SSL/HTTPS化 の理由の1つとして「プライバシー」などと言ってます。
ですが、馬鹿馬鹿しくありませんか?なぜならば・・・

1.人々はFaceBookやブログ、インスタグラムなどSNSで自身の情報さらけ出している
 以前、オーストラリアでこのようなTV番組がありました。「Facebookで質問されている内容を街頭インタビューしてみる」。
 結果はほとんどの人が「プライバシーの侵害よ!」と言って怒ったそうです。

2.検索キーワードを盗聴された、閲覧サイトを盗聴された実害は?
 セキュリティというのはお金をかけようと思えばいくらでもかけれます。
昔、セキュリティの研修に言った時に良いこと教わりました。
「いくらかけて、いくらのものを守るのか?」。検索キーワードを盗聴されて、閲覧サイトを盗聴されて何か実害あるんでしょうか?
「あいつ、あのサイトを見ているー!」といわれて困るのはエロサイトぐらいでしょうか?幾多もないですよね?むしろ「あのサイトに載ってたよ」と、人々はSNSのように自ら口外してます。

3.もっと困るのは、バナーだよ!
 楽天やアマゾンなどで買い物すると、それにつられて、アメブロやバナー広告で商売しているところは、関連商品や以前購入した商品のバナーが出てます。
これが一番嫌じゃありませんか?? 他の人にPC画面見られたときに・・・。

と、まじめに SSL/HTTPS化 をプライバシーなどセキュリティなど言ってるのであれば、病的な心配性です。

私見ですが、それは言い訳なんだと思います。
狙いは情報の独占です。
どのようなキーワードでどのサイトが見られているかはとても価値のある情報です。
それをY!やGは溜め込んで、いずれはそれを知るのに課金するか、それを利用した二次ビジネスにつなげるのではないかと思います。
もはや、ガス・水道・電気と同じくらい重要なインフラであるインターネット。
インターネットは情報の塊といえますが、それを一企業に抑えられてて、なんだか気持ち悪いですね。

ハウスメイトネットワーク宮古島店様 オリジナルCMSでサイトリニューアルしました
http://miyakojima-fudousan.com/


今回の特徴は
・シンプル
・移住の方向けにこだわり検索をつけたい
・リゾート物件を扱っている感じを出してゆきたい
・海
です。