【パソコンってどのメーカー選べばいいの!?】
 弊社では積極的にはPC販売はしておりませんが、販売はご依頼いただくとたまにします。
お客様みんな「どのメーカーのPCかえばいい??」と聞かれますので、私はいつも「台湾メーカー」と答えます。
知らない人は「え?」と思うのですが、実は良質メーカーが揃ってます。
以下、私が利用した時の印象とか感想とか

●Asus
 一番おすすめはAsus。
元々はマザーボード(PCの前パーツを接続してくれる重要な基盤)メーカーで、今でも製造されてます。
Asusのマザーボードは高級で長持ちなことで、自作PC、ゲーマーたちには有名です。
その実績がどんどん伸びて今では、PCも作られています。
もちろん、長持ちで壊れません。Asus製品はLANや無線子機が弱い。最初にここらが壊れるのが多い。
なので、ノートのAsusなら無線子機を最初から上位の部品に差し替えてもいいかも。

●Acer
 Acerは上質ディスプレイで名をはせた会社。
ここも長持ちなPCを作ってくれます。ただし、ハードディスクは弱い気がする。
物理クラッシュがあるので、Seagateとかに変えたほうがいいかも。

●Dell
 コスパでは一番あんぱいかも。ただし電源が弱い。10台買えば必ず1台は電源初期不良があるくらい。
サーバー機でも電源が弱い。

●HP
 私のは3年でマザーボード(重要な基盤)が死んだ。それ以来買わない。

●イーヤマ
 ディスプレイで有名な会社。画面はとても綺麗だが、PC本体は微妙かも。

●レノボ
 私は購入したことないが、周りの利用者をみると比較的長持ちしてそう。
だが、キーボードのキー配列が使いづらい。

●アップル
 私は購入したことない。見た目の美しさやキーのタッチなどはすばらしいが、
壊れたら即工場送りで自分で治せないのと、部品が高いのがネック。

●その他の日本製
 私は購入しない。高いし、壊れ易いし、不要ソフトが多すぎる。
日本製と台湾製の違いについて書いてみよう。

●日本製の値段の内訳
1.ブランド名
2.サポート費用
3.不要なソフト類

●台湾製の値段の内訳
1.上等な部品代

つまり、同じ10万のPCがあるとすれば、日本製は不要なソフトやサポート費用になっており、部品はよいものを使ってるとは言いがたい。一方、台湾製品はサポートがあまり受けられないが、部品は上等なので長持ちする。
結論としては、サポートを受けたいかどうかになるかも。


 

AD

【ASP.NET、今の時代には使いづらいかも】
 私が最初にASP.NETを触ったのは1.0の時代。
当時は、かなり画期的で素晴らしいと感じてましたが、
数年ぶりにASP.NETをさわると一長一短。デメリットを多く感じる此の頃です。

●メリット
 豊富なライブラリ、オブジェクト、優秀なIDE。
MSの言語を利用するとこういところがイイですね。IDEも安定感あるし、補完機能優秀だし、その割には軽い。
NetBeansとかJava系は補完機能ダメな割りに重い・・・。

●デメリット
 フレームワークなので、当然といえば当然なのですが現実としてはもうそういった理屈が通じない
致命的なデメリットが出てきました。
それは、全てがオブジェクト指向すぎること。
WindowsコンソールやGUIアプリなら別によいのですが、ASP.NET、つまりWebアプリだと、明らかに足を引っ張ります。
例えば、
データを表示するGridView。
連結できて一見、便利そうですが、使えません。
何が使えないかというと、
1.フロント側との連携において、Webデザイナーが指定した表現方法が実装しづらい
 できなくないがオブジェクト指向なので、いちいちオブジェクト作らないといけない。
GridViewはただのテーブルタグ。これのスタイルいじりたいのに、メンバよびだして、プロパティよびだして・・・。
つまり、スタイル調整にWebデザイナーだけでなく、開発者も一緒にやらないといけないのが面倒です。

2.フレームワークは型にはめることなので、日本のビジネスシーンに合わない
 日本の開発現場などではよく海外のWebアプリが使いづらいなどがあります。
この理由として言われているのが、日本は業務に合わせた開発を行う方向性が強いのでフレクシビリティな開発が求められます。
しかし、海外は(海外で開発したことないですが)業務がWebアプリなどに合わせるというのが強いらしいです。
確かに海外製品は前バージョンを一掃するようなバージョンアップが多い気がします。
以前、職場で外国人がたくさんいましたが、確かに押し付けがましいWebアプリ提供されたことあります。
話もどって、型にはめれないので基本ライブラリ、クラスがあって、インスタンスして利用できるくらいの方がよいです。
ASP.NETみたいに、GUIアプリみたいに「ボタン押したらイベント発生するので、そこにコーディングすればいい」は確かに便利な側面、他のイベントやメソッド、クラスに何かするときに、いちいちオブジェクト組むので面倒です。
あと何よりも画面デザインが開発者も関わらないといけないのが工数かかる感じ。

3.配列が微妙
 多次元配列が使いづらいですね。連想配列もないし。多次元配列やArrayList使うならDataSetに入れて処理したほうが可読性高い気がします。

4.Ajaxもいちいち面倒
 PHPなら気にしないようなことも気にしなきゃいけなくて、面倒です。
え?いまさら「context.Response.ContentType = "text/plain";」とか書かなきゃいけないの?

●今の時代のWebアプリ
 今はUI重視ではないかと思います。というか、UIの価値がすごく高くなりました。
UIの価値=使いやすい画面 です。
使いやすい画面を提供できるというか、考えられるのはWebデザイナーで、開発者ではありません。
Webデザイナーが使いやすい・わかりやすいUIを設計した時にAjaxやJqueryが必ずついてまわります。
その時に、ASP.NETみたいに実装面倒だと工数かかるし、やりたいことができない・・・。

ASP.NETは確かにいろいろ楽にしてくたのですが、それは開発者を楽にしたのであって、利用者を楽にしたとは言えません。
とはいっても、豊富なライブラリ・クラスは魅力ではありますが。

 

AD

マンゴーのフライヤー作りました

うちの通販運営サイト宮古島ぱりぱり  の販売するマンゴー・芳醇のフライヤーです。

最近紙媒体ばかり?いえ、サイト作ってま~す
近日1つオープンです

AD

久しぶりに.NETをつかって開発。
.NETは2.0以来。最近はPHPで事足りてるので、Javaも使ってないです。

プログラム言語って、それぞれクセがあります。
.NETは確かに高機能なんだけど、PHP慣れしてると面倒なことが多い。
でもって、そんな高機能使うことあるのかなぁー。と思う。
長くやってると、逆にだんだん高機能を使わなくなってきた。
なぜかというと、保守性と可読性の方が重要なので、インターフェイスとか、あまりにクラスを抽象化しすぎると、あとでわからなくなるから。

日本のビジネススタイルにフレームワークが合わないと言われているし、わたしもそう思うので、型にはめたことやると、あとがきつくなる

【サマー太陽さんのフライヤー、メニュー作成させていただきました】
 メニュー、フライヤーの作成業務も始めました。

サマー太陽さん、6月から自家製麺開始されます。
さっそく食べさせてもらいましたが、めっちゃうまいです。

・美味しい秘密1
 麺がモチモチとコシの両方があって食感がいい!

・美味しい秘密2
 カツオだしや、丸鳥だしなど、スープがおいしい。最後の一滴まで飲み干したくなります。

おすすめです!