2015-07-04 09:43:50

政治的な理由で持ち込まれた製品の末路

テーマ:情報システム部門のお仕事

自分たちでシステムを作る場合、何らかのツテがあるベンダーに入ってもらって提案してもらったり、または過去の導入実績からその新しい製品を見積もってもらったりといった感じでこちらが導入に際して主導権を握りますが、中にはそうではない厄介なものがあったりします。


それは、自社と取引のあるお客さんから「そっちの製品/サービスを買ってんだからうちのも買ってよ」という感じで持ちかけられたものたちです。

悪い例では、自分たちで構成を決め、見積もりを取り、設計をしている段階で営業部門とかから商談のネタとするために他の製品の導入を強引に持ち込んできたりもします。



使い道の無いものの使い道


こういった話の面倒なところは、販売元が取引先であるために無下に断れないことや、そもそも話が来た頃には勝手に導入することが決定されているような状態で来ることです。

しかも、自社のサービスのライン側もそういったものが必要で買うわけではないので使い道も無く、システム部門で使ってよということで話が来るわけですけど、当然こちらとしても使い道なんて無いわけですよ。


いや、使い道はあることはあるかもしれませんけど、そもそもシステム部門としても年間の大きなシステム投資計画や施策というものは決まっていて動いているわけですから、例えそれが今あるシステム部門の課題を解決してくれるものだとしても、当初の予定に無いものをやるには体制面や運用面や関連するシステムやユーザーへの影響などを考慮しなくてはならないわけで、言ってしまえば余計な仕事が増えるわけです。


まだ、これが遠い将来でも「それは課題だからいつかやらないとね」という認識のものであれば計画を変更してやりましょうということで落ち着けられるかもしれませんけど、そうではないケースも多々あります。

例えば、


・ その製品と同じ機能を持つものを去年導入したばかり(課題は解決済み)

・ 社内のデファクトスタンダードなもの(標準で使っているソフトウェアとか)を一変させなくてはならない

・ そもそもその製品が解決する課題が社内には見当たらない

・ オーバースペック過ぎる(超巨大なアプライアンス製品とか)

・ 機能がしょぼすぎる(使いものにならない)


といった感じのもの。

こういったものの末路というのは「とりあえず言われたから買うだけ買う」という状態になり、遊休資産として倉庫やサーバールームの奥深くに眠らせることになったりします。

巨大なアプライアンス製品を導入しなくてはならないときは、サーバールームでの耐荷重がオーバーしていたため(ただ単にそこに置くためだけに)床下の補強工事をする羽目になったり、塔が立ったように場所を占有して誰しもが作業に邪魔と思うような結果になったこともあります。

あと、電気代がもったいないから火を入れることすらしないとか、「○○のシステム作るのにサーバーが足りないんだよね」という話が出たときに「あのアプライアンス使えばいいじゃん」と揶揄されるだけの品になったりします。


まぁ、もうひたすら遊休資産として保管しておき誰もが早く償却しないかなとか考えるようになったりするわけです。

置いておくだけでいいなら別にいいのでは?とか思われるかもしれませんけど、現物としてある限りその資産を管理しないといけなかったり、アプライアンスだけでなくついでにその中のソフトウェアやH/Wに関する保守契約とか結ばされたりするので、その契約管理とか更新処理とか結構手間はかかってくるので早く消えて欲しいと願わざるを得なくなります。


また、ソフトウェアなら邪魔にならなくていいというわけでもなく、そういうのって導入のコンサルとセットになってたりして、そうなった場合は何らかの形で導入して使う算段を立てないといけないのでもっと面倒なことになったりします。

使い道が無いものに無理やり口実をつけないといけなくなったり、運用の手間が増えたり、導入までにやる気が全く沸いてこない打ち合わせに何回も付き合わないといけなかったり。

今の環境を変えることなく低コスト・短納期で導入が可能ですとかいわれても、作るときについでに入れろと言われるならまだしも実際には既存のシステムとの連携や組み込みがネックになって色々と構成を捻じ曲げないといけないようなことになったりして、手間だけでなくほかのところの弊害が幾つも出てきたりするわけです。


正直、買った体にしてお金だけ上げるからそっとしておいて見たいな事すら思えるレベルなんですが、政治レイヤーで勝手に決められることで振り回されるのは本当に勘弁して欲しいと思う今日この頃です。





いいね!(56)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。