2010-03-07 08:37:48

ネットでの人間関係と付き合うスタイルの変化

テーマ:電脳

ネットでもリアルでも人間関係が気まずくなることは良くあることです。

そして、壊れた人間関係を元に戻すややこしさとめんどくささもまた同様。

しかし、ネットではそのシステムの仕組み上、付き合いを開始するのも簡単であれば、その逆の人間関係を切ることさえも、あまりに簡単に出来たりします。



ネットで付き合う仕組み、分かれる仕組み


リアルでの人間関係の始まりは、まさにその人と会うところから始まります。

会社ではメールや電話だけでやり取りしていて、名前は知ってるけど会った事が無い、ってケースもあったりはしますが、付き合いが深くなるには実際にあって名刺交換などをするところから深くなっていくことが多いでしょう。


一方でリアルで人間関係が悪くなると、かなり面倒なことにもなったりします。

自分とその人だけの関係であり、他に誰も巻き込まないのであれば、互いに連絡を取らないということだけで済むかもしれません。

が、多くは関係者がいてその板ばさみになったり、どっちの味方だ的に1人の人間関係を切るために、他の人とも合わせて疎遠になるケースもあります。


ネットでの付き合いは逆に非常に単純なもので、何らかの簡単な信号を送るだけで済みます。

Twitterの場合はフォローしたり、mixiの場合はマイミクの申請をしたり、あるいはそんな手続きも要らずにいきなりメッセージを送ると言うことでも開始されるでしょう。

それは人間関係の開始とはいわないかもしれませんが、ネット上では非常に簡単な方法でコミュニケーションを始めることが出来ることは確かです。

リアルでは、いきなり知らない人から声かけられるとかなり警戒されたりもしますが、ネットではその敷居がかなり低くなっています。


では、ネットで付き合いを止める場合はどうするかというと、これもまた非常に簡単な方法で分かれることができます。

Twitterではリムーブやブロックと言う形でシステムに実装されていますし、あるいは全ての人間関係を止めたければそのアカウントを削除したり、サービスから退会することで可能になります。

そして、多くは他の誰かに迷惑をかけると言うことも無かったりします。

当人同士のいざこざはあまり周りに響きませんし、リアルほどその面倒で無意味ないざこざに巻き込まれると言うことも少ないでしょう。


ネットでの付き合いの終焉は、その単純なシステムにより突然訪れるわけです。



ネットでの人間関係の修復は可能なのか


ネット上の付き合いと別れが非常にシンプルなのは、リアルでの付き合いのようなわずらわしさがないと言う面では優れている面もある一方、非常に残酷なシステムでもあると思うわけです。

何か気まずい関係になれば一方的にその関係を終らせることが出来ます。

リアルであれば、迷惑をかけつつも周りの取り持ちによってその修復を図ることも出来るかもしれませんが、ネットではそれがかなり難しいように思えます。


その理由は、ネット上の関係自体はリアルほど重く結びついていないと言うのがあると思います。

それは、システムの構造上、開始と終わりがシンプルになっているところがそういった印象を与えるのかもしません。

もちろん、ネット上の関係がリアルに結びつくこともよくあります。

この場合は、リアルの関係と同様に考えればいいわけですが、ネット上だけの関係の場合はそうもうまくいかなかったりします。


ネットではその簡単に関係に終止符を終らせる仕組みゆえに、その後の修復を行うことはかなり難儀します。

そもそも連絡さえ取ることが出来なくなったりするわけですから。

そして、リアルであるような修復にいたる過程は、その関係を壊すことで自分や周りにもたらす不利益や、同じ職場や友人など普段から付き合いがある故に印象が強く、それを修復しようと頭をよぎるかもしれませんが、ネットの場合はそのめんどくささを超えてまで修復しようと言うメリットがあまり浮かばないかもしれません。


ネットでの人間関係の崩壊は、そのシンプルな所作によって永遠のものとなることが多いと思うわけです。



新しい人間関係


ネット上で行われるような単純な付き合いと単純な永遠の別れと言うのは、新しい人間関係なのかもしれません。

人付き合いなんて、一生のうちでそう多くの人と出来るものではありませんし、そのシーンごとに必要な人と強くかかわっていくことの方が多くのメリットを受けられるでしょう。

そして、その付き合いと終わりはきわめてシンプルに行えます。


何も付き合いの終わりの全てが喧嘩別れになるわけではないでしょう。

ただ、単に自分の人間関係として許容できる範囲のキャパシティに他の人が入ってきたから追い出されてしまった、と言うことかもしれません。

されるのは悲しいものですが、する側に立つとそのシステムは非常に楽なものだったりもします。


ネットでの人間関係に比重が置かれないと言うわけではないでしょうけど、ネットの中では多くの出会いと別れがあります。

その向こう側に誰かが存在すると言うことは確かなんでしょうけど、それがどこの誰かは多くの場合わかりません。

例えそれが著名人であったとしても、ネットでの付き合いはそのシンプルさで始まり、そのシンプルさで終るのでしょう。


ネットでの人間関係ってそんなに希薄なものなんだっけ?と思う一方で、こういう人間関係が今後の主流になっていくのかな、とも思うわけです。

もちろん、人と人は何時どこでまた再開するかわからないものです。

立つ鳥跡を濁さない方が賢明なんでしょうけど。




いいね!(0)  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

コメント

[コメントをする]

6 ■Re:Re:Re:Re:Re:はじめまして。

>とくじゅんさん

いえいえ。色々貴重なお話や考え方をお聞きでき楽しかったです。
今後ともよろしくお願いいたします。

5 ■Re:Re:Re:Re:はじめまして。

>itboyさん

同じ記事に何度もコメントを書いてごめんなさい。これで終わりにしますからお許しください。

体験談なんですが、私の主人が趣味のSNSで長いこと活動していました。

そこで知り合った女性と2人でリアルで会う約束をしてしまいました。主人は無防備な人で、私にそのことを相談するので、私はリアルで会うことは危険だと言って反対しました。

結果的にそのSNSを退会するところまで行ってしまいましたが、後はスッキリしました。

異性によっては半分趣味、半分は出会い目的のような人もいるので、油断ならないなと思いました。

こんな話をできてしまうのもネットでの匿名性の関わりだからですね。お邪魔いたしました。

4 ■Re:Re:Re:はじめまして。

>とくじゅんさん

確かにネットでの付き合い方はその気軽さにあると思います。
文章の中にも書いていますが、クリック一つでつながり、そして別れることもできてしまう。
その付き合い方に味気なさというのもあるかもしれませんけど、それゆえの楽しさという両面があるんだなと感じています。

私もネット上での付き合いのある人ってほとんど知っている人はいませんし、ネットはネットの関係と割り切っているところもあります。
ネットで付き合っている人ってリアルでの人数より随分と多いので、それらの人たちと本当に向き合うと私も疲れてしまうだろうなと思いますね。

3 ■Re:Re:はじめまして。

>itboyさん

お返事ありがとうございます。

ネットでのつきあいは「匿名性」という特徴で、ずいぶん気楽な関係でもあり、同時に危険さも付きまといますね。とても有意義な反面、うっかりすると怖い状態に巻き込まれる可能性もあるので、諸刃の剣と思って慎重に関わっています。

私はかなり個性的でマイペースな人たちが集まるブログに常連でコメントしています。ネット上の繋がりとしはとても共感でき、自己洞察を深めるのにも役立っていますが、その人たちともしリアルで会ったとしたら、きっとクセがありすぎて、疲れて続かないだろうなとも思っています。

こういう場合、ネットだけでの繋がりってなかなか面白いし、意味がありますね。

2 ■Re:はじめまして。

>とくじゅんさん

わざわざコメントありがとうございました。
ネットの付き合い方ってリアルと確かに違うので難しいですよね。
ただ、そこが面白いところでもあると思いますし、こうしたコメントのやり取りもその1つなのかなと思います。
お役に立てたのであれば幸いです。

1 ■はじめまして。

「ネットのつきあい」で検索して、こちらに来ました。55才のおばさんです。
リアルなつきあいとネットでのつきあいは明らかに性質が違うので、考え方を整理したいなと思っていたところ、こちらの記事を読み、なるほどと思ったり、頭がスッキリしたりで助かりました。
難しいIT技術はわかりませんが、参考になる記事もたくさんありそうなので、読ませていただきます。

コメント投稿

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。