福島区 溶岩石の窯焼きイタリアン&ピッツァ Tenerezza

富士山の溶岩石で焼く窯焼きイタリアンのお店・テネレッツァ


テーマ:
ずいぶん間が開いてしまいもうしわけありません。
お待ちいただいているかどうかわかりませんが、夏のワイナリツアーの続きです。
薄れてきた細かな記憶を思い出しつつ書かせていただきます。

さて、前回のモントレーのワイナリーHahnEstateからバスでホテルまで移動しました。
時間は夕方ですが、本日は自由行動です。
もちろんディナーはまた集合しますが。
ホテルに着いたら、ちょっとお散歩しました。

ホテルモントレー ちなみにホテルの部屋はこんな感じ。前2日は2階建てのアパートメント(もちろん、ホテルなので内装は素晴らしかったですが)みたいな感じのホテルだったのですが、今回は20階以上ある大きなホテルでした。
露店 外は偶然にも、ちょっとした露店イベントみたいなことをやっている日で、車は規制されて露店が立ち並んでいました。野菜も大きなものや色や形の珍し物が沢山。
画像のパプリカ、かなり大きいですね。その横はズッキーニでしょうけど2色になってる(^^)

キャンドル 散策がてら、お土産も買いディナーに集合。おしゃれな雰囲気の一軒家レストランに向かいます。写真をご注目ください。なんと、当店でも使っている岩塩のキャンドルホルダーが!(ピンク色の石みたいなやつです)
このお店にとっては関係ないことですが、こんなおしゃれな店と同じものを使っているなんてなんかうれしくなってた私でした。
建物写真 そして、この写真の中の写真。このレストランの建物です。
入り口のあたりは少し変わっていたのですが、こんなモノクロ写真の時代から続いているのでしょうか?

パインリッジ ディナーが始まり、サービスされたワインですが、このワイン日本にも入ってきているパインリッジというワインでして、仕入れ値を知っていた私はちょっとびっくりです。
おそらくレストランなどでは1.5万~2万円ぐらいで出されているクラスだと思います。
現地価格だとどのくらいなのか知りませんが、安くはないはずです。
味に深みがありとってもおいしいワインでした。信じられないVIP気分です。

前菜 メイン デザート 料理はカリフォルニアでは定番のようにブッラータというチーズが前菜に入っています。フレッシュモッツァレラチーズみたいなもので、さっぱりしてておいしいですね。
ほかにもカリフォルニアらしい彩りのきれいな料理が続き、目にもおいしいです。
魚はマヒマヒのローストとサフランチャウダー、デザートはフレッシュなベリーフルーツ。
英語はうまく話せませんが、料理名なら英語メニューでもなんとかわかりました^^
カリフォルニア料理って何?ってイメージが強いですが、フレッシュな野菜や果物と彩りが特徴かな?って思います。正直、イメージ変わるぐらい美味しいです

ジャズ演奏 今回はワインの試飲疲れもなく、ほどほどに食事でワインを楽しんだ程度なので、ツアーの数人と帰り道にあったジャズ演奏のあるレストランバーに。
食事の後だったので、飲むだけで、入りましたが、地ビールが沢山有ったので、みんなで地ビールを注文。
アメリカのビールってバドワイザーなどちょっと軽いビールをイメージしていたのですが、しっかり味が濃くて
とてもおいしいビールでした。
そして店内では生のジャズ演奏が、かぶりつきの目の前の席に座り生演奏を楽しみました。

明日から、また試飲ツアーが始まりますので、深酒もほどほどに^^帰りました。
明日の予定は、WenteVinyardsとナパヴァレーのあの有名なロバートモンタヴィワイナリーです。

次回の更新まで、お待ちください^^




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テネレッツァ(お知らせ担当)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。