(逮捕のいきさつ)

2015年12月2日、横浜から東京に買い物にきていた山本氏は、路上で警官に職務質問され、大麻所持(数グラム)で逮捕。その後、自宅から栽培中の3本(200gあまり)も押収された。
山本氏は12月26日に開催されたイベントで、自分はほかに治療法のない末期がん患者で、医療目的で所持栽培で逮捕するのは人権(生存権)を保障した憲法に違反し、自分は無罪だと主張した。

(末期がんと大麻喫煙)

山本氏は末期肝臓がんと診断された患者さん(ステージ4b 肺、リンパに転移。肝硬変)。
抗癌剤は副作用がつらく、主要マーカーもよくならないので、医師に相談のうえ中止。大麻を摂取したところ、何カ月か後、主要マーカーの値が20分の1に 下がった(診断書あり)。主治医によれば、最近は、肝細胞が再生し始めたのではないかと思われるような数値がでている(診断書あり)。
山本氏にはほかに効果のある治療法はないことを医師も認めており、拘留中、体調が悪化し警察病院に運ばれたときも、末期患者を入院させてくれる病院はなかったという。
山本氏は大麻を喫煙してから肉体的にラクになり、精神的にもそれまでの自殺願望が消え、前向きに考えられるようになった。

(山本氏とNPO法人「医療大麻を考える会」)

山本氏は横浜のあるレストランチェーンの元総料理長で、フランスで料理を勉強するなど、まじめな生活を営んできた。
日本では大麻が禁止されているため、闇市場での値段は高く(1g 5000円程度)、病気で失業中の山本氏は自宅の一室で栽培していた。栽培したものを譲渡したり販売したことはない。所持していた大麻についても症状が悪化したときに吸うために常に身につけていたものである。
山本氏はこれまでNPO法人「医療大麻を考える会」と行動をともにし、講演会やイベントでも中心的な役割をはたしてきた。逮捕されてから医療使用を主張し始めたものではない。
山本氏は取り調べで、「大麻による治療を選択肢のひとつとして選べることができなければならない。それはリスボン宣言による患者の権利である」と述べ、末期患者が逮捕されるような法律はおかしいと主張している。

(裁判が始まる)

山本氏の初公判は2月頃になる予定。
弁護士は京都の人権派弁護士で、KBSテレビで法律相談を受けたり、同志社大学の客員教授もしている山崎弁護士。
医師は「医療大麻の真実」著者の福田先生。

検察側は医療大麻関連の資料を証拠に採用しない(不同意)戦術をとるかもしれないが、山本氏は取り調べ段階から「違憲・無罪」を主張しており、裁判では医療大麻の是非が焦点になるのは間違いない。

病人やマスコミ関係者で傍聴席があふれかえることが予想される。

山本氏を無罪に。多くの患者さんに希望の光を。


癌治療を止めて、偶然に大麻と付き合う人が生きる。
癌治療を止めて、大麻も拒否して逝った友が居た。
大麻を吸っていても、癌に犯された人を知ってる。

可能性を未熟な法律で縛らないで欲しい。
俺は大麻が胃癌の再発転移を止めていたと信じてるし、
逮捕後止めてる事が生きる為に不安です。裕

今年一年おつかれさま、@わんこに一言 。裕【医療大麻問題】 http://iryotaima.net/wp/?page_id=2681 @マスコミ 。(1秒前)
AD