親子印はネットで購入すると激安です。
先程ネットで親子印や組み合せ印などのキーワードで検索して住所印について調べていましたが、ネットの通販だとハンコはめちゃくちゃ安いですね。

ハンコを貴方の近所のハンコ屋で注文すると結構な値段が取られますが、ネットだと同じ質のハンコが大体半額くらいで購入可能です。
当然、送料を含めての価格です。
ハンコの素人で、ハンコについてのコンサルティングを受けるのであれば、実店舗のハンコ屋で一回目は購入すると良いですが、二回目からはネットの通販で購入した方が良いでしょうね。

私は今まで商売で必要なハンコは実店舗で購入してましたが、ネットの通販ハンコ屋のお値段を見てビックリしました。
今後は、ネットの通販でハンコを購入して行きます。
実店舗の方がハンコが高いですが、差分の料金はコンサルティング料と思えば納得が行きますが、ハンコについてのアドバイスが不要な方は、間違いなくネットで購入するほがメリットがあります。
納品期間は実店舗でも、ネットでも同じです。
だったら、ネットで買うのは消費者であれば当たり前の行動です。

実店舗のハンコ屋は「家賃代が掛かるから高くなるのは仕方ないのです」と、おっしゃるでしょうが、そんなものは消費者には通用しません。
同じ質で納品期間を同じなら、ネットで買うまでです。
ハンコ屋が顧客に提供している価値は、「ハンコの質と納品期間」です。
その二つが全く同じなら、価格の安いネットで購入するのが、理に適った消費行動であります。

私も、自分の企業の製商品・サービス提供時には、サービス料金等にに家賃代や広告費等は一切乗せません。
そんなものは、消費者には関係無いのです。
消費者は企業から提供されてた「価値」に対して相応の料金を払えばいいのです。
企業が負担した販売費用を、顧客である貴方が負担する事は無いのです。
AD
自分でビジネスをやっている場合、欠かせないのがハンコです。
このハンコ中でも使用頻度が高いものに、親子印(組み合せ印)というものがあります。

領収書を発行する時に、発行する側の私は氏名だけでなく、企業名や住所も記述するのですが、それを手書きでやっていては、領収書の発行だけで日が暮れてしまいます。
そこで使うのが、ハンコです。
住所や企業名や名前が印されたハンコをポンっと押せば、領収書の発行で費やす時間を短縮出来ます。
この時に使うハンコが、親子印です。
縦書きのハンコと横書きのハンコがありますが、領収書等に押すハンコですから、横書きを使います。

この親子印には、色々な呼び名があります。
組み合せゴム印・親子ゴム印・アドレス印・住所印などです。
どれも意味するものは同じですが、まー呼び方がいろいろあるのです。
小切手印などとも言います。

住所のハンコと氏名のハンコと企業名のハンコ等、バラバラにして独立した一つのハンコとして使う事もできるのが、親子印です。
ビジネスを始めた当初は手書きでも良いかもしれませんが、ある程度顧客が付くようになると、手書きではやってられません。
そこで親子ゴム印を使うのです。

親子ゴム印・組み合せゴム印・小切手ゴム印・アドレスゴム印・住所ゴム印など呼び方色々あるので混乱しないようにしましょう。
AD
いつも重要度の高い事からこなさないと、本当に大事な事が出来ないまま期日に達してしまうものです。

重要度の高い事は、期日までにまだ余裕があっても優先して行い、終わらせておく必要があります。
緊急事項というものは、文字通り緊急でして突然発生します。
そして、緊急事項でかつ重要な事項の処理は無視出来ませんので嫌でもこなすしかありません。
そういった「緊急」でかつ「重要」な事項はドンドン発生する為、緊急では無いが「重要」な事項は後回し後回しになってしまいます。

人生を変えて行く上で一番重要なのは、実はこの「緊急」でないが「重要」な事項です。
これらに、優先して時間を配分していかないと、人生の向上はありえません。
「緊急事項」ばかり処理しているうちに、重要な事が出来なくなって、結局その期間何をしていたのか?という事になるわけです。

良い人生を歩みたいなら、いつも重要度の高い事項からこなすことを意識する事が大切です。
AD