ほぼ全部のCore iだよね・・・

 

PC Watchの記事に、 Intel、Sandy BridgeからKaby Lakeのシステムで“再起動問題”が発生中 てのがありました。

 

Intelは、投機実行の脆弱性によるSpectre/Meltdownに対するファームウェアアップデートの適用後において、Sandy Bridge/Ivy Bridge/Skylake/Kaby Lakeのシステムで、OSが再起動してしまう問題が発生していることを発表したそうです。記事によると・・・

 

1月11日(現地時間)の段階ではBroadwellとHaswellのクライアントとサーバーシステムで再起動の問題が発生していると伝えていたが、上記のプロセッサについても同様の症状が報告されているという。
Intelは現在原因の特定を急いでいるとのことで、ベンダー向けに来週までにはベータのマイクロコードを提供する予定としている。

 

だそうです。Spectre/Meltdownの脆弱性については、各方面で対策が進んでますが、IntelのCPUにおいてはかなり混乱してるみたいですね。記事にもある通り、当初はBroadwellとHaswellのみみたいなこと言ってたようですけど、更にSandy Bridge/Ivy Bridge/Skylake/Kaby Lakeが追加されたようです。

 

え~と、それってほぼ全てのCore i シリーズですよね。Core i シリーズは現在最新が第8世代のCoffee Lakeですけど、過去の歴史を振り返ってみると・・・

  • 第1世代 Nehalemマイクロアーキテクチャ
  • 第2世代 Sandy Bridgeマイクロアーキテクチャ
  • 第3世代 Ivy Bridgeマイクロアーキテクチャ
  • 第4世代 Haswellマイクロアーキテクチャ
  • 第5世代 Broadwellマイクロアーキテクチャ
  • 第6世代 Skylakeマイクロアーキテクチャ
  • 第7世代 Kaby Lakeマイクロアーキテクチャ
  • 第8世代 Kaby Lake Refreshマイクロアーキテクチャ、Coffee Lakeマイクロアーキテクチャ

ということなので、初代のNehalemと最新のKaby Lake Refresh及びCoffee Lake以外は全部ということになります。

 

さすがに最近はNehalemをご利用の方は減ったと思いますけど、Sandy Bridgeあたりはまだ現役でご利用の方を結構見ますから、影響はかなり広範囲に渡るということになります。

とりあえず各ベンダーから提供されているファームについては、来週まで適用を控えたほうがヨサゲですね。

 

ファームの適用により性能低下の可能性も取り沙汰されているIntelのCPUですが、セキュリティの問題を棚上げには出来ませんので、安定したファームが提供され次第すみやかに適用されることをお薦めします。

 

AD

速いに越したことはない・・・

 

ITmediaの記事に、 Google、モバイル検索ランキングにサイトの速度を加味 7月から てのがありました。

 

米Googleは、モバイル検索の結果の表示ランク付けに使うファクターとして、Webサイトのスピードを追加すると発表したそうです。この変更は2018年7月から行われるとのこと。記事によると・・・

 

Googleが「Speed Update」と呼ぶこの変更の影響を受けるのは、「ユーザーに非常に遅い体験をさせるWebページ」のみで、かつクエリのごく一部についてだとしている。

ユーザーの検索目的もファクターとして引き続き重視するので、遅いサイトでもクエリと関連性が高く、有用なコンテンツであればランクは下がらないという。

 

だそうです。以前よりGoogleはウェブサイトの表示速度については、ウェブマスター向けガイドラインなどにおいて以下のように推奨しています。以下、ウェブマスター向けガイドラインより抜粋。

 

ページの読み込み時間を最適化します。表示の速いサイトはユーザーの満足度を高め、ウェブ全体の質を向上させます(特にインターネット接続速度が遅い場合)。PageSpeed Insights や Webpagetest.org などのツールを使用してページの読み込み速度をテストすることをおすすめします。

 

ということで、ご丁寧にウェブサイトの接続速度を図るサービスまで用意してくれているんですね。PC向けのサイトについては以前からサイトの表示スピードについては評価基準に含まれていましたが、今回はモバイル検索においてもサイトの表示スピードについて評価基準に追加するということなんですね。

 

Google様もおっしゃっておられる通り、サイトの表示スピードについてはかなり重要で、弊社のお客様でもサイトの表示時間に問題があり、内部の対策をかなり施したにも関わらず思った通りの表示時間に達しなかったために、利用しているレンタルサーバーを変更して対応したこともあるくらいです。その結果、かなりの効果が得られ、サイトの直帰率が減った事例もありました。

 

自社のサイトの表示スピードを確認するには以下のGoogleのサービスが役に立つでしょう。


Test My Site

PageSpeed Insights

 

今後は表示の遅いモバイルサイトは検索結果にも影響をあたえるようですから、この機会に貴社のモバイルサイトの表示時間を確認して、万が一遅いようであれば内部対策を徹底するなり、サーバを替えるなどの対応をご検討になってみてはいかがでしょうか?

 

AD

ココまで小さくなった・・・

 

AKIBA PC Hotline!の記事に、 Intelのカード型コンピュータ「Compute Card」の店頭販売スタート てのがありました。

 

クレジットカードサイズのモジュラー型コンピュータが登場、Intelの「Compute Card」の店頭販売がパソコンショップ アークで始まったそうです。記事によると・・・

 

Core m3-7Y30や128GB SSDを搭載した「BLKCD1M3128MK」と、Celeron N3450や64GB eMMCを搭載した「BLKCD1C64GK」が販売されており、店頭価格は順に税込47,300円、税込20,800円。
このほか、Compute Cardスロットを備えたドッキングベイ「BLKDK132EPJR」も販売中。こちらの店頭価格は税込15,800円。なお、Compute Card単体では動作しない点には注意が必要。

 

だそうですよ。最近はスティックPCなんかもありましたので、小型になってきていることは誰でも予想できたと思いますが、ついにここまで来ました。95×55×5mmの本体にCPUやメモリ、ストレージ、ビデオ機能といったPCとしての基本環境が搭載されているそうですからまさにカードサイズです。

 

単体では動作しないので、ドッキングベイなどを他に用意する必要がありますけど、ノートPC持ち歩くより軽いですし、セキュリティ的にも良いかもしれないです。現在はデスクトップ型のドッキングベイしか無いみたいですけど、ノートPC型のドッキングベイがあれば、1台2役でイケますね。

 

会社にはドッキングベイだけ置いておいて、帰るときに「Compute Card」だけ金庫にしまっていくとか、持って帰るとかすれば、社内での不在時の不正アクセスなんかには充分に対応できるでしょう。

仮に「Compute Card」とか入ったカバンを盗まれたとしても、すぐにはデータを引き出せないでしょうし、そもそもこれをPCだと思わないかもしれませんしね。

 

本体とドッキングベイ合わせても6万円チョットですので、そんなに高くないですから試験的に導入してみても良いかも・・・

デスクトップPCをお探しの方は、おひとついかがでしょうか?

 

 

AD

価格も重要よね・・・

 

PC Watchの記事に、 NEC PC、学生のニーズを考えた重量1kg未満の12.5型ノート てのがありました。

 

NECパーソナルコンピュータ株式会社は、LAVEブランドより、2018年春モデルとして、12.5型ノートPC「LAVIE Note Mobile」シリーズを1月中旬より発売するそうです。学生をターゲットに、持ち運びに優れたクラムシェルノートPCを目指し開発された製品で、面耐圧150kgfの耐久性も持たせているとのこと。

 

詳細は記事に譲りますが、ノートPCで学生をターゲットにした作りというのはオモシロイですよね。中の人は数年前に大学時代の友人から・・・

 

「今度、娘が大学入学するんだが、大学指定のノートPCを買わなきゃダメかねぇ?結構するのよ・・・」

 

てな相談を受けたんです。「大学指定のノートPCって何なの?」と聞いたら、他ならぬレッツノートでした。

 

ご存じの方も多いと思いますが、レッツノートはノートPCの中では間違いなく高級機です。中心価格帯は20万円前後ですし、上位機になれば40万円を超えるものもあります。友人が大学から推奨されたものは20数万円のものでした。中の人は友人に・・・

 

「レッツノートでなくとも、同様のスペックのものはあるけど、年頃の娘さんだし周りがレッツノートを使っている中で一人だけ他のPCというのもアレだよね」

 

ということで、CPUは大学指定のものとほぼ同等のレベルものを、ストレージは大学指定のものはHDDでしたが、SSDを採用した1年落ちのレッツノートを探して提案しました。もちろん価格は10数万円のもので・・・

友人は非常に喜んでくれて、娘さんも周りの友人が使ってるレッツノートより何故か速いんですと喜んでくれたみたいです。

 

全ての大学がレッツノートを指定しているわけではないでしょうが、親御さんが用意する場合(もちろん入学するご本人が用意する場合もあるでしょう)、経済的な負担もある程度は考えたほうがいいと思うんですね。

 

そういった意味で、今回のNECさんの「LAVIE Note Mobile」は、毎日のモバイルに適した大きさ、重量、そして何より価格を両立しているという面で、かなりイケてると思います。

 

誤解しないでいただきたいのですが、特に予算に上限がない方の場合、ノートパソコンが欲しいという方には中の人はレッツノートを薦めます。それだけ間違いのないものですし、価格に見合った価値が有ることは間違いありません。ただ、当たり前ですが全ての方がノートPCに20万円前後の予算を割けるわけではないので、他の選択肢も必要なんですよね。

 

最近は大学生になって初めて自分のPCを持つ方も多いようですから、こういった価格とスペックのバランスの取れたPCを各ベンダーが積極的に用意してくれるといいですね。

 

ご注意を!

 

INTERNET Watchの記事に、 荷物の不在通知を装ったSMSに注意! 端末の情報を盗み、遠隔操作も可能な偽の佐川急便アプリ「sagawa.apk」ダウンロード促す てのがありました。

 

日本の宅配業者のウェブサイトを装った偽サイトが見つかったことを、株式会社カスペルスキーが同社公式ブログで報告し、注意を呼び掛けているそうです。記事によると・・・

 

荷物の不在通知を装ったSMS(ショートメッセージサービス)で送られてくる短縮URLをクリックすることで偽サイトに誘導され、そこで偽アプリをインストールさせる手口だ。カスペルスキーの調査によれば、この偽アプリはインストール時に台湾と通信し、端末のIMEIや電話番号などの情報を送っていたという。

 

だそうです。最近流行りのSMSを利用したフィッシング(通称スミッシング)ですね。

宅配業者は佐川急便を装っているそうで、偽サイトは正規の佐川急便のサイトをパクって作ってありますので、見た目では判別できません。「gnway.cc」とのドメインで開設されているそうなので、正規の佐川急便のドメインである「sagawa-exp.co.jp」とは全く異なります。ドメインをキチンと確認するように習慣づけたいものです。

 

最近はこのスミッシングが非常に多く、メールでは迷惑メールに分類されて届かないであろうものが、SMSだと届いてしまうという点を悪用しているものですが、宅配業者がSMSを使って連絡してくる事自体がないと思いますので、SMSのメッセージ自体をアヤシイと思うくらいの感覚でもいいと思います。

 

今回のものは偽アプリをダウンロードさせてインストールさせることで、スマホ内の様々なデータを抜き取ろうとする悪質なものですから、まずはこういったアプリをインストールさせないことが第一です。

とにかく、Androidの場合はGooglePlay以外からのアプリはインストールしないことが重要です。GooglePlay内でさえ、アヤシイアプリが跋扈している時代ですから、GooglePlay以外のサイトからのインストールは非常に危険なものと認識していいでしょう。

 

今後も宅配業者名などを変えるなどして同様の攻撃が続くことも予想されますので、皆様くれぐれもご注意くださいね。