情報漏えい対策の一つとして・・・

 

クラウドWatchの記事に、 ライフボート、USBストレージの利用を制限できるソフト「LB USBロック Lite」を無償提供 てのがありました。


株式会社ライフボートは、株式会社エスコンピュータが開発した、PCで利用するUSBメモリなどのUSBストレージの利用を制限できるソフトウェア「LB USBロック Lite」を、ダウンロードによる無償提供を開始したそうです。記事によると・・・

 

LB USBロック Liteは、Windows 10に対応した、手軽に利用できるUSBデバイス管理ソフト。ホワイトリスト方式を採用することにより、あらかじめ利用を許可するUSBストレージを登録しておくだけで、それ以外のUSBストレージへのデータの書き出しを自動的に禁止できる。

 

だそうです。USBメモリやUSB外付けHDDにより簡単に大量にデータがコピーできてしまう時代ですから、こういった対策は大変重要ですよね。中の人も早速、自宅のPCにインストールしてみました。

 

ライフボートさんの LB USBロック Lite のページの「ダウンロード」ページから「使用許諾契約」に同意した上で、「同意する」をクリックしますと、メアドの入力画面になりますのでメアドを入力します。入力したメアドにダウンロードリンクのURLが記載されていますので、そのリンクからダウンロードしてください。

 

ダウンロードしたZIPファイルを解凍して出てくる LB USBロック Lite.exe をクリックするとインストーラーが起動しますので、画面の指示に従いインストールします。インストール完了後に起動すると以下の画面となります。

ここで、「USBストレージ追加」をクリックすると、ホワイトリストに登録するストレージが追加できますよ。追加する際には、予めUSBメモリやUSB外付HDDを接続しておいたほうが良いですね。

 

「USBストレージを追加」ボタンをクリックすると以下の画面となります。

ここで、「参照」ボタンを押すと予め接続済みのUSBストレージを選択するだけでホワイトリストに追加できます。追加したのが以下の画面です。

「次へ」ボタンをクリックすると以下の画面となります。

ここで設定画面のアクセスやソフトのアンインストールの際に利用するパスワードを設定します。これをしておかないと、設定画面に勝手にアクセスされたり、ソフトをアンインストールされたりしてしまいますので、せっかくの対策が台無しになってしまいます。必ず分かりにくいパスワードを設定するようにしましょう。

「次へ」ボタンをクリックして設定は完了です。

 

これで、ホワイトリストに追加したUSBストレージには読み書きが可能になります。ちなみにホワイトリストに追加していないUSBストレージを使って、ファイルをコピーしようとすると・・・

上記のような画面になって書き込みができなくなっていることが分かります。

 

ちなみに、このソフトをアンインストールしようとすると・・・

上記の画面となり、設定したパスワードを入力しないとアンインストールできないようになっています。

 

USBストレージからの情報漏えい対策の一つとしては、無料とは言えかなりよくできていると思いますよ。

 

ちなみに上記の設定画面でグレーアウトしている部分は有料版の、「LB USBロック Plus」「LB USBロックPro」 でご利用頂けます。まずは、「LB USBロック Lite」をご利用になってみて、追加機能が必要だと思った場合に有料版の購入を検討されても良いかもしれませんね。

 

中小企業様のUSBからの情報漏えい対策の一つとして、是非この機会にご利用になってみてはいかがでしょうか?

 

セカンドオピニオンとして・・・

 

窓の杜の記事に、「Edge」のフィッシング・マルウェア対策を「Google Chrome」にもたらすMS公式拡張 てのがありました。

 

「Windows Defender Browser Protection」は、「Microsoft Edge」で採用されているフィッシング・マルウェア対策機能を「Google Chrome」でも利用できるようにするMicrosoft公式の拡張機能だそうです。記事によると・・・

 

 「Windows Defender Browser Protection」は、この“Windows Defender SmartScreen”を「Google Chrome」でも利用できるようにした拡張機能だ。「Google Chrome」にも同様の機能“セーフ ブラウジング”が搭載されているが、NSS Labsによる2017年の調査によると、“Windows Defender SmartScreen”はそれを上回る防御率を持つという。Microsoft自身が提供している点も安心できる要素といえるだろう。

 

だそうです。いまやGoogle Chromeは世界では既にMSのブラウザを上回るシェアを獲得しているブラウザですので、セキュリティに関しても相応の対策は当然施されていて、記事にもあるような“セーフ ブラウジング”機能も付いているわけですが、記事に記載の “Windows Defender SmartScreen”はそれを上回る防御率を持つというのは、中の人も知りませんでした。民間の1社のみによる調査なので、うのみにするのもどうかと思いますが、参考にはなるでしょう。

 

最近はウェブ経由の攻撃が非常に多くなっていますから、この手の“セーフ ブラウジング”機能は非常に重要です。もちろん、本ブログをご覧の方々は、セキュリティソフトも導入されているでしょうから、ブラウザの“セーフ ブラウジング”機能と合わせてセキュリティソフトのウェブ防御機能も働き、それなりの対策にはなっているかと存じます。

 

ただ、セキュリティに絶対は存在しませんので、対策してしすぎるということはありません。

 

今回の、「Windows Defender Browser Protection」はGoogle Chromeの“セーフ ブラウジング”機能を潰してしまうわけではなく、独立して機能しますので、導入したからといって問題が出るわけではありません。中の人も早速自宅のChromeに導入してみましたが、特に動作に支障は出ませんでした。

 

Google Chromeをご利用の方は、セカンドオピニオンとして今回の「Windows Defender Browser Protection」をご利用になってみてはいかがでしょうか?もちろん無料でご利用頂けますよ。

 

既存インターホンの置き換えに・・・

 

INTERNET Watchの記事に、 クラウド対応のWi-Fi玄関ベル発売、外出先でも応対できるフルHDカメラ搭載のプラネックス「SpotCam-Ring」てのがありました。

 

プラネックスコミュニケーションズ株式会社は、クラウド対応のビデオドアベル「SpotCam-Ring」を4月下旬に発売するそうです。記事によると・・・

 

電池で駆動するカメラ搭載型のドアベル本体と、チャイム機能が搭載されたコンセント直挿し型のプラグがセットになった商品。ドアベルはWi-Fi経由でプラグと接続されており、ドアベル本体のボタンが押されると、プラグから音が鳴る仕組み。プラグは自宅内のWi-Fiルーターに接続して使用し、チャイムが鳴ると同時にAndroid/iOSアプリに通知・映像を表示する。ウェブブラウザー経由で映像を確認することも可能。ドアベル本体にはマイクとスピーカーも内蔵しており、遠隔地からアプリを使って話しかけることもできる。

 

だそうです。中の人は自宅のインターホンをカメラ付きに変えたいと思ってたんですけど、工事とかが面倒そうで躊躇してたんです。これなら、配線工事は不要だし、DIYで取り付けできそうですよね。

 

こういうのって専用の受話器で対応するタイプもありますけど、スマホで対応できたほうが何かと便利ですよね。汚い話で恐縮なんですけど、トイレに入っているときに限って宅配便とか来たりしませんか?中の人は結構あるんですよ。で、トイレのドア開けて大声で「すいませ~ん、ちょっと待ってください!」っていうことがw

 

スマホで対応できれば、トイレに持って行ってゲームしながら待受できますし、もちろんLINEや通話もできますから何かと便利ですよね。

 

それと、1日分の録画を無料クラウドに保存できるサービスが有るのもいいですね。クラウドに保存できればどこからでも確認可能ですからね。有料ですけどそれ以上の録画の保存も可能になってるみたいですよ。

 

もちろん、保護等級IP54に相当する防水・防塵機能設計ですので屋外の壁に設置しても安心です。電源は単三電池×4なので、入手性も問題ないですね。毎日1~2回の使用で約4カ月間駆動するそうなので、電池交換も年3回くらいで手間になりません。

 

また、ボタン押下時や本体の電池カバーが取り外された時、電池残量低下時、Wi-Fi切断時に警告する「メールアラート機能」も備えているそうで、至れり尽くせりですね。

 

お値段が、Amazonで 19,800円 (税・送料込)だそうで、安くはないですけど他のカメラ付きのインターホンてこのくらいしますから妥当な金額だと思いますよ。

 

工事不要で、カメラ付きインターホンに変えられて、データ録画も1日であれば無料ということで、インターホンのリプレイスをお考えの方にはピッタリじゃないでしょうか?是非ご検討になってみてはいかがでしょうか?

 

 

オフィスワークにもゲーミングマウスを!

 

ケータイWatchの記事に、 普段使いにも適した高性能ゲーミングマウス「SteelSeries Sensei 310」 てのがありました。

 

ゲーミングマウスを普段使いにも使いましょうという記事なんですけど、これには中の人も大賛成なんです。中の人はパソコンでFPSをやるので、ゲーミングマウスはかなり昔から使ってたんですけど、普段使いでも非常に便利なことが多いのでこの機会に是非オススメしたいと思います。

 

ゲーミングマウスは何が便利なのかと言うと、まずはボタンが多いことですね。ゲーミングマウスには大体L/Rボタンの他にホイールのボタンとサイドボタン2つにDPI変更ボタンが標準的な仕様だと思います。

 

で、このボタンはゲーミングマウスのメーカーが無料で提供しているマウスの動作を制御するソフトでいろんなキーや組み合わせを割り当てることができるようになってるんです。ありがちなのは、サイドボタンにコピペを割り当てるパターンです。サイドボタン1にコピーを割り当てて、サイドボタン2にペーストを割り当てて置くと、コピペがたった2ボタンで完了します。これはほんとに便利ですよ。他にも様々な組み合わせが可能なので、フォトショなんかのコマンドを多用するソフトなんかにはうってつけです。

 

次に便利なのが、解像度(DPI)が変更できるところですね。普通のマウスは解像度は固定なわけですが、ゲーミングマウスは解像度を変更できる機能がほぼ搭載されています。解像度を変更する理由なんですけど、解像度が高いとカーソルを動かす距離が減るわけですが、そのぶん正確な照準(FPSでは普通エイムと言います)が難しくなります。なので、高い解像度から低い解像度に変更して照準を合いやすくするんですね。

 

で、これが普通のオフィスワークで何が便利かと言うと、上記にも書きましたが解像度を上げることでマウスの動かすのがほんの少しの距離で済むんです。中の人はディスプレイをデュアルモニター構成にしているのですが、マウスカーソルを左端から右端まで動かすこともありますよね。その際に通常の解像度の800dpi程度だとマウスを約6cm動かさなきゃならないのですが、いつも使ってる解像度の6000dpiの設定だとわずか1cm動かすだけでいいんです。

 

これは楽ですよ。慣れないと確かに目的の場所にカーソルを合わせるのが多少難しいかもしれませんが、その場合はマウスの設定ソフトで解像度の設定を下げれば良いんです。これも慣れてしまうと、ホントに便利ですよ。

 

最後のゲーミングマウスの利点ですけど、これはマウスにもよるのですが、「軽量」ということが挙げられます。マウスは毎日使うものなので、重いとやはり疲れるんですよ。中の人はマウスは軽いに越したことはないと思っているので、1gでも軽いマウスをお薦めしますよ。

 

どうですか?ゲーミングマウス使ってみたくなりました?最後に中の人のオススメゲーミングマウスをお知らせしますね。

 

中の人のオススメゲーミングマウスは、Logicool G300S です。80gという超軽量と9個ものプログラミング可能なボタンを搭載しています。更に左右対称設計なので、右利きの方でも左利きの方でも問題なくご利用いただける様になってます。解像度も250dpiから2,500dpiと初心者の方がご利用になるには充分な解像度になってます。

 

他にもゲーミングマウスは数多くあるんですけど、中の人がLogicoolをお薦めするのは、マウスの動作を設定するソフトが非常に良くできているからなんです。分かりやすく、且つ設定項目が多彩なところは初心者の方でも安心してご利用いただけると思いますよ。

 

でも、ゲーミングマウスってお高いんでしょう?

ヒソヒソ( ゚o゚)ヤダァ(゚o゚ )ネェ、キイタ?( ゚o゚)オクサン(゚o゚ )アラヤダワァ

 

大丈夫です。

このLogicool G300Sのお値段なんですが、 ナント 2,216円  (Amazon今日現在の価格、税・送料込) なんです!

 

\((( ̄( ̄( ̄▽ ̄) ̄) ̄)))/ヤッター!! ヤッタァー!

 

Amazonのゲーミングマウス部門では売上堂々1位の商品ですよ!普通のマウスとそんなに変わらないお値段で、これだけの機能はお買い得!中の人も今のマウスの前まではこれ使ってました。

 

この機会に是非オフィスワークでもゲーミングマウスをご利用になってみてはいかがでしょうか?

 

 

日本のFTPクライアント・・・

 

窓の杜の記事に、 FFFTP Project、「FFFTP」v2.00を公開 ~「WinSCP」形式での設定出力を追加した最終版 てのがありました。

 

FFFTP Projectは15日、定番FTPクライアントソフト「FFFTP」の最新版v2.00を公開したそうです。記事によると・・・

 

メジャーバージョンアップとなる本バージョンでは、以前から予告されていた通り、設定を「WinSCP」のINI形式へエクスポートする機能が搭載された。また、[インターネットから入手したものとしてファイルに情報を付加する]オプションを追加し、既定で有効化。ダウンロードしたファイルを開くときに警告が表示されるようになった。この警告は、ファイルのプロパティ画面でブロックを解除すると表示されなくなる。そのほかにも、多くの改善や不具合修正が加えられている。

 

だそうです。FFFTPは、初代開発者様の開発終了宣言から開発を引き継がれ、今回更に引き継がれた方が開発を終了される宣言があり、いよいよ開発が本当に終了かと思われていた矢先に、さらなる開発を引き継ぐ方が現れ、Ver3.0がこの4月4日に公開されたばかりです。

 

今回のVer2.0は2代目開発者様の川本優氏の開発によるもので、川本氏が手がけた最終版ということになります。川本氏もv3.0系で問題がない場合は、v3.0系への移行を推奨していることもあり、「FFFTP」をご利用の方はこの機会にVer3.0にアップデートされてみてはいかがでしょうか?

 

FFFTPは、ウチのお客様でもご利用の方が多く、日本のFTPクライアントの元祖のような存在ですが、こうして開発が有志の方々によって受け継がれていくことは、非常にありがたいですし、改めて利用させていただけることに感謝したいですね。