バイオ7クリア!

テーマ:

 

 

オドオドしながら進めて、なんとかクリアしました。

 

クリア後の時間を見ると 12時間

 

難易度はカジュアルです。

 

これだけみると

「なんて短い大作だ!」

と思う人もいるかもしれませんが、

 

かなり濃厚な12時間でした。

 

濃厚すぎて1日に1時間ぐらいしか進められないという。

 

某名人の「ゲームは1日1時間」も、あながちウソではないなと。

 

さておき、ネタバレ ほぼほぼ なしの感想をば。

 

これはやっぱりVRでプレイすべきゲームです。

 

陳腐な言葉で製作者の方には申し訳ないのですが、

 

映画の中に入り込む体験

 

というのが、自分の中での最も正しい感想です。

 

最近のAAA級ゲームはまるで実写のような映像美で

 

「これはインタラクティブな映画だな。」と思っていました。

 

そう、映画を見ているのです。

 

画面の外から見てるのと、中に入りこむのは全く違います!

 

ああ、この貧困なボキャブラリーがもどかしい。

 

結局は体験しないと分からない!

 

とでも開き直ってしまいましょう。

 

個人的ベストは、屋内でクルマで戦うボス。

 

この時に、

あ、これは映画の中にいる!

って思いました。

 

家庭用VR黎明期の今、

よくこんなものを出せたな!

とカプコンスタッフには感謝と驚きでいっぱいです。

 

思えばカプコンは新しいハードがでるといつもすぐに挑戦的なソフトを出していますね。

 

昔、3DOにストリートファイターを出した時にも驚かされましたが。

 

このVR版バイオも挑戦的でなおかつ素晴らしい。

 

VRと相性の良いジャンルを考えるとホラーがすぐに思いつくとは思いますが、

この挑戦的な内容をバイオハザードのナンバリングでやったのはすごいと思います。

 

さて序盤は怖すぎたのですが、いつものバイオらしいゆっくり歩く敵が出てくるとだいぶ余裕が出てきます。

 

やはり、知性のある悪意ある敵に追いかけられるというのが、怖いと思うのです。

 

かまいたちの夜VR

的なサスペンスホラーをどこか作ってくれませんかねえ?

 

幽霊ではなく、人間に追いかけられたいのです。

 

 

AD

バイオ7と南国(VR)

テーマ:
 
ちょうど
ペルソナ5をクリアしようか
という時になって、
 
VRの目玉が2つも同時に飛び込んできました!
 
どちらも破壊力半端ないです。
 
まず、DOAX3。
 
 
正直、
DOAX2はマネキン感がすご過ぎ
て開始5分でやめて起動していませんでした。
 
まあ、DOAX3も、人形ではあるのですが、
 
だいぶ改善されています。
 
これも購入して開始5分でやめていたのですが、
 
VRがキタ!
とのことで、起動してみました。
 
これはヤバい!
 
とりあえず、毎晩起動していますが
冬で外が寒い
ので、せめて南国の気分だ味わいたいという
ピュアな気持ちしかありません。
ずっと海とか夕日とか眺めています。
 
さておき、
バイオ7。
(ノットグロテスクverを買いました)
 
これはヤバい!(迫真)
 
体験版では、まず部屋から出ることすらできず、
 
やっとのことで進めて、
 
仲間がやられたところで放置した僕ですが、
 
製品版では、なんとかそこを越えて進めています。
 
でも、1プレイ 30分~1時間が限界です。
 
緊張感で疲れた後は、南国で癒されます。
 
たまたま、このタイミングできただけなのでしょうが、
 
相乗効果でDOAX3も売れているんじゃないかと思います。
 
さておき、この感動を伝える文章力がないのが悔しい。
 
ありきたりな言葉で申し訳ないのですが、
バイオ7VRは新しいゲーム体験
です。
 
ゲーム好きなら是非体験してほしい。いや、
絶対に体験すべき。
(欲しいのに手に入っていない人ごめんなさい)
 
これを体験する前と後でゲームに対する見方が変わりました。
 
本当に殺されるかと思うようなストレスがかかります。
 
ちょっとずつしか進めることのできないヘタレな僕ですが、
 
そのおかげで、このすごいゲーム体験を長く楽しめると、
 
ポジティブに考えることにします。
 
 
AD

P5クリア

テーマ:
 
ペルソナ5 - PS4 ペルソナ5 - PS4
9,504円
Amazon
 
ご無沙汰しております。
 
やっとクリアしました。P5。
 
FF15が約30時間、P5が約80時間でした。
 
どちらもよくできていました。
 
P5はそこらの映画なんかよりもシナリオが良くできていたと思います。
 
P4のネタバレを経験した身としてはネット情報をシャットアウトして臨み、
 
とても良い体験ができました。
 
ところどころ、
 
戦闘シーンがシームレスじゃなかったり、
 
ジャギーが目立ったりしたのはPS3と同時開発の名残でしょうか。
 
さて、JRPGは誰かの物語を追体験するゲームだと思っています。
 
最近は、その戦闘シーンをTPSに置き換えた
 
アンチャトゥームが売れていますが。
 
個人的には似ていると思います。
 
JRPG的な戦闘スタイルが流行らなくなっただけで。
 
映画と違って、自分が参加できる追体験ですね。
 
さて、
 
このブログも始めて10年目に突入しました。
 
子供も10年、年を取り、自分もその分年をとりました。
 
 
なんて日記を書いた頃もありました。もう6年も前ですな。
 
この頃のブログに高校生の生活を何と書いてたかというと、
 
「懐かしい」です。
 
今となっては懐かしいものではないのです。
 
そろそろ、自分の子供がこの物語のような体験をする年頃になっていくのです!
 
昔読んだ、村上春樹の小説の一節のような気分です。
 
詳細は忘れましたが、「自分の子供が初恋なんかを経験する年頃になって自分の時代は終わったと確認した。」
 
みたいな話です。
 
前半の方にゲームで他の誰かの物語を追体験すると書きましたが
 
子育ては自分の人生の追体験だなと感じています。
 
運動会、入学式、などなど。
 
自分の子供にはこのゲームのような素晴らしい仲間に出会ってほしい!
 
と思います。
 
脱線が長くなりましたが、P5は本当によくできたJRPGでした。
 
売り上げも良いようなのでP6もあるでしょう。
 
期待しています。
 
 
AD

ドラクエX 復帰までの道のり

テーマ:

 

 

はい。新年一発目の記事です。

 

あけおめことよろで、よろしくお願いします。

 

なんと4年ぶり?にドラクエオンライン復帰しました。

 

4年も空いたのでたまりにたまったコンテンツが把握できません。

 

まずは、メタルーキーの期間だけでもと思い課金しました。

 

4年ぶりに復帰した感想は、

 

「人減ってね?」

 

でした。

 

発足当時は大規模だった某チームに所属していますが、

 

チーム人数が当時の7割。その中でインしている人数は当時の半分~1/3ぐらい。

 

僕もなかなか復帰したとチームチャットに参加できずにいます。

 

メタルーキータイムもけっこうすいてました。

 

でも、1/8 21時のメタルーキータイムは混んでて、

 

空いててもさみしいけど、混んでてもやだな

 

などと、天邪鬼なことを考えていました。

 

メタルーキータイムが終わってサーバーの状況をみると

 

「ふつう」が多くて、

 

「意外と減ってないのか?」などとも思いました。

 

しかし、レベル上げはやりやすすぎる。

 

昨日はほぼ唯一のフレンドとも言ってよい人とペアメタル迷宮に行かせていただきました。

 

おかげで相当レベル上がりました。

 

一人だと逃がしてしまうメタルたちを一撃で全滅させてくれましたから!

 

ありがとうございました。(業務連絡)

 

やっぱり誰かと冒険するのは楽しい!

 

と再確認しました。

 

ちなみになぜ復帰したかというと、

 

単身赴任に慣れて時間ができたからです。

 

 

Windows版

テーマ:
なんとなく、酔っ払った勢いで、Windows版買ってしまいました。

アマゾンで安くなってたので、つい。

カムバックキャンペーンが19日からあるらしいので、それまで我慢。

約4年ぶりのドラクエ10 はどうなってるんでしょうか?

Windows版は、ちょっと挙動が不安定。

大丈夫かな?

本格復帰?はペルソナ5が終わってからかな。