いすけ屋のブログ

昭和20年終戦生まれのじじいのボヤキ


テーマ:

【北ミサイル】
米を過度に刺激しないよう「意図的な失敗」の見方も 新浦から発射は再び不成功
2017.4.16 21:04更新
http://www.sankei.com/world/news/170416/wor1704160055-n1.html

 

 【ソウル=名村隆寛】北朝鮮が今月5日に続き、16日にも同じ咸鏡南道(ハムギョンナムド)新浦(シンポ)付近から弾道ミサイルを発射した。前回は約60キロ飛び日本海に落下。今回は発射直後に爆発し失敗した。

 

 北朝鮮は、2月12日に移動式の発射台から潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)を改良した中距離弾道ミサイル「北極星2(KN15)」を発射。3月6日には中距離弾道ミサイル「スカッドER」4発を発射し、3発が日本の排他的経済水域(EEZ)内に落下した。いずれも発射成功とミサイル技術の向上を国際社会に見せつけた。

 

 今月の2回の発射失敗について、警戒する米軍がサイバー攻撃で妨害したのではないかなどとの憶測が出ている。一方で、米国を過度に刺激しないように「意図的な失敗」との見方もある。

 

 北朝鮮は15日に金日成(キム・イルソン)主席の生誕105年の記念日を迎え、軍事パレードで大陸間弾道ミサイル(ICBM)とみられる新型ミサイルや「北極星2」を誇示した。その直後の失敗は極めて不自然なためだ。

 

 また、北東部の咸鏡南道、豊渓里(プンゲリ)では核実験の兆候が見られ、北朝鮮自らが最高指導部(金正恩=ジョンウン=朝鮮労働党委員長)の決断次第で核実験を行うと断言している。しかし北朝鮮は核実験に依然踏み切れていない。

 

 背景にうかがえるのは米国による圧力だ。6日にシリアを攻撃した米国は原子力空母を朝鮮半島周辺に向かわせ、核実験を強行した場合の先制攻撃の可能性をちらつかせている。米国の圧力を、金正恩政権は脅威に感じているとみられる。

 

 一方で、パレードで軍事力を見せつけ、ペンス米副大統領の訪韓に合わせ米国を牽制(けんせい)するかのようにミサイルを発射した。北朝鮮は言葉やミサイル発射で米国を挑発し、瀬戸際外交を続ける。米朝間でエスカレートする圧力と挑発の連鎖の中、暴発する可能性もあり中国の動向も注目される。

 

 

 

いすけ屋

 

 考えることは皆同じ。前回、わざと失敗させたのでは?と書いたが、多くの同志がいたようだ。しかし、二度も同じ失敗をやる必要はない。ということは、至近距離に居る米軍のミサイル防衛システムが働いたのか。

 

 私は米軍のTHAADが機能したんだと思う。THAADのレーダーは500キロから1000キロの探知距離があり北朝鮮全域を探知範囲に設定することができる。またパトリオット(pac3)のように、最終段階で落ちてくるところを迎撃するのではなく、上空50キロから150キロという高い位置でミサイルを破壊する。なので早い段階で、しかも広範囲にわたって迎撃が可能となるので、ミサイルを打ち落とせる確率が飛躍的に高まる。米軍は、秘密裏にTHAADの生実験をやったのではないか。

いすけ屋さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。